講義録1「はじめに 再稼働OK? 科学、技術、倫理 核兵器と石油」

 講義録は、最初に、目標、紹介した資料、前回の学生コメントの返信を
      次に、 講義内容
      最後に、学生コメント
 の順で書いていきます。

目標:福島原発事故から1年、風化しつつある問題をもう1度捉えなおす
  :科学、技術、倫理の区別をつける
  :原発事故の大枠とエネルギー政策の大枠で捉えるヒントを与える

紹介した本 :『福島原発事故独立調査委員会 調査・検証報告書』 福島原発事故独立調査委員著 ディスカヴァー・トゥエンティワン 
      ちなみに、値段は1500円と格安。つまり売れるという判断で下げたのでしょう。出版日は3月12日。

前回の学生コメント:初回なのでなし


 --講義内容--
(高木の記憶に基づきます。また、複数クラスのため全てのクラスに該当しないこともあります。さらに、補足等も織り込みます。)

 最初に4枚のコピーと止めるホッチキスを置き、レポート用紙を1枚を前の机に置いておく。あるクラスでは前のクラスの学生から聞いたのだろう、講義前にプリントを持っていき読んでいてくれた。学生の皆さんが休憩時間にも関わらずこのように協力的で、私の無理な緊張をほどいてくれた。また、前日から体調不良で朝、39度があり帰宅時にも8度8分あった体調の悪さもほぐしてくれた。今年も良い講義にしたい、という気持ちを強くさせてくれた。
 配布したプリントは、『福島原発事故独立調査委員会 調査・検証報告書』の冒頭にある北澤委員長の文章である。来週までに読んで来て、気になった個所にアンダーラインを引き、簡単なコメントを書いてくるように指示。

 講義冒頭、「科学技術者の倫理を担当します高木健治郎です。宜しくお願い致します。」と述べ、プリントの確認をした後、黙祷(もくとう)を1分間捧げた。1時限目のクラスでは遅れてきた学生も黙祷を知ると直ぐに参加してくれた。教室外の小鳥の音や風の音が聞こえ、シーンと静まり返った。2人の学生が「黙祷、斬新!」や「もくとう、いいね!」とコメントをくれた。(以下語り口調、心の声が入り混じります)

 『福島原発事故独立調査委員会 調査・検証報告書』の実物を見てもらいながら、400ページでカラー写真もあって1500円、専門書なら6,7000円はする所、この本が売れると思ったからでしょう。ところで見たことある人いますか?と聞くと総計250名の内、数名であった(この意識の低さが現実だと知った。ここを認識して出発しなければならない)。この報告書は出ると要望が殺到して、実は私も何度か「講義で使いたいから見せてほしい」とメールをしていた1人で、出版となった。調査委員会は3つあり、1つは初めて報告書を出したこの民間、もう1つは政府の、これは総理大臣に下にあって責任追及しませんよ、と言っていて再発防止に役に立たないのではないか、と危惧されていた、最後の1つは国会、国会議員は国民の代表で調べる時に嘘などをつくと罰があるので強制力があります。この本は民間で強制力がありませんが、全体像を見るのにとっても良く分かる本です。福島原発事故そのものを考えるのなら、この講義はこの本以上のことは出来ません。是非ともこの本を読んで下さい。この講義がするのは、将来必ず起こる今回のような巨大事故の数を少なくし、再発防止をすることです。どうやったら少なくし事故を防いでいけるか、という視点を身につけてもらうことです。
 実は、福島原発事故があった後、私はこうして教える立場ですが「もう、原発のニュースはいい、聞きたくない!」となったことが3月末、5月末とありました。というのは私自身が福島原発事故で傷ついていたんでしょう。無関心なら「いや!」にはならないでしょうから。でも、昨年の講義で先輩の皆さんと一緒に考えていって徐々に整理されてそれが無くなっていきました。今年も、出来たら皆さんと一緒に考えていきたいと思っています。

