講義録11-4 コメント集

 コメント集です。

 今回も沢山持って帰ってきましたが、少なめにします。似た内容は重複しなようにします。
 読みやすいように誤字の訂正、ひらがなの漢字への変換などしております。本文の改編は行いません。

 全体的に多くみられたコメント:原発が政治と結びついている点への関心 アメリカに依存しすぎの点への反省 根本的な疑問が多く見られた 長い感想が多かった

・問2③は福島原発事故を見て、一気に国民に反原発が広がった。マスコミが映像で流したものを見ているため、マスコミの影響が大きいとは思うけれども、感情の高まりはそれだけではないと思った。途中でこんがらがり分からなくなってしまった。
私のコメント:授業中は時間がないですが、人生は時間がありますね。ゆっくり考えて下さい。

・マスコミの民衆への影響力が、良くも悪くも高いなぁというのは昔から思っていた。影響力が高い事で民衆はマスコミにうまく操作されてしまう。しかし、それを上手く使えばこれ程素晴らしいものはない。
私のコメント:良い所に気が付いてくれました。有り難う。

・ソ連という脅威はなくなったが、現在はその代わり(?)に中国が脅威になりつつあるように思う。沖縄の米軍基地の問題の頃から中毒人漁船の侵入が話題になっているため。メタンハイドレートには興味があるので調べてみたいです。
私のコメント:ソ連は今の中国よりも巨大でしたよ。アメリカが引くので(中国が)出てきました。(メタンハイドレートは)嬉しいです。

・日本人として、国の政策、外交をどう考えていけばいいか、今までは何も知らず、知らないことの方が良いように思ってきましたが、本当に何とかした方が良い事を、出来ることがあると分かると、そんな今までの姿勢を反省したくなります。また、多くの人が知ったら大きな問題も解決できるのかと考えてしまいました。
私のコメント:いつも意見に感心しています。自分の問題として真剣に考えてくれ本当に嬉しいです。みなスタートは同じです。一歩一歩。

・善いことをしても認められないというのは少しさびしい。そういうものだと納得するしかないのだろうか。原発が政治的理由で導入されたのなら、沢山造る必要はあったのだろうか。
私のコメント:報いを求めずにやる、その先にもっと大きな納得がまっていますよ。次回もやりますね。理解してくれている、自分の頭で考えてくれている証拠ですね。

・原発は、経済的な利益や技術的な理由ではなく、政治的な理由だと言うのは驚いた。先生は日本では、原発がなくても大丈夫と話していたが、だったら何故、福島原発が止まった際に東電が計画停電までしたのか疑問に思った。
私のコメント:地震で火力発電所が止まったからです。疑問をどんどんぶつけて下さい。疑問は自分で考えている証拠で嬉しいです。

・自分にも言えることだが、日本人というものは非常に流されやすい民族である。現在では脱原発の声が強くなりつつあるが、もし再び原発推進の方向に流されていう事があれば、再び原発推進一色になってしまうのではないか、と思う事があります。「~が言っていたから」、「~が安全だって」という誰かが言っていたからというのが多いと感じます。そうではなく、ある程度自分で考え、専門家等の意見を参考にして自分の結論を出す。そのように出来ればと思いました。
私のコメント:いやー嬉しいです。このコメントが読めて私は幸せ者です。

・1人1人を責めていはいけないと思った。皆が悪いんだと気が付いた。自分の利益ばかりを考えてはいけないと思った。
私のコメント:嬉しい言葉です。私はHAPPYです。そして(本名)さんの気づきがHAPPYへの第一歩です。

・今日の講義を聞いて、日本はアメリカに頼り過ぎていると思いました。まさかアメリカの原発の技術をそのまんま使っていて、しかもそこから何もアレンジを加えないとは。過去のツケが今来ていると先生が言っていましたがまさにその通りだと思いました。
私のコメント:良く聞いていてくれました。有り難う。

・敗戦からずっとアメリカに頼ってきた日本。曖昧な態度もそろそろやめて、国としての在り方を考えたい。問う訳ではなく考えたい。自分も日本人なのだから。
私のコメント:いい言葉ですねー涙が出そうです。有り難う御座います。

・なぜ日本は専門家の意見を聞かないで、ただ反対意見として処分してそれで終わりにしてしまっているのでしょうか。それだと専門家が存在している意味がない気がする。
私のコメント:良い問いですね。どうしてでしょう。覚悟のある人が少ないからでしょうか?

