学生コメント集 15-2 

 学生が書いた感想などと高木の返信をまとめたものです。

 学生の書いた本文はそのまま(漢字への変換あり)、とします。高木が補足する場合は()を付けます。○は学生のコメント、★:は高木のコメントです。△は補足です。考察をつける場合もあります。

△設問内容です。

問1 尊敬する人物は誰ですか? (公衆の福利に尽くした人物)
問2 今回の講義の感想
問3 15回の講義を通して一番印象に残ったこと

○問1
丸中しょうゆ社長中居真和さんと専務岡部敦子さん
 理由:夢の扉+で2人のことを知った。海外では日本食がブームとなっていて、しょうゆも日本文化の1つとして知れ渡っているが、海外で売れているしょうゆは日本産ではなく中国産が殆どだった。その現状を知った上記の2人が、日本の伝統であるしょうゆを世界の人々にも理化してほしいと夢を掲げ、動き出した。
 自分は日本食が好きだし、自分も日本食の素晴らしさを知ってもらえたら嬉しい。そのため、この2人の夢を持って行動することは素晴らしいことだと思うし、尊敬に値すると思った。

★素晴らしい方々ですね。知りませんでした。教えてくれてありがとう御座います。日本文化が世界に貢献することで多くの方々を豊かにできる、こんな素晴らしいことはないですね。授業ができ、こうして皆さんのコメントを読めて幸せです。

○問1
 徳川家康
 理由:全国を治めて、争いを無くし、平和な時代を築いたから。

★まさに、その通りですね。江戸時代がなければ明治期以降の近代、現代の繁栄はなかったです。身近な例で言うと、醤油、うなぎのかば焼き、おそば、お寿司などがなかったのです。家康はお腹にも偉大ですね。

○問1 
金原明善(きんぱらめいぜん)
天竜川がまだ、暴れ天竜と呼ばれていた頃に、木を植林したり、堤を作って、人々を川の水害から守ろうとした。

★明善の偉業は、公益に生きた人物そのものですね。天竜地方では教えているのでしょうか、他にも書いてくれた人がいました。こうして地元の尊敬すべき人物を敬う気持ちは大切にしたいですね。金原明善を知らない人のために、国土交通省のHPから引用します。
「金原明善 財産をなげうって治水や森作りに貢献」
http://www.cbr.mlit.go.jp/hamamatsu/story_tenryu/story02.html

○問1
広岡浅子
日本女子大学校をつくるために寄付をしたり、有力者に協力を呼びかけたから。

★恥ずかしながら知りませんでした。尊敬すべき人物であるのが分かりました。NHKドラマ「あさが来た」でも取り上げられたのですね。良いですよね、尊敬すべき人物が知れ渡るのは。教えてくれて有り難う御座いました。

○問1
 瀬谷ルミ子
 危険な地域にも行き、戦争の予防をしている。

★へー! 知りませんでした。調べてみると素晴らしい活動をなさっている方と分かりました。嬉しいですね、こういう素晴らしい方を知れるのは。有り難う御座います。


○問2
講義の内容も道筋がしっかり作られていて非常に聴きやすかった。

★よかったです。実は本年度は、やっと講義の構成が完成に近づいて行っている、と感じていました。心強いです。今後は、私の意見に対する批判や内容の検討に一層力をかけていきたいです。

○問2
武士道とは死ぬことと見つけたり、君のためではない。江戸時代では農民が金で買って武士になっていたため、私的なためになったので、君主のためではないのか。

★これは感心した質問です。江戸時代の実態を知っていた上での質問嬉しいです。答えは時代が教えてくれます。『葉隠』は江戸時代初期、農民がお金で下級武士の株を買えるようになってきたのが、江戸時代末期です。ですので、時代が異なります。では少し深めてみましょう。江戸時代末期に武士から株を買った農民は君主のために生きたかどうか。新撰組は多摩武州の農民達です。勝海舟なども元農民の家です。ですから、ずっと武士であった人々よりも、武士の株を買った元農民の方が「君のため」に死ぬ人が多かったのです。面白いですね。

○問2 私心<公共心 よりも、私心=公共心 の方がすごいのではないかと思った。あり得るかどうかはともかくとして。

★見事な意見です。仰る通りです。例えば雑誌『致知』で、私心=公共心 が大切であるという記事をよく見かけます。私は最終目標は、私心<公共心 と考えていますが、一致するのもなるほど納得です。よければ『致知』を読んでみてください。書店に売っていない本で年間契約になります。図書館等で探してみてください。