 (成績のつけ方について説明しました。)

 レポート用紙に問を書いていって下さい。先生と反対の意見、批判を書いても0点にしません。ただし、空欄は0点です。昨年は、ずーっと批判を書いている学生がいました。「別の内容をしてほしい」、「つまらない」、「やる価値がない」と、でも書いてあるから最終的に「優」となりました。この授業で大切にしたいのは、まず自分で考えてみる、ということです。次にみんなの意見を聞いてみることです。今回の福島原発事故の大きな原因の1つは、「東大出身などの頭の良い人に任せておけば大丈夫」と自分で考えてみることを、多くの国民が止めてしまったことにあると思います。エネルギーは大切な問題なのに、学校でも教えず、とにかく任せればいい。選挙でも争点にならず、でも、日本は中国や北朝鮮とは違い民主主義の国ですから最終責任者は私たち1人1人です。選挙権を持つようになった皆さんはその責任者です。丁度、今朝の朝刊(静岡新聞平成24年4月10日)には、御前崎市議選のニュースがあります。福島県では「原発停止」と「原発賛成」の選挙があって、「賛成」の知事が選挙で選ばれました。ですから、まず、私たち1人1人が考えることが大切です。問題に行きましょう。

問1 福島原発事故についてどう感じ、考えていますか?

問2 原発再稼働は安全ですか?

問3 浜岡原発は再開OKですか?


 問1の回答(ざっくりといた印象)、可哀想、良く分からない。被害を受けていないしあんまり関係ない。東電のせい。政治家がさらに悪くした。人間の悪い部分をみた。自分たちにも責任がある。早く戻ってほしい。新しく電力を考えるチャンスにしたい。などなど多数でした。

 問2 安全とは信じられない。安全ではないかもしれないが電気が足りなくなるから稼働はOK。安全ではないから他の方法を探るべき、など多くの答えは新聞、TVと同じでした。何人かに他の方法は?と聞くと太陽、や風などでした。

 問3 私の家は遠いからOK(静岡市)。止めてほしい。クーラなどが使えないと厳しいが止めてほしい。止めてほしいが電気が足りなくなるなら仕方がない、などでした。(ちなみに中部電力は足りなくなる、と言っていましたが今年の夏は足りました。また、これは前年よりも発電量が増え、かつ、最大ピーク時より前に原発が止まっていました。http://www.chuden.co.jp/corporate/publicity/pub_release/press/1218003_6926.html)

 問1~問3を3人ずつ前に出て来てもらって黒板に書いてもらいました。特に意見内容で選んだわけではないのに、色々な意見がありました。最後のコメントで他の人の沢山の意見を聞けて良かった。とありました。特に「関係ない」との板書にショックを受けた、というコメントもありました(しかし、風化しているのはしょうがないと思います。それは国民が非情なのではなく、バラバラな情報が断片的にしか入ってこず、難しい用語を使っていれば、情報未消化になり関心が薄くなるのは当然のことです)