・自分たちが思っている以上に日本と言う国はアメリカに依存しているのだなと思った。
 ちなみに今韓国が日本海の名称を東海にする行動をとっていますが、どう思いますか?
私のコメント:私は反対です。
       ①なぜなら韓国は国内が不安・不満があると「日本反対!!」とまとまろうとするからです。
       ②なぜなら国際表記で認められているからです。如何でしょうか? また、意見を聞かせて下さい。

・たまに何を書いているのか分からない時がある。日本はアメリカに頼りっぱなしで良いのだろうか? まるでジャイアンの後に隠れているのび太のようである。
私のコメント:(意味不明の字に関して)すいませんでした。
       のび太ですが、ドラえもんのいないのび太ですよね。

・私たちの生活はアメリカに頼っているものばかりだと気付かされました。50年前はトレードオフ出来ていたのに今は出来ていない。ビデオを見た時と今では原発導入時に一石を投じた正力松太郎への考え方が変わった気がする。
私のコメント:良かったです講義をして。(本名)くんのお陰でブログに加筆することになりました。勉強になりました。有り難う。

・原発は平和的利用ではなく政治的利用であると前回の宿題の動画で知っていたが、今回じっくりまとめてみても改めて悲しいと感じた。私は原発推進派だが原発導入の事実に政治が絡んでいるのなら、原発なんて導入されなくても良かったのにと思う。なぜなら、私のイメージとして政治的利用=一部の政治家が私腹を肥やすと考えるからだ。つまり国民の代表として国民の事を考えてくれる存在には思えない。50年前の原発利益の中に経済的メリットがないのは初めて知った。知れてよかった。
私のコメント:「知れてよかった」は力強い言葉ですね。とても嬉しいです、聴けて。私腹を肥やすというのは、実は私たちが選挙で「名前を知っている政治家を選ぶ」や「私たちの地域だけに利益をもたらしてくれる政治家を選ぶ」からです。選挙運動で、選挙カーで「名前だけ連呼」をしますよね。私たちの責任でもあります。

・やっぱり日本はアメリカに頼りすぎていたんだなと思ったし、アメリカが力を貸してくれなかったら日本はどうしていたのだろうと思ってしまった。
私のコメント:日本人が頑張るのです。世界中の殆どの国はそうですよ。

・本当に日本は原発を作ってよかったのか?
私のコメント:どうでしょうね。当時は良かった、と私は考えています。

・50年前の原発導入について先生がトレードオフ、利益の所にアメリカの核の戦力下(支配下?)になると書いてありましたが、あれはリスクでもあるような気がしました。アメリカの戦力下になることは、日本の力が弱まり、政府もアメリカに対して弱くなってしまうと思ったからです。
私のコメント:素晴らしい指摘です。その通りになった結果ですね。

・最初の報われる、報われないは「正直者は損をする」と似ていると思いました。歴史を振り返ってみると政府は本当に国民のために存在しているのかと思いました。しかし、無くなってしまったらしまったで日本は駄目になってしまうと思います。これは人間という種の問題なのでしょうか?
私のコメント:その通りなのです。永遠の永久の課題でしょうね。良く気が付いてくれました。

・原発ではなく他の事例で講義をして欲しい
私のコメント:(講義中に前回の「内容を変えて欲しい」と言った人に向けて「どのように?」「どの点が?」などを述べた)OKです。意見聞きました。原発的な捉え方を自分で自分に講義するというのはどうでしょう?講義をそのように利用して下さい。きっと満足できると思いますよ。それとも何か他に理由があれば聞かせて下さい。最後に、今回の講義内容について改めて考えてみましたが、①シラバスに則っている ②事前告知した ③殆どの人が文句を言っていない ことから改正することは出来ません。

・誰を信じる?誰が正しい?どれが希望?まるでわからん。全てが似たり寄ったり。
私のコメント:絶望も真の認識のためには必要です。学問で立ちあがって来て下さい。感情や無関心ではなく。
       

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

    名前:高木健治郎

書いたもの(平成29年度)
哲学(平成28年度)
科学技術者の倫理(平成28年度)
書いたもの(平成28年)
科学技術者の倫理(平成27年度)
哲学(平成27年度)
書いたもの(平成27年)
哲学(平成26年度)
「科学技術者の倫理(平成26年度)
講義録「哲学」
書いたもの(平成26年)
書いたもの(平成25年)
論文(高木健治郎の)
講義録「科学技術者の倫理」(平成25年度)
高木ゼミ『銃・病原菌・鉄』
高木ゼミ全6回『ぼくらの祖国』
教養講座6回分(平成24年度)   講義録21~
講義録「科学技術者の倫理」(平成24年度)     講義録1~15
最新記事
講義録「科学技術者の倫理」(平成23年度)
石上国語教室で行われた講演のレジュメです。哲学が足りなかったのが、福島原発事故の原因の1つではないか、と考えています。

「哲学のススメ2」レジュメ

最新コメント
カテゴリ