哲学第3回宿題レポート 1月14日まで

要件

『国家』 プラトン著 田中美知太郎責任編集 世界の名著7 中央公論社(大学所蔵)  第7巻2まで 492-498頁
 と
『死ぬ理由、生きる理由 英霊の渇く島に問う』 青山繁晴著 ワニブックス者 第8部7から終わりまで 252-271頁

 を読んで以下の問に答えなさい。

 『国家』を読んで
補足:『国家』の冒頭に出てくる「教育」とは、「教育(徳育)=魂を磨くこと=イデアを観ること」であり、知識を覚えてテストの点を取らせることではない点に注意

問1 「囚人」とは現代日本では誰を指しますか
問2 「人形使い」とは現代日本では何を指しますか
問3 なぜ「囚人」を殺すのでしょうか
問4 「囚人」に殺されるのは誰ですか? あるいはどんな人ですか?
問5 (本文中にある)ホメロスの言葉の意味を、現代日本で実例を示しつつ書きなさい 200字以上

 『死ぬ理由、生きる理由 英霊の渇く島に問う』を読んで
補足:この本は硫黄島(いおうとう)へのクルーズの中で行われた講演の記録である そのため拍手等が記されている

問6 白梅の塔の少女達は何をして下さったのですか
問7 私達(現代の日本人)は、なぜ白梅の塔を忘れていたのですか
問8 なぜ、少女達の両親は、「家の墓に引き取らない」というのですか、理由を2つ挙げなさい
問9 なぜ67歳の原発作業員は、お金ではなく命を賭けて作業をするのですか
問10 なぜ、自衛隊員は手を切ってまで素手で作業をするのですか

 『国家』と『死ぬ理由、生きる理由 英霊の渇く島に問う』 を読んで

問11 ホメロスの言葉と青山氏の主張の共通点を述べて下さい 200字以上
問12 プラトンと天皇皇后両陛下(日本の善:ロゴス)の共通する生き方とは何ですか 200字以上
問13 全てを書き終わっての感想 200字以上

 形式

A4 形式自由(手書、WORDどちらも可)

期限

1月14日まで 但し前週の1月7日でも受け取ります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

    名前:高木健治郎

書いたもの(平成29年度)
哲学(平成28年度)
科学技術者の倫理(平成28年度)
書いたもの(平成28年)
科学技術者の倫理(平成27年度)
哲学(平成27年度)
書いたもの(平成27年)
哲学(平成26年度)
「科学技術者の倫理(平成26年度)
講義録「哲学」
書いたもの(平成26年)
書いたもの(平成25年)
論文(高木健治郎の)
講義録「科学技術者の倫理」(平成25年度)
高木ゼミ『銃・病原菌・鉄』
高木ゼミ全6回『ぼくらの祖国』
教養講座6回分(平成24年度)   講義録21~
講義録「科学技術者の倫理」(平成24年度)     講義録1~15
最新記事
講義録「科学技術者の倫理」(平成23年度)
石上国語教室で行われた講演のレジュメです。哲学が足りなかったのが、福島原発事故の原因の1つではないか、と考えています。

「哲学のススメ2」レジュメ

最新コメント
カテゴリ