スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

講義録9-2 学生コメント集


学生が書いた感想などと高木の返信をまとめたものです。

 学生の書いた本文はそのまま、とします。高木が補足する場合は()を付けます。○は学生のコメント、★:は高木のコメントです。△は補足です。考察をつける場合もあります。

 全体の傾向

:ミート・ホープ事件の真相が知れた
:ミート・ホープ事件に対する様々な感想
:親が地獄なら天国で楽しめない
:内部告発をする、しないが半々くらいでした

 が主な傾向です。
今回は純粋に感想を聞く項目がなく、質問が少ないので以下の問題の感想をそれぞれ抜粋します。最初に質問から答えます。


○質問、何を食べたら良いと思います?

★若い時は色々な加工食品などを食べても比較的大丈夫だと思います。私も実際マックやカップラーメンを良く食べていました。しかし、年齢を重ねると、なかなかしんどくなります。最近はなるべく食品添加物、特に「たんぱく加水分解物」や「リン酸塩」の入っていないもの、有機のものを食べています。すると、便通がよく、寒い時期も寒さに影響されることが少なくなりました。そういう状態でカップラーメンを2,3個食べると、おならが頻繁に出る、おならが臭くなる、便通が定期的でなくなり、と一発で変わります。私の話ばかりになりましたが、一番いいのは、自分の体の変化を感じることでしょう。どんなものを食べると調子が悪くなるのか、どんなものなら平気なのか、毎回毎回気を付けることでしょう。全体の傾向も大切ですが、1人1人の体は違いますから。

○質問 先生のおすすめの本が知りたいです

★技術者倫理として最もおすすめの本を1冊挙げろ、と言われれば、ジャレド・ダイアモンド著『銃・病原菌・鉄』です。次回やります。軽い読み物なら、沢木耕太郎『深夜特急』第1巻です。今読んでいるのは、池波正太郎著『藤枝梅安』6巻 です。どんな感じのものが読みたい、と教えてもらえれば、もう少し詳しく教えられると思います。

○実例を用いて授業を行ってくれるのと、とても分りやすいので、これからもつづけて(続けて)ほしいです。

★了解しました。実例を持ってくるのに悩んで良かったです。これからも心がけます。

 -問1 ミート・ホープ事件への感想 できれば技術者、あるいは技術者倫理の視点から

○自分がテレビを見た時は、単純に食品を偽装して社長が逮捕された事件だと思ってはいたが、赤羽さんの内部告発のことを知り、行政にも責任があるのではないかと思いました。ろくに調べもせず、面倒なことを放置しておいたのだから社長は、結果として食品偽装をしていたけれども、捨てられるはずの肉を再利用する技術を他に生かすことが出来ればよかったと思いました。

★事実を見つめていくと、報道されているよりももっと複雑な真相が現れてきます。その地点に立って考えをまとめることを忘れないでください。そして報道、特に日本のテレビや新聞だけで物事を判断しないようにするのを忘れないで下さい。自分で考えた良い意見でした。

○確かに食中毒もなく健康に害が無かったようですが、取引先、消費者に対して、詐欺をしていたのと(は?)変わらないのではないかと思いました。また、赤羽さんは長野に一人暮らす、と聞いてせめて孤独であってほしくないと思いました。

★詐欺という視点は忘れてはならないですね。その詐欺をしないように技術を生かせたのなら、と思います。大切なのは独創的な技術、新しい技術は社会のこれまでの法律によって阻害されることがある、という点です。これは次回やります。一緒に考えましょう。赤羽さんは本当にそうですね。孤独であって欲しくないし、是非とも顕彰して欲しいです。真っ当な意見と心優しい意見有り難う。

 -問2 (あなたがキリスト教徒に入信した場合に起こる問題。キリスト教の最後の審判を真実とする) 
     キリスト教徒に入信していない親が地獄で永遠に苦しむのに、あなたは天国で永遠に楽しめますか

○私は溜息をつきながら一緒に苦しんでいると思います。一時の苦しみなら、のうのうと天国にいるかもしれませんが、永遠となると流石に楽しんでいられないです。

★思いやりの深い意見、嬉しいです。生きている間にも親への感謝を現したいですね。私もそのようにしたいです。

○私が親が天国に行けなかった理由を聞いて、そこで自分が納得するか否かだと思う。

★そうですね、この答えにも一理あると思います。納得。納得。うーん。私は○○くんの意見に若さを感じます。若い時の私も同様に答えていたと思うからです。現在の私は歳を重ねて、納得と情の部分が分離してきました。納得できれば「親は可哀想である」という情は抑え込めるでしょうか。永遠に・・・。誠実な意見だと感じました。有り難う御座います。

○そもそも天国に行く気が無いし、行くつもりも無い。

★斬新な意見です。問には答えていませんが、こうした解答もありです。私が聴いたのは仮定法です。ですから、それに個人の信念で解答するのはお門違いです。しかし、私は、何故天国に行く気が無いのか、を聴きたくなってきました。これを読んだら、是非とも次回の感想に書いてほしいです。

○腐っても自分を産んで育ててくれた親なので楽しめない

★「腐っても」が広がりのある答えですね。なんとも具体的な内容を聴いてみたくなりました。天国のあるなしに関わらず親孝行をして下さいね。遅いですが私は30歳を過ぎてから心がけるようになりました。親孝行、案外自分の心の安定につながるんですよね、やってみると。

 -問3 ミート・ホープ事件の全ての結果を知っている上で、当時の赤羽さんの立場に立った時、内部告発しますか

○自分の家族を本当の意味で守ることができると思うので、内部告発する

★本当の意味で守ることができる、が深いですね。感服しました。

○家族に話をして職を失うかもって伝えるが謝って私は内部告発する

★家族への思いやりの気持ちが書いてありました。何とも心温かくなり、そして勇気ある意見です。

○今でもする。赤羽さんは事実、今でも後悔していなさそうだから。

★赤羽さんは後悔していなさそうでしょうか。複雑な想いを持っていると読めました。是非とも本を読んでみて、そしてもう一度考えてみて下さい。

○私はしない。この話の中ではナンセンスかもしれないが、私だったらこのような人、このような現場からは徹底的に逃げる。知らなくてもいいことってたくさん(沢山)あると思う。

★ナンセンスな意見ではありません。学問でナンセンスな意見というのは事実を踏まえないでイメージだけで語る意見です。少なくとも赤羽さんの意見を踏まえているのできちっとした意見です。その上で個人の行動を考えるのが大切です。きちっと考えてくれました。素晴らしいです。私はどうするか、と言えば悩みすぎて鬱になって退職しそうです。

 以上です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

    名前:高木健治郎

書いたもの(平成29年度)
哲学(平成28年度)
科学技術者の倫理(平成28年度)
書いたもの(平成28年)
科学技術者の倫理(平成27年度)
哲学(平成27年度)
書いたもの(平成27年)
哲学(平成26年度)
「科学技術者の倫理(平成26年度)
講義録「哲学」
書いたもの(平成26年)
書いたもの(平成25年)
論文(高木健治郎の)
講義録「科学技術者の倫理」(平成25年度)
高木ゼミ『銃・病原菌・鉄』
高木ゼミ全6回『ぼくらの祖国』
教養講座6回分(平成24年度)   講義録21~
講義録「科学技術者の倫理」(平成24年度)     講義録1~15
最新記事
講義録「科学技術者の倫理」(平成23年度)
石上国語教室で行われた講演のレジュメです。哲学が足りなかったのが、福島原発事故の原因の1つではないか、と考えています。

「哲学のススメ2」レジュメ

最新コメント
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。