 問1について、このブログで「新年(平成24年)度の講義に向けて」:http://takagikenziro.blog.fc2.com/blog-entry-95.html を書いたことを繰り返しました。
 原発の問題は、①技術、②エネルギー政策、③軍事利用がごちゃごちゃになっています。安全を考えるのは①技術の問題で、②や③では考えられません。自動車の安全は、トラック輸送が日本の運輸の中心だから、という視点からは考えられません。エアバックをつけるとか、シートベルトをつけるという技術からだけ考えられます。でも、日本の原発は②と③からだけ論じられてきました。今も、原発を止めると電気が無くなる、という②からだけ論じられていますが、これは原発事故前と変わりません。でも、原発事故前に、証券取引委員会に出された東京電力自身の資料では、揚水発電を使えば、本当は使わなくても、真夏のピーク時であったとしても原発が全くなくても足りる、ということになっています。皆さんは、「原発を稼働させないと電気が止まる」という公式の資料を見たことがありますか? 今年の夏の電力の時もきちっとした資料は出ていませんでした。
 問題は原発の問題が①技術から考えられいないことに問題があるのです。福島原発と同じ50年前の原発は浜岡原子力発電所に1号機、2号機としてあります。この原発はアメリカが世界史に残る戦争犯罪である核兵器を落としたことへの反発を和らげて、日本が独立したらソ連中国の仲間にならないようにと「原子力の平和利用」と言いだしました。原子力は軍事と平和と一体で日本だけが平和利用などと言っています。福島原発事故の時も今も、アメリカは原子炉の中核部分を教えてくれていないそうです。なぜなら軍事部分があるからです。日本が原発を始めたのは、ソ連、中国が核兵器を持っているので日本も核武装するためです。そのためにコストの合わない原子力発電をしています。コストが安い訳がない。コストが安いなら原発を受け入れてもらうためのお金を国が出すわけがありません。東京電力が出せばいいでしょう。出せないくらい高いから国が色々と都合をつけて出すわけです。そのために、数千億円の税金が使われていますから、電気料金以外に原発のために数千円、1人当たり出していることになります。4人家族なら2,3万円ですね。さらに、原発は最終的な処分にいくらかかるか分かりません。分かりませんからコストが分かりません。だから、発電時だけを見るわけです。それで安い、と言いますが処分に100年かかったとして幾ら掛かるでしょう? 今回の福島原発事故のお金も入っていません。発電時、ですから。
 でも、原発は将来核武装するためにやるから高くても良いんだ、と推進してきました。吉岡斉『原発と日本の未来』では、原発は民間に全てまかせるべきだ、その上で民間にまかせればいい、と言っています。昨年と違うのは、民間に任せるには難しい面があることです。それが③です。
 このように原発は、①~③がごちゃごちゃになっています。そこで問題なのは、安全を考える時に、②、③が入り込むことです。4月5日に投稿した論文には、「巨大な製造物になればなるほど社会的なこうした要素が入り込む」と結論づけました。鉛筆では社会的な要素が入り込まないんですね。だから、安全を考える時、特に①に絞らないといけないと考えています。

 さて、細かく行きましょう。問1、ですが、政府の対応は無茶苦茶です。支離滅裂で酷いものです。福島原発で水蒸気爆発が起こったのも菅総理(当時)が向かったからだ、という人もいます。その他、本当に酷いものでした。しかし、その総理大臣を選んだ責任も私たちにあります。これまで、選挙で原発が争点になることはありませんでした。反原発、というと左翼か!と政治と思われてきました。今、福島の後、原発推進というと「福島の人のことを忘れたのか!」という空気です。私は日本人はまだまだ変わってないと思っています。それは技術で事故をみていないことです。これが最も感じていることです。

 問2ですが、再稼働は安全です。安全ではありません。両方正解です。
というのは、「安全=事故がない」というのは日常的な意味ですが、工学の世界の安全とは、「安全=リスクが許容可能」ということです。つまり、「安全=事故の可能性がある」ということです。どんなに「安全」と言ったって必ず事故が起こります。その事故が起こった時、事故を許容できるかどうか、です。社会として許容できるかどうか、です。自動車は年間1万人必ず死者を生みます。それでも許容可能、だから皆使っています。原発は、どうでしょう? 
 ただし、もう1つ問題があります。それは現在のストレステストは全くドイツの真似をしただけで今回の福島原発事故と関係ありません。しかも、今回の福島原発事故の原因がはっきり分かっていません。この自動車壊れちゃったけど原因分からないな。同じ車種の自動車だけど、戦車の検査をしたから安全だよ、といっているようなもので無茶苦茶です。しかも、再稼働させたいから2日くらいで急いで後から基準を作りました。さらに、安全をチェックする機関(原子力安全委員会)が「安全に責任持てません」と言っています。これで安全でしょうか?
 ただ、よくよく考えてみて下さい。福島原発は50年前の技術です。50年前の自動車が事故を起こして壊れてしまった。だから、昨年最も売れたトヨタのプリウスも全部止めましょう、というのは問題ではないでしょうか? 50年前、パソコン、洗濯機、TVなどなどは殆どありませんでした。自動車にはシートベルトやエアバックなどが導入され安全性が高まってきました。現在の再稼働の問題は、こうした安全対策の向上を説明しないことです。大飯原発と浜岡原発のどちらがどのくらい安全なのでしょうか? これまでどのくらい放射線をもらしてきたのでしょうか? 軽微の事故があったのでしょうか? そういう安全性を推測させるデータを提出しないで「安全だ!安全だ!」というだけで安全でしょうか? あるいは、50年前の車種の事故が起こしたから全て止めるべきでしょうか?
 新聞は申し訳ないですが、分かりやすく全体像を説明しないので、あるいはそこに絞った記事が少なすぎるのでみんな分からないのだと思います。

