哲学3-2 学生コメント集

 学生が書いた感想などと高木の返信をまとめたものです。

 学生の書いた本文はそのまま、とします。高木が補足する場合は()を付けます。○は学生のコメント、★:は高木のコメントです。△は補足です。考察をつける場合もあります。

○哲学と神話等がからんでくる理由が知りたい。

★プラトンが哲学を構築する際に、当時の神話を破壊して新しい考え(哲学)を提出した、という関係にあります。その点が理由です。今後の講義で詳しく述べていきます。

○存在するかどうかではなく「神様」という言葉の扱われ方はどの国でも同じなのはどうしてなのでしょう。

★2つの意味が採れますが、「神様」という存在を規定していくという捉え方、と考えて返信します。それは世界を人間が意味ある世界として認識するために、神話なり神なり、物語が必要になるからです。世界を意味ある世界として認識しない人々は淘汰されてきたと私は考えています。そういう人々は結束が弱く、積極的な関わりが少なくなるからです。技術競争や戦争で滅ぼされてきたのでしょう。それゆえ、「神様」が多くの国で戦争の根拠にされる現実上の原因であると、考えています。

○また、質問ですがイザナミとイザナキのヨモツヘグヒがハデスとペルセポネの、ペルセポネが冥界の果実を食べてしまい、明快にいなければならなくなった話に似ていますが、まさか、どちらかが少し模倣とかしていませんか? 疑問に思いました。

★ギリシャ神話ですね。ザクロを食べたので冥界に降らなければならなくなり、その時期が冬になる、という神話でしたね。世界の神話に目を向けると、結構似ている内容があるのにびっくりしますよ。是非、調べてみて下さい。それらには2つの態度があります。1つ目、自然信仰は似たような神話になる。つまり、ギリシャと日本神話は関係がない。2つ目、インド辺りで出来た神話がギリシャに行き、日本に来た。原型となる神話がある。つまり、ギリシャ神話と日本神話は関係がある。この説で有力なのは、輪廻転生です。インド近辺で生まれ、西に行くと古代ギリシャ神話やプラトンは輪廻転生を信じており、東に行くと閻魔大王や日本神話になる、というのです。私の知っているのはここまでです。○○くん、興味が出たようですので、これ以上は是非とも自分で調べて見て下さい。

○ただ、昔の人々が築きあげてきたもの、思想に支配されている、または流されていると感じるのは、日本人として間違っているのでしょうか。

★鋭い視点です。まず、間違っていると「感じる」ことは個人の感性ですから、誤りも正しいもありません。その感性の上に学問を載せていって下さい。また、日本人の善は「みんな違ってその上で仲良くしよう」ですから、昔の人々が築きあげて来たものに影響される人、影響に気が付かない人、影響を少なくしようとするがそれぞれがいる状態が善なのです。そう考えるとメタ視点になりますが、間違っていないことになります。

○たたり神のうにゃうにゃしたものがうじなのではないかと思いますが、これはイザナミのなれはてのことではないですか?

★面白いですね~思いつきもしませんでした。なるほど、なるほど。どうなんでしょうね~。『古事記』を読み込んでみて下さい。他にも、うにゃうにゃのような箇所が出てきますから。

○日本ではめでたい時に使われる色で「紅白」がある。それは赤とは意味が異なるのかが気になった。

★質問でしょうか。念のため返信します。めでたい時に使うのは「紅白」と「白黒」の両方です。ちなみに「白黒」は凶事にも使います。私は「紅白」の意味は、講義でした意味だと思います。結婚式の席では、穢れを落とし、赤子のような本心になってすっきりした気持ちになる、という意味でです。何か調べたり、考えたことがあれば、教えて下さい。

○日本人なのに国歌の意味を知らない。それを疑問に思わないのはなぜだったのか気になりました。今の若者だけなのか、昔の若者もなのか気になりました。

★後半ですが、ご両親に聞いてみて下さい。御祖父ちゃん、御祖母ちゃんにも聞いてみて下さい。江藤淳という人は、敗戦後のアメリカの教育が日本の善を徹底的に破壊して、日本人の誇りを奪う教育を、アメリカの大統領命令で行っていたことを突き止めた人です。これが正しいなら、日の丸や君が代の意味を知らず、根拠のない反発だけを教えられてきた世代が両親や祖父母であることになります。もちろん、現在の若者たちも。江藤淳著『閉された言語空間―占領軍の検閲と戦後日本』です。ちょっと難しい本ですが、一生残る本ですよ。

○君が代は愛の詩ときいたのですが、ちがったのでしょうか

★誰に何時、どこで聞いたのでしょうか。せめて、本の名前などを教えてくれれば調べられるのですが。分かれば教えて下さい。また、文学的跳躍をすれば、君が代は人間の尊厳に対する愛の詩と考えられると思います。

○神話を捨てたり替えたりすること自体はして良いことなのかと疑問に思いました。

★良いか悪いかでは判断できない次元にあると思います。必要に迫られて、あるいは強制されて起こることです。人が死ぬことは良いか悪いかで判断できません。それは生まれ落ちた時に強制されて起こることなのです。良いか悪いかではなく、悲しいか哀しくないか、の判断はあります。

