講義録6-2 学生コメント集

 学生が書いた感想などと高木の返信をまとめたものです。

 学生の書いた本文はそのまま、とします。高木が補足する場合は()を付けます。○は学生のコメント、★:は高木のコメントです。△は補足です。考察をつける場合もあります。
  
○インフォームド・コンセントは知っていたが、パターナリズムは知らなかった。ゲームは飽きるが、学問は飽きないと仰っていたが、どちらも飽きるが尽きないものだと思った。

★なるほど、そういう考え方もあるのでしょうね。私はゲームは人が創ったものであり、売れなければならない、などの制約があることが幅を狭めていると考えます。他方、自然物などは人が創ったものではないし、売れなくても関係がない、という点が学問にあると考えています。どういう意味だったのが聞いてみたいです。

○なぜ、今、インフォームド・コンセントをやるのか?

★講義冒頭に説明したように、「社会←技術者」を理解するためです。

○最近、アメリカに1か月くらい居ましたが、階級の差が激しかったです。ホームレスもガリガリという印象ではなかったです。アメリカは色々と高いですね。色々な要因があるのだからだと思いますが・・・

★貴重な体験談を有り難う御座います。色々な要因、考えてみませんか? そして文章として残してみませんか? 出来たら見せてくれると嬉しいです。

○大統領がお金の支援を受けずになった場合に、やりたい放題できるのか気になった。

★とても良い設定ですね。ただ、それには選挙制度の改変が必要になります。現在の体制でそれが出来るでしょうか。ロビニスト達が動かす大統領や議会という構図を変えるのが第一歩でしょう。

○黒人青年がその後どうなったのかも少し気になった。

★どうなったんでしょうね。気が付きませんでした。

○インフォームド・コンセントに関する詳しい本が知りたいです。

★『インフォームド・コンセント』 水野肇 中央公論新社 が私とは逆の立場の本としてお奨めします。新書ですので導入としてはお奨めです。

○保険料を払う意味を理解でき、身になりました。自分の知っている人が医療ミスで亡くなったことをがあるので、17%のお話は感慨深いものがありました。

★ご冥福をお祈りいたします。自己開示のコメント、感謝します。

○パターナリズムとインフォームド・コンセント以外の考え方はあるのでしょうか。

★それぞれに強弱があり、単純な2元論ではありません。ただし、基本は患者の判断、専門家の判断という対比ですから、2つになります。もう少し深く踏み込みたいのなら、是非とも図書館をご覧ください。

○米国ではなぜビザなしを働かせも罰がないよういなっているのか疑問に思いました。

★鋭い質問です。是非とも宿題の文章を読み、前後の話しも読んでみて下さい。

 以上です。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
科学技術者の倫理(平成29年度)
書いたもの(平成29年度)
哲学(平成28年度)
科学技術者の倫理(平成28年度)
書いたもの(平成28年)
科学技術者の倫理(平成27年度)
哲学(平成27年度)
書いたもの(平成27年)
哲学(平成26年度)
「科学技術者の倫理(平成26年度)
講義録「哲学」
書いたもの(平成26年)
書いたもの(平成25年)
論文(高木健治郎の)
講義録「科学技術者の倫理」(平成25年度)
高木ゼミ『銃・病原菌・鉄』
高木ゼミ全6回『ぼくらの祖国』
教養講座6回分(平成24年度)   講義録21~
講義録「科学技術者の倫理」(平成24年度)     講義録1~15
最新記事
講義録「科学技術者の倫理」(平成23年度)
石上国語教室で行われた講演のレジュメです。哲学が足りなかったのが、福島原発事故の原因の1つではないか、と考えています。

「哲学のススメ2」レジュメ

最新コメント
カテゴリ