 問3は、電気が止まるかどうか?だけで考えているようです。しかし問題は原発事故のリスクを許容できるかどうかなのです。福島事故と同じ事故が起これば、この大学は2,3年は開講出来ないのではないでしょうか。チェルノブイリと同じ最悪の事故が起これば、静岡県内は半分くらい立入禁止でしょう。1986年から30年近くが立っても今でも立入禁止地区があります。袋井、島田、藤枝、焼津という30km圏内は今でも全て居住禁止です。静岡、神奈川、東京、千葉、茨城などで極端に放射線の線量が高いスポットが100か所出て来ます。そして最終的な処分に幾ら掛かるのか、何年掛かるのか分かりません。これが現在までの最悪のケースです。さらに悪くなる可能性もあります。こうしたリスクを引き受けられるかどうか? が問題です。幸い中部電力は原発の発電量が低かったので再開する議論は殆ど意味がありませんが、それでも原発を再開した場合のメリット、よく言われるのは夏のクーラが使えるや産業界にとって必要、などと両方から考えるのが大切です。

 続いて、科学技術者の倫理の言葉を1つ1つ捉えてもらいます。

問4 科学(自然科学 natural science)とは何か?

問5 技術とは何か?

問6 倫理とは何か?

 時間がなくそれぞれ1人だけとなったが、当を得ている回答が多かった。
私の専攻は科学哲学で、問4の「科学とは何か?」という学問である。どうして国語を一生懸命やっても携帯電話が出来ないのか、どうして自然科学と技術だけなのか?である。この科学哲学からすると、一部違う人々もいるが、科学とは、
 「存在論的原理を数学的体系で写像した法則群」 
となる。噛み砕いていうと、「存在論的原理」とは「物が落ちる」である。「物が落ちる」のを「F=ma」という「数学的体系」で置き換えた(写像した)法則ということである。もっと簡単に言うと、「物が落ちるのをF=ma」と書く、だけである。写像とは、物が落ちるのを他の置き換えも出来る。F=maは太陽系内では通じるが宇宙全体だと不都合も出てくる。そうすると写像の形が変わってくる。さらに言えば、存在論的原理そのものを完璧に書けない、から写像と言っている。どうしても近似的な形になってしまうのである。
 技術とは「人類の幸福に寄与する学問である」と近代学問の父と言われるフランシス・ベーコンは言っている。現代では自然科学と技術の相関が深まっているが、本来は人間の幸福に寄与する学問である。自動車の例ばかりになるが、トヨタのプリウスと日産のスカイライン、どっちが素晴らしいだろうか? どっちも素晴らしいのだ。安全性や人や荷物を運ぶなどの目的をきちんと果たすという「ある範囲の中で正解多数」と言い換えてもよい。これに対して自然科学はF=ma以外の答えもあったが、実験等によって1つに絞られた。つまり、自然科学とは「正解が1つ」という答え方も出来る。