○ソ連の国歌も詳しく知りたかった。

★いいですね~前向き姿勢が。是非とも調べてみて下さい。講義は所詮、料理屋のメニュー表です。美味しい料理(本)を食べるのは、○○くん自身です。他の人が食べているのを見ても一向に腹は膨らみません。

○たしかに他の国では太陽は黄色である。アルゼンチンもそうなのか。

★前向きな意見、嬉しいです。是非とも調べてみて下さい。上でも書いたように、この疑問は○○くんだけが感じたものです。大切にして下さい。

○他の国の国旗の意味も知りたいです。

★素晴らしいです。講義録の方に幾つかの国の国旗の意味を説明しています。さらに知りたければ、是非とも調べてみて下さい。面白いことが沢山書いてありますよ。調べていて楽しかったです。

○神話と言えばギリシャというイメージなのですが、ギリシャの神話は現在も生きているのか気になりました。

★どうなんでしょうね。現在のギリシャ人はキリスト教徒になっています。神話は不完全な形で影響を与えているかもしれませんが、日本のように日常生活の基礎にあるとは言えないのではないでしょうか。ただ、占いはギリシャ神話が元のものもありますね。これで「生きている」と言えるのか・・・「生きている」の意味を定義しないとこれ以上進めないでしょう。ちなみに私はてんびん座です。

○神話がないことと治安が悪くなることは本当に関連していますか。

★学問的な質問、有り難う。私が根拠にしているのは、日本人の犯罪率の低さです。1億以上いる国家の中で飛びぬけて最低です。もう1点、哲学上の根拠があります。それは「道徳=善悪」を守らせるために神話が必要である、という点です。道徳とは「それは人間として許される許されない」です。では、その「人間とは何か?」が当然出てきます。この「人間とは何か?」に答えられるのが神話(物語)なのです。根拠の示せない所では道徳は成立しない。すると人間の悪事を規制しうるのは、損得だけになってしまいます。それでは犯罪を抑制する力が半分になってしまう。これが哲学上の根拠です。良い質問です。また投げかけて下さい。

○三種の神器てニセモノの可能性が高いと思うのですが、どうなんですか?

★ニセモノ、とはどういう意味ででしょうか。例えば、静岡市の草薙駅の地名の由来、草薙(くさなぎ)の剣が千年以上前の剣であり、現在まで残ってはいません。『平家物語』に語られているように、平家滅亡と共に壇ノ浦の海の中に消えていきました。その意味ではニセモノです。しかし、三種の神器の意味する思想的価値は、物質としての剣がいくら変わっても変わりません。つまり、天皇陛下に付き従い、そしてそれを日本の大切な精神として受け継がれていくならば、どんなぼろい剣でも本物なのです。屁理屈のように聞こえるでしょか。私が20歳頃ならそう感じていたと思うのです。視点を入れ換えましょう。日本人が大切にしてきた「誠実に接してみんなで仲良く」は、日本人1人1人の肉体が滅んでも受け継がれていく、ということです。私が滅んでも次の世代の日本人が大切にしてくれる。つまり、三種の神器の意味する思想的価値は、物質としての肉体がいくら変わっても変わりません、となります。他の人が気がつかない、切り口鋭い質問でした。またお願いします。

○様々な国の国歌を読んだが、日本以上に国民を思い書き記した国歌はないと思いました。なぜ日本は昔から他の国より良いよいんですか。

★まず、日本人が日本人の善を知って、日本が凄い善い、というのは学問として不公平である、という点は留意して下さい。次に、「良いんですか」ですが、これを「国民を思い書き記したのが強い」と読み替えると以下のようになります。日本は火山の国で川の流域に狭い平野が続く地形であった。こうした地形では川の流域が変わるだけで文化や言葉などが替わる。それゆえ、流域内では「みんなで仲良くして違いを認め合うこと」が生存のために最適であった。以上は地形から日本の歴史を見直す考え方に基づいています。今後、講義の中で取り上げていきます。

 以上です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
科学技術者の倫理(平成29年度)
書いたもの(平成29年度)
哲学(平成28年度)
科学技術者の倫理(平成28年度)
書いたもの(平成28年)
科学技術者の倫理(平成27年度)
哲学(平成27年度)
書いたもの(平成27年)
哲学(平成26年度)
「科学技術者の倫理(平成26年度)
講義録「哲学」
書いたもの(平成26年)
書いたもの(平成25年)
論文(高木健治郎の)
講義録「科学技術者の倫理」(平成25年度)
高木ゼミ『銃・病原菌・鉄』
高木ゼミ全6回『ぼくらの祖国』
教養講座6回分(平成24年度)   講義録21~
講義録「科学技術者の倫理」(平成24年度)     講義録1~15
最新記事
講義録「科学技術者の倫理」(平成23年度)
石上国語教室で行われた講演のレジュメです。哲学が足りなかったのが、福島原発事故の原因の1つではないか、と考えています。

「哲学のススメ2」レジュメ

最新コメント
カテゴリ