スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

哲学1-2 学生コメント集

 学生が書いた感想などと高木の返信をまとめたものです。

 学生の書いた本文はそのまま、とします。高木が補足する場合は()を付けます。○は学生のコメント、★:は高木のコメントです。考察をつける場合もあります。

○出来たら黒板の文字を大きくして欲しい。席どりに出遅れて後になった時に読みにくいので

★分りました。それほど大きく出来ないと思いますが、気を付けます。そこで2つの解決法があります。まず、最前列から2列目までは必ず席が空いています。これが1つ。もう1つは当ブログを読むことです。参考にして下さい。

○より大きなテーマをあつかってみたい。特に性善説か性悪説かなどを深く掘り下げて勉強してみたい。

★明晰な視点素晴らしいです。来週性善説か性悪説を取り扱おうと想っていました。昨年は第1回に取扱いました。良ければ昨年度の講義録「哲学1-1」をどうぞ。

○立派な人は人のせいにせず、自分に責任があると考えることができてすごいと思う。私もそんな人間になりたい。

★やってよかったです。本年度から取り入れてみました。その純粋な心で立派な人の伝記を読んでみて下さいね。きっと得るものがありますよ。

○常識を何故常識として認識しているのかと疑問に持てた。

★なるほど、なるほど、善いですね。この疑問を持ちながら日常生活や講義を聞いていって下さい。気付いたことがあれば、私までぶつけてみて下さい。

○小さな内容でもつきつめていくという所も理系の内容と似ている所があり、元ととなっているのだと思った。しかし、哲学者しかり学者というのは元を考える姿勢なので、感情的な面白いというのはあるのか疑問だった。

★深いですね。私なりの答えは「面白いがある」です。だから、金にも地位にもつけない道順でもここまで来てしまいました。「面白いこと」を見つけていく、それが哲学の面白さだと現在は感じています。前はもう少し凝り固まっていました。これからの講義で考えていって下さいね。

○先生のオススメの本て何ですか。先生が好きな哲学者って誰ですか。

★ズバリ、直球きましたね。オススメの本、そうですね、青山繁晴著『ぼくらの祖国』は、私が人に贈りものとしています。また、読みやすい短い文章ならば、五十沢二郎著『中国聖賢のことば』です。今後講義内で紹介します。好きな哲学者ですが、最も肌に合うのは墨子(ぼくし)です。好きなのは、デカルトでしょうか。私と全然違いますから。また、何かあれば聞いてください。

○手書きのノートならルーズリーフでも良いですか。

★もちろん、良いですよ。

○問2 先祖を重んじる日本人の気質によるもの。肉体は死滅しても、魂はいつもそこにあり続けるという考えに基づいている。

★ご名答。基づいている、の部分が特に素晴らしいです。

○先生はなぜ人種や国籍で差別や問題がおきると思いますか?

★根源を問う、質問嬉しいです。まず、人間は差別や問題をおこします。福沢諭吉(一万円札の表紙の人)は、現実の人間は聖人ではないので現実に差別を起こす、と述べています。理由は自己の生存本能です。次に、人種や国籍で、です。もし、人種や国籍よりも差別や問題を起こすほど大きな枠組みがあれば、そちらに差別や問題が移ります。逆に小さくして考えてみましょう。同じ日本人で日本国籍でも差別や問題は無くなっていません。福沢は「理想として百万年後に差別のない世界を目指そう。しかし現実にはそれがあるのだから対応しよう、頑張って無くすようにしよう」と述べています。また、疑問をぶつけて下さい。

○あと、日本人に一番似合うのは、黒色の髪であると思う。

★一本取られました。なるほど、講義中で述べた『孝経』、その通りですね。完敗です。嬉しい完敗です。

○(大勢の意見) 自分の意見を考えるのは楽しい 哲学は深い

★嬉しいです。

○先生はどこからアダム、エバの話などをしったのですか

★どこからだったでしょうか。大学3年の時にヘブライ語をやろうと思ったのは聖書を読むためでした。でも、具体的に読んだことがなかった気がします。確か、ひろさちや著『どの宗教が役に立つか』を読んだからだったでしょうか。オススメですので読んでみて下さい。

○哲学とは、物事の理由を追い求める学問なのですか。

★良い質問ですね。実は違います。これからプラトンでより具体的に述べていきます。より善く生きる、を求める学問、です。

○国によって考え方が違うから違う哲学になるのなら、日本の国内でも風習の違いがあり、それぞれの家にも独自のルールがあるのに「日本」という枠で哲学を当てはめて良いんですか?

★鋭い質問ですね。まず、私は哲学「者」1人1人の哲学が異なる、と言いました。次に、その哲学者の考えを多くの人が支持してきた、から残ってきた、と言いました。この発想者と伝統化することの違いに注目してみて下さい。次の疑問が浮かんだらまた書いてくださいね。鋭くいい質問でした。

○とても考えさせられる授業でした。何か本を読みたいと思っています。おすすめはありますか?

