講義録14-2 学生コメント集

 学生が書いた感想などと高木の返信をまとめたものです。

 学生の書いた本文はそのまま(漢字への変換あり)、とします。高木が補足する場合は()を付けます。○は学生のコメント、★:は高木のコメントです。△は補足です。考察をつける場合もあります。

△(大勢の意見) 確かに何故温暖化が悪いのか、考えたことがなかった。
△(大勢の意見) 原発の構造が判った。
△(大勢の意見) モデル計算の存在意義がよく分かった。
△(大勢の意見) 多くの視点から考える必要性が解った。

○CO2(2は小文字)が絶対悪というマスコミや世間には違和感を前から感じていた。寒冷化を主張する意見はあまり表に出ず、温暖化ガスがCO2(2は小文字)のみ取り出されていることもおかしいと思っていたので今回の講義は一番面白かったです。

★前から感じていたのですね。その、ザラザラ、としか感覚を大切にして下さい。そして学問とするために、事実を確認していきましょう。戦略的嘘については、講義録でも紹介した以下の本をお奨めします。

ジョン・J・ミアシャイマー著 奥山信二訳 『なぜ リーダーはウソをつくのか 国際政治で使われる5つの「戦略的なウソ」 』 

○先生の授業を聞いて、後で自分でも調べようとか、図書館で本を借りて読もうと、その場では思うが、時間の使い方が下手なのが次の週まで手を付けられずにいる。そのままそれが続いてしまう。どうすれば自覚できるか分からないので、方法を教えて欲しいです。

★なるほど、真摯な質問有り難う。私も学生時代に思ったことがあります。2つあります。1つは事前に調べるための時間を確保しておくこと。例えば土曜日の午前中は何も予定を入れない、としておく。調べ物が出てきたらその時間に必ずする、と事前に時間を確保するのです。もう1つは心の規範の問題です。「これをしなければ明日交通事故にあって死んだから後悔するだろうか?」と自分の聞くのです。「後悔する」と想えば、時間は直ぐにできます。食事は後回しで良いですし、家族や友人との時間も後回しになります。つまり優先順位を上げることなります。だから、私は友達が少ないのかもしれません(笑) 参考になれば幸いです。

○今回も原発の話でしたが、最近の慰安婦の問題をピックアップしてほしい。

★なるほどそうですね。私も慰安婦の問題をピックアップしてみたいですね。特に今回取り上げた「戦略的嘘」から観ると慰安婦問題は良い教材になります。ただ、講義名が「科学技術者の倫理」なので、慰安婦問題はかすりもしないんですよ。私も給料を頂いて講義をしているので、難しいですね。もし、話が聞きたいのなら、講義後に質問に来てください。あるいは私が主催の1人である富士の論語の勉強会や、私が参加している勉強会などもあります。

○温暖化の原因は太陽活動によりもので、長い年月を見ると温暖化と慣例化が周期的のような形で訪れていると教えてもらったが、本当か疑問に感じた。原発と火力では1秒当たりにエネルギーがどれだけ得られるかでも長い年月で見ると、費用が違ってくるのではないか、と疑問に感じた。

★2つも疑問に感じた点があって、授業を行って良かったです。○○くん自身が感じた疑問ですから、是非とも図書館で調べて見て下さい。大学の図書館では、学生の方々がコンシェルジュ(案内相談受付人)をやっているようで、素晴らしいですね。気軽に相談できそうですね。

○(地球温暖化について) 水そのものは4℃を上回ると体積は増え続けると高校の時に聞いたことがあります。こちらの方が大きな要因になるのではないかと思いました。

★なるほど、4℃の体積膨張ですね。では調べて見て下さい。面白そうなレポートがまとめられそうではないでしょうか。私もその学説の触りは知っているだけです。是非とも詳しく聞いてみたいです。


○明けましておめでとう御座います。本年もよろしくお願い致します。年明けになると、私は何だかとても落ち込みます。みんな頑張っているのに私は何をしているんだろうという気分になってしまいます。

★そうですか、それはそれは。私も同じです。そして若い時は特にそれが酷かったです。1人だけ世界からポツンと離れているような感覚でした。○○さんはどんな感じでしょうか。私は苦しくなって、本や漫画やゲームやバスケに逃げました。本だけが何とかその落ち込みを解消してくれました。偉人伝や歴史小説などです。後は時間つぶしにはなりました。私がお奨めしたいのは、以下の本です。

河合隼雄著 『こころの処方箋』

 今年度、「哲学」の講義でもたびたび使用しました。ご参考下さい。

○温暖化は問題になっているのは海面上昇ではないということは人間にとって何が問題になっているのかますます疑問に思った。

★根本に向かう疑問、素晴らしいです。では、色々な雑誌や本を読んでみて下さい。日本版ですがニューズウィークが図書館にあります。毎週目を通してみて下さい。世界の問題は何か、徐々にわかってきますよ。

