哲学5-2 学生コメント集

 学生が書いた感想などと高木の返信をまとめたものです。

 学生の書いた本文はそのままで、誤字脱字等は直します。高木が補足する場合は()を付けます。○は学生のコメント、★:は高木のコメントです。△は補足です。

○先生にとっての人生観が変わる本を教えて下さい。

★はい、有り難う御座います。五十沢二郎著『中国聖賢のことば』です。エッセイを書いているので、下の記事を見てみて下さい。
エッセイ「【學問】五十沢二郎氏の八佾第三」
http://takagikenziro.blog.fc2.com/blog-entry-406.html

○ソクラテスの神の声は聞こえたのではなく、長年考えてきたことがようやく分って、分ったのは神のお蔭と錯覚したんじゃないかな、という疑問が出てきた。

★講義を聴いて自分だけの疑問が出てきたのは嬉しいことです。是非とも、○○くんの人生の中で探求していって下さい。私もそういう疑問が幾つかあります。

○この前、他の講義で「友達の良い所を見つける」というものをやりましたが、あまり知らない友達にはほぼ想像で書いてしまったことを思い出しました。その中にも私の「欲望」が潜んでいるのでしょうか・・・確かに友達に「こうなってほしい、こうでいてほしい」という気持ちが出てしまうかなと考えられるのでしょうか。

★そうですね、潜んでいると思います。加えて、人をどの基準で見るか、にも「欲望」が潜んでいると思います。

○ソクラテスの否定の考え方はとても大変な考え方だと感じた。しかし、その考え方に行き着くことことで、国を守ることができたのではあれば、その人生は幸せを感じれたのではないだろうか。

★そうですね、幸せを感じていたでしょう。今後、クセノフォンのソクラテス像を読んでもらいます。さらに深めて下さいね。私は幸せと同時に、達成感、使命感もあったと推測しています。

○最後に習った、4年間の授業を真剣に受けた人と差がとても開く言葉を忘れないように、今後取り組みたいです。

★1つでも心に残ることばがあって善かったです。講義を今後も頑張ります。有り難う。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
書いたもの(平成29年度)
哲学(平成28年度)
科学技術者の倫理(平成28年度)
書いたもの(平成28年)
科学技術者の倫理(平成27年度)
哲学(平成27年度)
書いたもの(平成27年)
哲学(平成26年度)
「科学技術者の倫理(平成26年度)
講義録「哲学」
書いたもの(平成26年)
書いたもの(平成25年)
論文(高木健治郎の)
講義録「科学技術者の倫理」(平成25年度)
高木ゼミ『銃・病原菌・鉄』
高木ゼミ全6回『ぼくらの祖国』
教養講座6回分(平成24年度)   講義録21~
講義録「科学技術者の倫理」(平成24年度)     講義録1~15
最新記事
講義録「科学技術者の倫理」(平成23年度)
石上国語教室で行われた講演のレジュメです。哲学が足りなかったのが、福島原発事故の原因の1つではないか、と考えています。

「哲学のススメ2」レジュメ

最新コメント
カテゴリ