 存在論、という聞きなれない言葉をもう少し訳してみよう。
「なぜ、自然科学はあるのでしょうか?」、言いかえれば「なぜ、F=maはあるのでしょうか?」という問いにどう答えられるだろうか? 他の例だと、地球上の重力定数は9.8m/s・s(メートルパーセカンドの二乗)である。どうして5.0m/s・sではないのだろうか? 月の重力は6分の1だというのに。この問いを存在論的問い、という。
 答えは、「分からない」である。何故なら、そこに自然科学は踏み込む手段がないからである。

「なぜ、技術はあるのでしょうか?」にはどのように答えられるだろうか?
「人間が作ったから」である。トヨタのプリウスも携帯電話も人間のために人間が作ったのである。存在論的問いに答えられるのが技術、答えられないのが自然科学と言い換えても良い。

 では、最後に「倫理とは何か?」である。倫理の「倫」という字は「みんな」の意味で、理は「ルール、基準」の意味、「みんなのルール」が意味になる。物理は「物の理」で「物のルール」=「物質の法則」の意味である。
 この倫理は、「正解多数」が1つの答えとなる。近代の学問では人間は理性をもっているのだから、例えば「人を殺してはいけない」はその理性の基づいてどの社会にも当てはまる、と考えてきた。しかし、ある原始的な生活をする民族に調査にいった人が大変仲良くなり、数年の後調査を終えて帰る晩に村人に殺されてしまった。それは「こんなにも皆と仲良くなった人と別れるのは辛い。だから食べて肉体の中で永遠に皆と一緒に住もう」と考えたのだ。ここには悪意はなく、むしろある規準にそうという意味での合理性がある。さらに、アステカでは優秀な人間だけを選んで心臓をえぐり太陽にささげる儀式を行っていた。優秀であるがゆえに犠牲の価値があるのである。
 さらに言えば、生命の危険がある場合に他人の命を取ることを許されることもあります。緊急避難と言われ刑法37条に規定されています。よく言われるのは、海の上で木につかまっている場合、他の人がつかまると木が沈んでしまう場合、他の人を遠ざけてもOKという例です。
 少し倫理に寄せて述べると、何が危険(法律では「危難」)なのかは、どの場合がそうなのかは、社会の一般常識で判断されますから、社会によって大きく異なります。ヨーロッパやアメリカや日本のように近い基準を持つ国もありますが、そうでない社会の方が多いことも知っておくと、倫理の奥深さが感じられるのではないでしょうか。同時に、文字にされた法律であってもこのようにルールが変化するのですから、倫理はさらに幅が広がります。
 
 倫理の存在論的問いは、「なぜ、倫理があるのでしょうか?」です。

問7としましたが、A)~C)の挙手で答えてもらいました。

A)人は善でそれをルール化したものが倫理。
(悪に見えるのは悪ではなく、1人1人が違うように善の理解が違ってそのズレからくる)

B)人は善だけど、年を取ると悪になるからそれを防ぐためのものが倫理。

C)人は元々悪。だからその調整のためのものが倫理。

 A)は孔子で善を深めている君子が政治をすべきと考えました。また具体的な例として、井戸に落ちそうな子供を見ると、誰でも思わず手を差し伸べようとする、のを挙げます。
 
 B)は韓非子でだから王様に権力が集中しなければならないと考えました。その点を気に居られ秦の始皇帝の思想的先生(直接教えることはなくむしろ犠牲になりました)となります。思春期になると性欲が出て来て、同期の出世の妬みなどなど赤ちゃんの時にはなかったものが出て来ます。

 C)は荀子で、だから規範が必要だ、と考えます。欲望は限りなく悪である、という考え方はキリスト教の原罪思想に近いものがあります。あかちゃんは「お腹が減れば泣き、ねむくなれば泣く」のですから、産まれた時から欲望まみれです。