○見返りを求めることなく「公共心」だけで動ける人間が果たして何人いるだろうと思った。口に出さなくても内心、人を助けている自分に寄っているだけの人もいると思う。どこまでを完全な「公共心」による行動と呼べるのだろう。

★鋭い指摘です。この問いは修行者の問いです。仏教の修行者や修験道などの本をお読みになるのが良いと思います。私は秋月龍珉(りゅうみん)氏の本を読みました。ここだけで簡単に答えられる質問ではないと思いますので本の紹介で留めたいです。もし、私個人の意見が必要なら、下のコメント欄にお願いします。

○レポートをあんなに早く読んでいただけるとは、思わずびっくりしました。調べてみると自分の視野の狭さに気が付かされ、改めて勉強が面白いと感じました。

★自主的にレポート「地球温暖化と海面上昇と人類滅亡の関係性について。」を書いてくれて、嬉しいです。本年度の講義の中で最も嬉しいことの1つです。有り難う。内容もしっかり検討されていました。勉強の面白さ、特に「自分の視野の狭さに気が付かされ」てでが、ためになったことが伝わってきます。今後も視野を広げることを面白がってくださいね。大学に来た真の意義の1つです。

○問2 私も私心よりも公共心を優先するというのは、すすめられる行為だと思いました。しかし、私心を優先すればするほど、悪い人なのかと疑問に思いました。それを基準に人の「価値」を考えることは良いとしても、そのような「他人に都合の良い誰か」を望み、そのような人間になることを人に勧めるのは善い事なのでしょうか。大切なのは、他人の事も自分の事も考えられる心なのではないでしょうか。

★深い疑問有り難う御座います。そういう講義ができて嬉しいです。他人もよい私も良い、そういう心を磨く、というのは江戸時代の石田梅岩の思想そのものです。是非とも梅岩を読んでより深く考えてほしい、と感じました。ですので、前半の疑問については敢えてそのままにしておきます。もし、私の意見が必要であれば教えてください。下のコメント欄に書いてください、返信しますので。

○問2 家のまわりなどが綺麗なのは農家の人達が草取りをしてくれるからと、祖父も話していたのでびっくりした。

★尊敬すべき人が周りにいるのですね。恵まれていますね。そしてそれにお気づきになっているお祖父様も素晴らしいですね。大切にしてあげてください。

○仁徳天皇、坂本龍馬、マザーテレサ、のように公のために何かをするには、ある程度のお金または地位が必要だと痛感しました。

★なるほど、それも相対主義的真理ですね。講義で出てきた功利主義の考え方です。講義で何か1つでも心に残ることを学んでくれて嬉しいです。公のために、を大切にしていってください。深い、いい言葉でした。有り難う。

○問2 自分のひいおばあちゃんがまだ生きているので、話の出来る内に詳しい話を聞いてみたいと思いました。

★なんと嬉しい言葉でしょうか。肉体をひいおばあちゃんから引き継ぐだけでなく、魂も引き継いで下さい。嬉しいなぁ。有り難う御座います。

○問2今まで教えられたことだけを信じてきたと思うと怒りが込み上げてきた。伝えられたことをそのまま鵜呑みにするのことは今後はいないようにしたい。

★強い感情が出てきたこと、嬉しいです。しっかり心に刻み込んで下さい。とはいえなかなか裏を取るのは大変なものです。私は1つの情報に対しては、頼りにしている専門家の意見を5人の内3人位聞くようにしています。雑誌はニューズウィーク日本語版を合わせて読みます。それでも疑問が残る場合は、図書館に行って他の雑誌や本を読むようにして、それでも不十分なら現地に行くことにしています。仁徳天皇の話は、一生する話だと思って、難波高津宮に行きました。また、そうやって複数の視点で見ると楽しいんです。ほんとに。是非ともよい人生を。

○天皇の有難さ、素晴らしさを知った回。もうそろそろ少しくらい日本のこういう素晴らしさや誇りを教えてもいいと思うのですが、ダメなんですかね?

