高木メモ「なぜ、合理主義は拡大しないだろうか?2 -知とは何か-」

  高木がふと思い浮かんだ内容をメモします。

 「なぜ、中華人民共和国が台頭したのだろうか?」

 を前回まとめました。今回はそれに関わる本性について考えたいです。つまり、知とは何か?ということです。

 アリストテレスの三段論法を使います。一段目の事実は、客観的事実。二段目は、著者の考えを現わす論拠。三段目は結論です。よく知とは何か?で事実を指す議論が多く見られます。しかし、それは知「識」でしかないのではないでしょうか。元来の「識」の原義とは異なりますが、万人にとって共通のものを意味します。人間は男性と女性がある。世の中には質量がある。などです。これに、私がこうして生きていられるのは、周りに質量が存在し、エネルギーが太陽から降り注ぐからである、というものも含めても良いでしょう。なぜなら、「なぜ、中華人民共和国が台頭したのだろうか?」を考えたいからです。

 私が生きていられるのは、物質世界に支えられているからだ、という客観的事実。ここからどのように感情を結び付けるか、が知性である、という風に考えます。これが従来の、欧米の合理主義とは異なるものが、そのように考えないのです。世の中が支えてくれているという客観的事実、それに対する感謝が従来の合理主義。しかし、それに対する非合理主義、というものも含めたいのです。従来の合理主義には、利他主義、功利主義が含まれます。非合理主義とは人知主義等々の不可解な、不整合な、環境に強く依存する基準による主義です。

 そしてそこから出てくる、結論が一致することもあり、一致しないこともあります。

 中華人民共和国が欧米のルールで経済発展した。というのは結論です。よく誤読されているのは、中華人民共和国が経済発展したから、「中国人は欧米化した」や「中国人は素晴らしい合理的な考えを身に付けた」や「中国人は欧米社会に取り込める」という点です。それは結論と論拠を混乱した議論に過ぎません。その混乱の原因は、欧米の合理主義しか論拠として認めない、という狭い知の捉え方である、と私は考えるのです。

 ヘーゲルの弁証法は不完全でした。フランスとの弁証法を目指しましたが、欧米の合理主義しか根拠として認めないから、である、と私は予断しています。ましてやヘーゲルは合によって合理主義が1つにまとまるとさえ考えていたのではないでしょうか。私はヘーゲルの著作を通読していないので、あくまで予断でしかありませんが。

 私は西欧の没落は、この狭い合理主義が1つの原因があるのだろう、と推測しています。
 私達の祖国が、大東亜戦争で狭い合理主義を採用したのは言うまでもありません。戦争遂行においては狭い合理主義は必須ですが、それ以前の段階において、狭くなっていたのではないでしょうか。

 時間が来ましたので筆を置きます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
科学技術者の倫理(平成29年度)
書いたもの(平成29年度)
哲学(平成28年度)
科学技術者の倫理(平成28年度)
書いたもの(平成28年)
科学技術者の倫理(平成27年度)
哲学(平成27年度)
書いたもの(平成27年)
哲学(平成26年度)
「科学技術者の倫理(平成26年度)
講義録「哲学」
書いたもの(平成26年)
書いたもの(平成25年)
論文(高木健治郎の)
講義録「科学技術者の倫理」(平成25年度)
高木ゼミ『銃・病原菌・鉄』
高木ゼミ全6回『ぼくらの祖国』
教養講座6回分(平成24年度)   講義録21~
講義録「科学技術者の倫理」(平成24年度)     講義録1~15
最新記事
講義録「科学技術者の倫理」(平成23年度)
石上国語教室で行われた講演のレジュメです。哲学が足りなかったのが、福島原発事故の原因の1つではないか、と考えています。

「哲学のススメ2」レジュメ

最新コメント
カテゴリ