 本年度は250名近くの学生がいましたが、例年とは違い
 A)5%、B)15%、C)80%
 でした。A)が1人もいないクラスもありました。

 A)~C)の解説は補足を色々と加えなければならない点もありますが、以上のようにスキッと整理して見ると、「どうして自分は倫理を大切にしているのだろうか?」という根本問題に突き当たっていけるのではないでしょうか。日本社会はゴミが殆ど落ちていない、人に迷惑をかける人が少ない、あるいは清潔な社会です。危機の時に社会のルールを守る社会であることは、東北地方太平洋沖地震直後に現れました。どうしてそのように守るのでしょうか?
 私は、C)と答えた人が多かったですが、実はさらに深い部分に他の要素も潜んでいるように思われてなりません。何故ならC)ならば自分の命を危機にさらす、という最大の悪を肯定出来ないからです。この点に気がつけたことも福島原発事故の未来に向けた希望の一歩だと思っています。今回のアンケートの結果は、大変驚きましたが、むしろ、この講義の後にどのようになっているか、楽しみであります。同時に、頑張りたいと思っています。

 さて、科学、技術、倫理の言葉の定義が簡単に終わりました。
倫理は正解多数ですが、科学技術者の倫理、という狭い範囲になります。ですから、目的が決まってきます。それは、「初期の事故予防と再発防止」です。この学問は実はまだ10年くらいの新しい学問です。というのも、きっかけは1999年前後の、東海村JCO臨界事故、雪印の集団食中毒事件、新幹線落盤事故(「安全宣言」後にも落盤)という製造物の起因する事故があったからです。東日本大震災を見て下さい。災害復旧に、電気、ガス、水道、道路などが含まれます。現代日本ではこれら製造物が社会の根幹を支えているのです。その製造物が壊れた時、社会に致命的な影響力を与えるので、初期事故予防と再発防止が重要になってきたのです。
 実は、100年前に東北地方には大津波が来ていました。最も高く波が上がった個所は倍の100mとも言われ、死者はほぼ同数の2万人、人口が3分の1程度でしたから3倍でした。他方、電気、ガス、水道の復旧は求められませんでした。この100年で日常生活が変わっている、だから科学技術者の倫理が必要になってきました。今後一緒に皆さんと一緒に考えていきましょう。

 さて、最後に、静岡新聞の朝刊を見て見ましょう。
この中で福島原発事故に関係あると思う場合、手を挙げていって下さい。
では、「大飯の安全対策「適切」は関係あると思いますか?(9割以上が挙手)、そうです。
では次、「静岡茶市場23日初取引 放射性物質 上場初荷は全検査」はどうですか?(9割以上が挙手)、そうです。
では次、「県の東海地震第4次被害想定」はどうですか?(8割以上が挙手)、そうですね。
では次、「北朝鮮「衛星」 日本海側打ち上げも」はどうですか?(5%以下が挙手)、関係ありますよ。

 福島原発事故でもそうですが、日本の新聞、テレビの報道は偏りすぎていますしバラバラに報道しますよね。原発再稼働は石油が高いから、というでしょう? そう書いてくれた人もいます。でも、それは輸入するからですね。前に尖閣諸島近辺に石油があり天然ガスがある、と報道していました。どうして掘らないんでしょう? どうしてセットで分かりやすく報道しないのでしょう? 過去の報道にあったように今、中国は石油掘っていますよ。また、石油が高いから原発、とバラバラじゃないんです。エネルギーはつながっているんです。 
 