★嬉しいです。どのくらいの読書が出来るのかが判りませんので、何とも言い難いですが、青山繁晴著『ぼくらの祖国』は善い本ですよ。また、講義の進度によってまたお奨めの本を紹介していきますね。

○俺はこなた おし

★名言は、こなただったけど

○アメリカンドリームの事ですが、日本人はお金よりも仕事にこだわるということですので、だから、日本人は器用で世界に認められるのですか。

★指摘当たっていると思います。ただし、他にも色々と理由が付け加わると考えますが。これから3回程日本の真・善・美をやっていきます。その中でさらに考えていって下さい。

○あまり関係ないがある人種の一部か何かをして(犯罪とか?)、それを取り締まるのは良い、たたくのも勝手だが、その人間と共通点をもつ人種をすべてその人と同じだと思わせるような記事、投稿をするのはどうかと思う。やっていない人間の印象まで悪くするのはどうなのか。

★大いに哲学に関係しますよ。次に書いてある内容に賛同します。それは学問に反すること、もう1点は日本の思想に反すること、です。ただし、上述したように、生身の人間のもつ実際の愚かさがそれをさせる、という現実も引き受けなければとも考えています。良い意見ですね。また、何か書いてください。

○あとノートのことは最初に言って欲しかったです。

★そうでしたね。ごめんなさい。ノートと提出用レポートのことですね。

○私も髪緑です。

★!!それは気が付かなかったなぁ~

○楽しくない仕事は辞めるべきですか?

★難しい質問ですね。具体的事例でないと何とも。というのも、「楽しい」が精神的な深みがあるか、即物的な、例えば簡単で給料が良い仕事は「楽しい」程度の楽しみなのかで異なりますから。日本の経営の神様松下幸之助の本を読むことをお奨めします。

○少なくとも日本では宗教的理念ではなく、一種の文化として彼岸などが成り立っており、大半の日本人は意識せず生活しているのではないか?

★良い質問ですね。まず、意識するかしないか、と宗教的理念は異なる次元です。例えば、人間は腹が減り食べ物を食べます。他方、人間の消化の体内構造は理解されている必要はありません。同じように日本人が文化として意識せずに生活している。他方、日本人の宗教行動の理念は理解されている必要はありません。となります。先生に対する反対意見としてとても良い意見だと思います。次にして欲しいのは、○○(本名を隠すため)くんの意見を補強する事実を探すことです。こういうやりとり楽しいですね。

○アニメーターの収入が低いことについてどう思いますか?

★哀しいことですね。その構造としてテレビ局が自分達で番組を作らなくなり、それでいて放送局を増やさないようにしている、つまり独占しているという点が大きいと思います。がっちり権利を抑えて甘い汁を吸っているのです。アニメを守るためには、放送法の改定と、放送局を増やさないことには何ともなりません。良い政治家かどうか調べて投票していって下さいね。

○なぜ理工科大に来たのですか?

★教員として来たのは「科学技術者の倫理」を担当してほしい、とお話があったからです。もしかしたら学生として、という質問でしょうか。私は学生としては来ていませんので、悪しからず。でも、緑多く静かでいい大学です。

○イスラム、キリスト教などの神は働かないといっていたが、罰をあたえることは、働くことにならないのかと思った。

★確かに。私の言い回しが不正確で伝わらなかったのでしょう、申し訳ないです。「働いて食料を得なければならない、という罰を与えた」のです。その食料を得なければならない、ことにこの地上で解放されるのが夢なので「アメリカンドリーム」と言います。ただ、この質問を読み返して、きちんと講義を聞き、自分で考えながら受けてくれていることが伝わってきました。そこが何より嬉しいです。有り難う。

○他の宗教(ユダヤや日本のもの以外)の神はどのようになっているのか知りたいです。

★いいですね、関心の広がりが。宗教学の時間ではないので詳しくできなくて残念です。是非とも図書館の宗教の本棚に行ってみて下さい。色々とありましたよ。私が勉強したのは、カレン・アームストロング著『神の歴史』です。結構難しかったですが、印度の神様(ヒンドゥー教)や儒教など色々面白かったです。

以上です。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
哲学(平成28年度)
科学技術者の倫理(平成28年度)
書いたもの(平成28年)
科学技術者の倫理(平成27年度)
哲学(平成27年度)
書いたもの(平成27年)
哲学(平成26年度)
「科学技術者の倫理(平成26年度)
講義録「哲学」
書いたもの(平成26年)
書いたもの(平成25年)
論文(高木健治郎の)
講義録「科学技術者の倫理」(平成25年度)
高木ゼミ『銃・病原菌・鉄』
高木ゼミ全6回『ぼくらの祖国』
教養講座6回分(平成24年度)   講義録21~
講義録「科学技術者の倫理」(平成24年度)     講義録1~15
最新記事
講義録「科学技術者の倫理」(平成23年度)
石上国語教室で行われた講演のレジュメです。哲学が足りなかったのが、福島原発事故の原因の1つではないか、と考えています。

「哲学のススメ2」レジュメ

最新コメント
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。