スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

講義録9-2 学生コメント集

 学生が書いた感想などと高木の返信をまとめたものです。

 学生の書いた本文はそのまま(漢字への変換あり)、とします。高木が補足する場合は()を付けます。○は学生のコメント、★:は高木のコメントです。△は補足です。考察をつける場合もあります。

○(多数)一番驚いたのは、内部告発時の行政の対応です。非常におかしいと感じられました。

★公務員がそういう対応を取る、ということを頭のどこかに入れておきましょう。すると、弁護士、という職業が必要になる理由が見えてきます。これから強く活きていって下さい。

○私が一番驚いたことは内部告発という正義を行っても、行政やマスコミが真実を捻じ曲げ告発者を悪に仕立ててしまうことです。なぜ正しいことをしたのに、悪にされ非難されてしまうのか、非常に疑問に思い、そして残念に思いました。

★正しい判断をしています。そして、ここが学問の第一歩です。「なぜ?」という疑問で調べていって下さい。まずは、赤羽氏の本を読んでみましょう。そこで感じたこと、疑問に思ったこと、を書きとめ、次に続けましょう。それは学問への道です。

○一番驚いたのは赤羽さんの懲役4年の刑だった。

★誤解です。懲役4年は社長です。

○調査に行く日程を書いて送るというのにも驚きました。それで本当に不正がなくなると思っているのか、とても疑問に感じました。

★現状はそうです。その現状で不十分である、という考えは同じです。他の問題でも考えてみましょう。

○キリスト教の考えでは隣人を愛せの精神なので、私益は捨て、公益を優先すると感じた。→内部告発しやすい?

★キリスト教だけでなく、ほとんどの宗教で公益優先を謳っています。その精神が生きているかどうか、が問題でしょう。アメリカは酷い国ですが、宗教を真面目に信仰する人が多くいますから、内部告発は行われている、という印象があります。

○正直な感想として、とても真似できないと思いました。私の中では(赤羽氏が)尊敬すべき人物として上位に入りました。

★私もとても真似が出来ない、と感じています。そして尊敬もしています。私も斯様になりたいです。森信三著『修身教授録』をお奨めします。

○話をきいていて、CSの対応の話を思い出した。

★少しネットで見てみましたが・・・ 勉強になりました。有り難う。

 以上です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
哲学(平成28年度)
科学技術者の倫理(平成28年度)
書いたもの(平成28年)
科学技術者の倫理(平成27年度)
哲学(平成27年度)
書いたもの(平成27年)
哲学(平成26年度)
「科学技術者の倫理(平成26年度)
講義録「哲学」
書いたもの(平成26年)
書いたもの(平成25年)
論文(高木健治郎の)
講義録「科学技術者の倫理」(平成25年度)
高木ゼミ『銃・病原菌・鉄』
高木ゼミ全6回『ぼくらの祖国』
教養講座6回分(平成24年度)   講義録21~
講義録「科学技術者の倫理」(平成24年度)     講義録1~15
最新記事
講義録「科学技術者の倫理」(平成23年度)
石上国語教室で行われた講演のレジュメです。哲学が足りなかったのが、福島原発事故の原因の1つではないか、と考えています。

「哲学のススメ2」レジュメ

最新コメント
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。