 北朝鮮のロケットは、アメリカと合意したから、やるのは分かってたんです。実質OKを出したのはアメリカです。そして過去のロケット実験の後、必ず核実験をした。問題は核実験をやるかどうか、なんです。だからロケット実験を報じれば核実験を中止するために「もっと金とか食べ物よこせー!」って言うことになります。だから日本の報道陣を呼んでいる。
 さらに、このロケットの射程は1800キロ、北朝鮮のロケットと核技術を買っているのがイランです。前の1300キロのロケットならイスラエルに届かないけれど1800キロなら届く。だから、イスラエルは先制攻撃(防衛のための先制攻撃)といってサイバーテロを行ってきました。地下にあるから空爆は難しい。地下に届く核攻撃をするかもしれない。イスラエルのネタニアフ首相は「ホロコーストから守らなければならない」と発言しました。ホロコーストはナチスドイツのやったユダヤ人虐殺です。今度の実験がイスラエルとイラクの関係を変えるのです。そしてこうして緊張が高まるから、イラク近辺にある石油が不安定になり高騰するのです。だから、核開発が進むから石油の値段が上がるのです。
 もっと突っ込んで言えば、北朝鮮の核技術の出所はどこでしょうか?
 北朝鮮による拉致事件は大都市と原発近辺で起こっています。鹿児島や新潟や福井などです。過去に北朝鮮が公開した原子炉内部は日本のある原子炉内部にそっくりだったそうです。日本にはこうしたスパイ行為を防止する法律がありません。さらに核テロを考えて来ませんでした(近年その動きが出て来ましたが)。日本から核技術が流出してそして日本に向けられ、さらには石油まで高くなっている。日本の原発の安全対策がいかに大切か、今まで勉強のできる人に任せればいいや、としてきたマイナス面が出て来ています。
 石油と原子力発電はバラバラではないのです。
 
 問8 感想

悪かった所、良かった所、印象、疑問などを書いて下さい。


  感想の全体
技術など言葉の定義が良かった だいたい30%(80名前後)
北朝鮮のロケットの関係に驚いた だいたい30%
他の人の意見が聞けてよかった  だいたい20%
自分の知識のなさ        だいたい15%
次回楽しみである        だいたい15%
       など

  感想での欠点
字が汚い4名、テンポが悪い2名(意訳含む)、他2名

  感想例(一部抜粋している場合があります。本文変更はありません。タイプミスはあるかもしれません)

・それなりに面白かったけど、ちと中身がうすいかなと思ったけど、うすいから面白くかんじだのかもしれない
返答:鋭い指摘ですね。是非とも紹介した本を読んでみて下さい。優秀な人はどんどん伸びていって欲しいです。

・やっぱり人間なので自分とは反対の意見を持つ人がいる。なので自分が思うようにしたいには自分から動かなければいけないし、反対である意見も向き合って考えるべき問題だと思いました。
返答:公平な視点嬉しいです。実行と反対意見とのすり合わせがよりよい意見へと高めてくれます。

・こういう話題は何が本当で何がウソなのかよくわからなくなっています。マスコミは嘘をついている!だとか、誰誰は本当のことをいっていない!だとか。まず先生が嘘なのかもしれないですし。みんなたぶん幸せにくらしただけなのにふしぎですね。
返答:マスコミを含め他人の情報に完璧な真実はありません。ですが、より真実に近づくことは出来ます。公平さです。マスコミは嘘をついているというのならその論拠や証拠を自分で調べてみて下さい。私も是非。ブログに情報源の多くが載っています。そしてみな幸せにくらしたいから戦争になるのです。かなしいですが、それが現実です。幸せになるためにエネルギーと食料がいるのです。深く考えさせられました。有り難う御座います。
 
・地震についての意見が人によって全然異なり、国民によって選ばれた政治家たちもまた、意見が異なる。これらをまとめて政治案を出すごとに、今回改めて恐怖すら感じた。多数決などの決め方は、国を滅ぼす力を持っている。
返信:多数決が日本の民主主義ではない点にするどく気付かれたのでしょうか。明治時代の憲法は貴族院など多数決の恐ろしさを防ぐ手段をもっていました。今大きく問われている1つでしょうか。よい気づきですね。

・テレビとか新聞で言われないようなウラ話にとても興味を引(惹)かれた。少し黒板を消すのが早い気がした。
Q.電通の韓流ゴリ押しについてどう思いますか。
返信:確かに他のクラスと比べ黒板を消すのが早かったです。教えてくれて有り難う。次回気をつけます。
  韓流ゴリ押しは、複雑な要因があります。