○問題の意図がいまいち伝わらなかった。もう少し具体的に書いてほしかったです。

★そうでしたか。確かに具体性を欠いていました。気を付けます。

○日本がWWⅡで戦争を起こしたのは、食糧不足というより、アメリカの経済制裁による石油資源の確保が主な目的であると思う。

★その通りです。石油確保については前回のメタンハイドレードの時にも触れたので簡単に述べました。十分に伝わっていなかったと思います。講義録14-1を見ておいてください。それにしても、現在も食糧もエネルギーもアメリカ依存ですから、困ったものです。

○地球温暖化だとかエコだとかの裏には様々な思惑があると知ってどうなのかと思った。

★どうなのか、とはどういう意味でしょうか。世の中に流布されていることに、裏がないものなど、殆どありませんよ。そういう風に捉えて自分の情報としていって下さい。今後の情報化社会の中では絶対に必要ですから。

○今までタブーに触れるような話はだましだまし聞かされたのでこういった話はとても面白かったです。でも、信じていいのか正直分らないないます(です?)。

★信じてはいけません、先生であっても。自分で事実を調べて裏どりをして下さい。それが学問の第一歩です。

○なぜ大学は夏や冬にエアコンをつけることを渋るのか疑問に思った。

★「世間に貢献していますよ」や「世間の目が厳しい」からでしょうね。税金で支払われる小、中、高校も同じですね。税金なんだからじゃんじゃん使えばいいのに、節電しています。同じような所を探して考えを広げてみましょう。そうすると疑問が解消できます。

○温暖化は悪くないと思ったのですが、動物や植物が絶滅しているのは本当なのでしょうか。何か別の理由をマスゴ(コ)ミが勝手に報道して私達をダマしているのかと疑問に思いました。

★疑問に思ったのなら図書館で調べてみましょう。今回は「絶滅した動植物の数を年代別」にでしょうか。温暖化しなくても動植物は絶滅していますよ。寒冷化の方が、動植物が絶滅しそうだな、と思いませんか? 是非とも調べて見てください。

○マスコミは中立の立場のはずなのに、なぜ、こうも偏向しているのか気になる。

★原因は敗戦です。アメリカによって日本の新聞社の特殊性、例えば株式非公開、が決められたからです。ただ、偏向していることを認めて、情報源を多数持つことが出来ますから、そうすれば善いのです。情報は、どこの国でもタダ、で公平中立はないです。

○地球温暖化など政治がからんでいて、事実と異なることでも自身の利益のために捻じ曲げていると思いました。私達に何が出来るのでしょうか。

★大学で一生懸命勉強して、多くの視点から考えられるようになることです。そして選挙でしっかりした政治家を選ぶことです。お恥ずかしながら、私が気が付いたのは30歳を超えてからでしたが。気が付いて、日本が民主主義の国で、神話の時代から民主主義の国で良かったなぁ、と実感してきました。何が出来るか、というのは素晴らしい疑問です。その疑問を深めて行って下さい。この意見が参考になればと思います。

○先生は幽霊や妖怪などは存在すると思いますか? 私は、いたらいい!って思っています。夢があって。

★確かに夢があっていいですね。哲学では、存在を幾つかの段階に分けています。物質上は存在しません。脳内では存在ます(認識します)。精神では他者や自然になります。こんな風に幾つかの視点で対象を見れるようになって欲しいです。

○1億円の土地を買ってラーメン屋をやれば8%、つまり800万円の固定資産が貰えるといっていましたが、固定資産税とか払わないといけないのではないですか?

★十分に伝わっていなかったようです。800万円の利益、です。固定資産を貰えるのではなく。もう1度配布プリントを、:「有価証券報告書を用いた火力・原子力発電のコスト評価(松尾雄司氏資料)」 第35回原子力委員会定例会議 平成23年9月13日 1,4-6P を見直して下さい。また、固定資産税も当然費用に入ることでしょう。

○これまでの授業を通して、原発の話に良く触れてきたが、果たして、一番どの点に着目してよい悪いの判断をすべきなのか分からなくなってきた。

★嬉しいです。事実に近づけば近づくほど、単純に「良い悪い」では判断できなくなります。それは○○くんが、原発の全体を理解しつつある、という証拠です。例えば身近な親も、単純に「良い悪い」では判断できませんよね。そしてその難しさを引き受けられるような大人になって欲しいです。嬉しいコメントでした。有り難う。

 以上です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

    名前:高木健治郎

書いたもの(平成29年度)
哲学(平成28年度)
科学技術者の倫理(平成28年度)
書いたもの(平成28年)
科学技術者の倫理(平成27年度)
哲学(平成27年度)
書いたもの(平成27年)
哲学(平成26年度)
「科学技術者の倫理(平成26年度)
講義録「哲学」
書いたもの(平成26年)
書いたもの(平成25年)
論文(高木健治郎の)
講義録「科学技術者の倫理」(平成25年度)
高木ゼミ『銃・病原菌・鉄』
高木ゼミ全6回『ぼくらの祖国』
教養講座6回分(平成24年度)   講義録21~
講義録「科学技術者の倫理」(平成24年度)     講義録1~15
最新記事
講義録「科学技術者の倫理」(平成23年度)
石上国語教室で行われた講演のレジュメです。哲学が足りなかったのが、福島原発事故の原因の1つではないか、と考えています。

「哲学のススメ2」レジュメ

最新コメント
カテゴリ