★ね‼ 敗戦前は極端に皇室賛美になりすぎていて、陛下さえ驚いていらっしゃいました。皇太子殿下が他の皇族のお屋敷まで一升瓶を背負って自転車で乗り付けていたものです。その反動もあるのでしょう。ただ、きちんとした歴史を教えるべきだと思います。少しづつですが変わってきていますよね。「もうそろそろ」って、よく知っていますね‼

○昭和天皇や仁徳天皇のように、私も公共心を優先できる人間になりたいと思いました。
△大勢の学生の皆さんの意見です。

★良かったです。天皇のみならず多くの日本人が公共心を大切にしてきてくれました。それが倫理の内的規範となります。嬉しいです。私も目指したいです。

○問3 ミート・ホープ事件です。
△大勢の学生の皆さんの意見です。

★現実は理想通りではなく厳しい。その清濁を併せ呑むこともお伝えできれば、と思いました。

○問3 自分は正解が1つしかない、ということに一番関心を持った。私は基本的に正解と言うものは1つであるという邪念をもっていました。しかし、この講義を通して色々な角度から考え方から変わることに、とても面白さを感じました。

★邪念、ではありませんよ。自然科学の分野では基本、正解は1つです。理系の大学ですからね。ただ、人文科学や社会全体を見渡すと、不都合が生じる、ということです。その不都合を利用して、不幸な結果となってしまった人類の歴史があります。大学に来た大きな意義の1つ、教養科目の大きな意義の1つを書いてくれました。有り難う御座います。

○問3 コールバーグの道徳的発達段階は自分に当てはめて考えた時、自分の未熟さが段階的に知ることが出来、そのことが印象に残った。

★そうでしたか。素晴らしいですね。授業で学び自己を反省する。真の学問態度です。講義の最初の頃に「君子は諸を己に求む。小人は諸を人に求む。」としたのを覚えているでしょうか。まさに、この君子の態度です。嬉しいです。

○問3 フール・プルーフとフェイル・セイフについて印象に残った。初めて聞いた言葉だったが、内容を理解して見ると私の生活の周りには、フール・プルーフとフェイル・セイフを利用しているものばかりだと気づけることが出来、日常生活でも意識するようになった。

★嬉しいです。授業の内容を自身で考えて消化してくれ、身の回りに活かしてくれる。講義の最初に「大学の講義は面白いんだよ」と言ったのを覚えているでしょうか。講義の意図をきちんと理解してくれました。有り難う。

○問3 掛川駅に新幹線を通すために企業がお金を出し合った話に感動した。

★感動する話ですよね、心から。是非とも以下のHPを見て観て下さい。きちんと、講義の裏付けをとって欲しいです。
「第426回 新幹線掛川駅誕生以降のまちづくりは「報徳の教え」により実現!」
http://www.city.kakegawa.shizuoka.jp/sunkan/sunkan426.html

○問3 13回目の客観的事実と許容可能なリスクについて講義が印象的だった。この時は原発を例に話を聞いたり、安全対策のリスクについて考えた。先生の講義はいつもそうだが、新しく得る知識か(や?)話が多く、よく分からないまま原発の善し悪しを決めそうで、知らないと本当に怖いと思い知ったのも、この時だったと思う。

★それは大きなことを学んでくれました。知らない恐ろしさ、を忘れないようにして下さい。人の世の恐ろしさを知り、備えていって下さい。そしてその次には、その恐ろしさこそ、強烈な面白さにつながることを知ってほしいです。

○15回全ての授業を真ん中の一番前で受けさせて頂きました。一番印象に残っているのは、先生の印象が変わった瞬間でした。それは幸福と快楽の違いで、「栄養もとれた美味しい食事」より、親の手作りの「栄養も味もない弁当」が幸せという話でした。15回を通して先生という人と、倫理についての理解が深まりました。先生も自分の中では、あらゆる意見や見方をもった凄い人だと感じました。ありがとうございました。

★こちらこそ有り難う御座いました。もちろん、一番目の席で受けてくれたので良く覚えています。いつも的確な感想を有り難う。楽しみにしていました。「あらゆる意見や見方をもった凄い人」とありましたが、過分な言葉です。私はいろんな人の意見を丁寧に聞くように心がけてきました。私がそのように見えるのだとしたら、先人の学恩(がくおん)のお陰様です。あなたにお伝えできたのなら、幸いです。

○問3 原発推進派と反対派の論点のすり替え

★なるほど、その点でしたか。すり替えは、身の回りでもよく行われますが、アメリカ大統領選挙、国連の会議などでよく行われます。詳しく知りたいならば、ミヤシャイマー著『なぜリーダーはウソをつくのか 国際政治で使われる5つの「戦略的なウソ」』を読んでみてください。

○問3 最終回の仁徳天皇のことが一番心に残りました。名前だけは知っていましたが、民のかまどという本?資料を読んでみたいと思いました。

★嬉しいです。日本の正式な歴史書を「国史」と言います。その最初が『日本書記』です。これがきちんとした資料です。ただ、解釈や資料が必要になります。堺市HPにQ&Aなどで掲載してあります。私が取り上げられなかった重要な点も読んでみて下さい。講義キツキツですいません。