 ①ジャニーズ事務所の独占による弊害、中年女性を相手にしないとなども含めて
 ②日本のTV局の独占による弊害、自分たちで番組を作らなくなったなど
 ③電通の独禁法で取り締まらない問題
 ④法律違反でも罰がなければまかり通る行政や司法の弱さ、持ち株など
 ⑤大韓民国のデマ宣伝の成功体験の弊害、竹島やポッキーなど
 ⑥日本国民の外交、軍事は政治家に丸投げする無責任
 ⑦日本政府がマンガ等を支援しない弊害、よいコンテンツに価値をつけないこと
 ⑧新聞等が自分の都合の悪いこと、悪い結果を報じない問題

  以上が主な要因です。
 原発もそうですが、どこか1つが悪者ではなく、関係する人々がどこかに責任を負っています。もう1度根っこから考えるいい機会だと思います。
 個人的に言えば、カン・ヘジョンは名優だと思います。映画「殺人の追憶」は名画だと思います。しかし、今、韓流のコンテンツは価値が低くとてもつまらないです。レベルが低すぎます。と思っています。

・先生は性善説派なのか性悪説(派)なのかを知りたいです。
返信:政治・経済・軍事では性悪説を基準とし、教育や私個人では性善説を基準とします。私が最も尊敬するのは墨子(ぼくし)の考え方です。彼の人間の現実を踏まえた上で愛し、平和を追及する姿勢に深く感じ入っています。もし良ければ心に留めておいて下さい。

・まわりとの相談というか話し合いの時間が少し欲しいでと思った。
返信:一応考えています。皆さんにも聞いてみますね。

・北朝鮮のロケット問題に対して何か出来ることはないのか疑問になりました。
返信:①選挙の時にロケット問題に対応すると言っている政治家を選ぶこと、②首相官邸に電話やメールをすること、③防衛省に電話をすること、くらいでしょうか。②、③は案外簡単ですよ。そういう権利を与えられています、日本国は。

・疑問:倫理に善悪の考えを持ち込むのは、宗教的ではないのか。本来倫理は、宗教的な物かどうか。
返信:倫理は本来宗教の一部です。「世界全体はどのようになっているか(宗教)」があり、初めて「何がみんなで守るルールか(倫理)」が決まります。「世界はどのようになっているか」は国や時代によって違いますが、「何がみんなで守るルールか」には共通点があります。例えば、物を盗んではいけません。人を殺してはいけません。などです。これは狩猟社会から農耕社会に変わる時に個人の所有権を担保する必要があったからでしょう。技術と社会の関係と良く似ています。『銃・病原菌・鉄』を今後講義で薦めていきますが、先に読んでみてはどうでしょうか。とっても良い本です。

(文意不明、言い回しミス、誤字脱字は沢山あると思います。何とかお読み下されば幸いです。)



      
  
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
科学技術者の倫理(平成29年度)
書いたもの(平成29年度)
哲学(平成28年度)
科学技術者の倫理(平成28年度)
書いたもの(平成28年)
科学技術者の倫理(平成27年度)
哲学(平成27年度)
書いたもの(平成27年)
哲学(平成26年度)
「科学技術者の倫理(平成26年度)
講義録「哲学」
書いたもの(平成26年)
書いたもの(平成25年)
論文(高木健治郎の)
講義録「科学技術者の倫理」(平成25年度)
高木ゼミ『銃・病原菌・鉄』
高木ゼミ全6回『ぼくらの祖国』
教養講座6回分(平成24年度)   講義録21~
講義録「科学技術者の倫理」(平成24年度)     講義録1~15
最新記事
講義録「科学技術者の倫理」(平成23年度)
石上国語教室で行われた講演のレジュメです。哲学が足りなかったのが、福島原発事故の原因の1つではないか、と考えています。

「哲学のススメ2」レジュメ

最新コメント
カテゴリ