スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

講義録11-2 学生コメント集

 学生が書いた感想などと高木の返信をまとめたものです。

 学生の書いた本文はそのまま(漢字への変換あり)、とします。高木が補足する場合は()を付けます。○は学生のコメント、★:は高木のコメントです。△は補足です。考察をつける場合もあります。

△(問3 11回の講義で一番印象に残ってること)ミート・ホープの内部告発者、赤羽氏の境遇に驚愕する、が一番多い感想でした。
 次いで、三段論法、対機説法と子供の教育、公衆の福利、技術と社会の関係、などが多かったです。

○親が子供に対してしつこく勉強しろというのは何故ですか? 微分積分は何のためにあるんですか?

★2つ質問を有り難う。前半は特に授業に関係しますね。それは親が勉強する結果を知っているからです。子供は勉強の結果を知らないので、「しつこく」と捉えてしまうのでしょう。例えば、砂漠で水が無くて死にそうになった経験をしている人は、どこかに旅行する際に水筒を持ったかどうか、水の残量はどうか、を気にするでしょう。そういう経験をしていない人は、それらをさほど深く気に留めないでしょう。勉強の結果を知っているから、が前半の答えです。後半は、物理現象を数式に置きかえるため、あるいはそれを物理現象に戻すため、です。特に曲線等には必要になります。微分積分が無ければ、出来なければ、こうしてパソコンを打てませんし、ネットも出来ません。つまり、現代の日常生活が送れないのです。後半の答えです。また質問して下さい。

○(問3 11回の講義で一番印象に残ってること) エントリーシートがすらすら書けるようになった。何を書けばいいのか分からなかったのに、このやり方を聞いて、とても書きやすくなった。

★!!それは素晴らしいです。理解力があるんですね。これからの人生の中で役に立つと思うので利用して下さい。次の段階もありますよ~。

○今回の話で、子供の教育についてのことで、子供はただ怒られているだけだと愛されていないと感じてしまうことが印象深いです。いざ、自分が子供を育てる時は、しっかり理解されるように怒る時は怒りたいです。

★嬉しいです。怒ることも愛情です。暴力は決していけませんが、しつけは大事です。当のブログにあるエッセイなどをどうぞ。
念のためリンクを
エッセイ「【随筆】哲学とーさんの子育て」
http://takagikenziro.blog.fc2.com/blog-entry-467.html

○今日の倫理の根源のことが一番聞いていて興味がわきました。もう少し詳しくやってくれても良かったです。6の下が気になります。

★有り難う、興味が出たようで嬉しいです。授業中に言ったように、興味がある場合は、自分で調べて下さいね。当のブログを紹介しましたが、念のため、リンクを貼っておきます。
エッセイ「【道徳】『論語』と道徳的発達段階」
http://takagikenziro.blog.fc2.com/blog-entry-460.html

エッセイ「【道徳】仏教と道徳的発達段階」
http://takagikenziro.blog.fc2.com/blog-entry-461.html

感想など教えて下さいね。

 以上です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
哲学(平成28年度)
科学技術者の倫理(平成28年度)
書いたもの(平成28年)
科学技術者の倫理(平成27年度)
哲学(平成27年度)
書いたもの(平成27年)
哲学(平成26年度)
「科学技術者の倫理(平成26年度)
講義録「哲学」
書いたもの(平成26年)
書いたもの(平成25年)
論文(高木健治郎の)
講義録「科学技術者の倫理」(平成25年度)
高木ゼミ『銃・病原菌・鉄』
高木ゼミ全6回『ぼくらの祖国』
教養講座6回分(平成24年度)   講義録21~
講義録「科学技術者の倫理」(平成24年度)     講義録1~15
最新記事
講義録「科学技術者の倫理」(平成23年度)
石上国語教室で行われた講演のレジュメです。哲学が足りなかったのが、福島原発事故の原因の1つではないか、と考えています。

「哲学のススメ2」レジュメ

最新コメント
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。