「仁徳天皇陵古墳百科」
http://www.city.sakai.lg.jp/kanko/hakubutsukan/kofun.html#cmsNINHYA01

また、世界最大の墓の根拠についても、同市に判りやすい画像があります。

「世界三大墳墓の大きさ比較」
http://www.city.sakai.lg.jp/kanko/rekishi/sei/sandaifunbo.html

最後に、現場に行ってほしいです。場所は難波駅から一駅の谷町九丁目駅から5,6分の難波高津宮(こうづぐう、こうづのみや)にあります。静岡市の浅間神社よりもやや狭い位の神社ですが、桜の季節には近所の人々が集まり、盛大にお祭りをしていました。出入り口に授業で紹介した御製(天皇陛下のお歌)がひっそりと掲げられておりました。少し小高い丘になっていて、ここから仁徳天皇が眺められたのか、と感慨深くなりました。

○問3 評価が複数存在すること。1つの側面からだけではなく、色々な側面から評価することで公平性ができること。

★心に残ることがあって良かったです。講義全体の本質を掴んでくれました。嬉しいです。今後の人生で活かしてもらえると幸いで宇。

○企業のミスというのは、隠した方が得になる場合もあることが今でも驚いている。悪というものは、早く謝罪するのが当たり前だと思っていた。ニュースや企業の説明を見た時に、どこまでが真実で何が隠されているのかが気になるようになった。

★これまでにない視点を持てたようで嬉しいです。人生の目的のない個人と目的のある企業では、色々と変わってきます。そういう点を踏まえることは、これからの社会生活で大いに役に立つのではないでしょうか。もし、企業の説明にウソがあると感じた時、個人のようにウソを指摘することが最適なことなのかどうか、も考えて言ってください。

○問3 原発の失敗を隠すと得になるというのが最も心に残りました。授業で配られた原発のプリントを見てみると、重要なことが抜けていたり、内容が不足していたりとひどい内容でした。

★大切な指摘を有り難う御座います。嬉しいです。授業中に「詳しい資料はブログの方に」と言っていたので、講義録を見てください。それでも足りない場合は、是非とも「どうしてこういう意見なのか?」と質問してください。ブログにも掲載していない資料があります。代表的な資料は、大学図書館の講義の参考資料コーナーに5冊(上下巻で6巻)あります。大学で教えるものとして、きちんとお答えしなければならない意見です。今後の後輩たちのためにもなりますから、どこが足りなかったのか教えてください。本年度の講義録を加筆修正しなければなりませんし、来年度以降に活かしたいです。

○問1 日大に行った高校の時の友人。理由:カンボジアが好きで何度も海外支援に行き国際的に表彰されていたから。
○問3 私はこの授業で自分の意見というモノを沢山持つことができました。画一化される現代ではとても貴重な体験ができたと思います。短い間ですが有り難う御座いました。

★こちらこそ講義で何かしらを掴んでくれたようで嬉しいです。問1と問3を合わせて読むと、問2もですが、深いものを学んでくれたのだと実感しました。同じ講義でも感じるものは人それぞれです。御友人を手本にしながら○○くんの成長と活躍を願っています。こちらこそ有り難うございます。池間哲郎さんの御本でもカンボジアを読んだところでした。カンボジア、行ってみたいですね。

○答えが出るにあたっての証明が分かりやすく、納得がいく説明っていうのが一番印象強いです。

★有り難う御座います。ただ、私が予習の段階でかなり削った内容があります。削ったから判りやすかったかもしれませんが、実は削った内容の方にも重要な点が幾つもあります。その点があることをお忘れなくお願いします。

 途中ですが一旦、投稿して以上とします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

    名前:高木健治郎

書いたもの(平成29年度)
哲学(平成28年度)
科学技術者の倫理(平成28年度)
書いたもの(平成28年)
科学技術者の倫理(平成27年度)
哲学(平成27年度)
書いたもの(平成27年)
哲学(平成26年度)
「科学技術者の倫理(平成26年度)
講義録「哲学」
書いたもの(平成26年)
書いたもの(平成25年)
論文(高木健治郎の)
講義録「科学技術者の倫理」(平成25年度)
高木ゼミ『銃・病原菌・鉄』
高木ゼミ全6回『ぼくらの祖国』
教養講座6回分(平成24年度)   講義録21~
講義録「科学技術者の倫理」(平成24年度)     講義録1~15
最新記事
講義録「科学技術者の倫理」(平成23年度)
石上国語教室で行われた講演のレジュメです。哲学が足りなかったのが、福島原発事故の原因の1つではないか、と考えています。

「哲学のススメ2」レジュメ

最新コメント
カテゴリ