第2回宿題レポート 12月9日まで

要件

『日本史の謎は「地形」で解ける【文明・文化篇】 』 竹村公太郎著 
第3章 日本人の平均寿命をV字回復させたのは誰か 62-77頁を読み以下の問いに答えること

問1 最初の読書後の感想(字数制なし)
問2 最も印象に残った一文(全文書き抜き)
問3 問2の理由
問4 現在、何故一千万人都市東京で水道水が飲めるのか
問5 軍事利用を民間利用に転用した他の2つの事例
問6 液体塩素が公衆の福利を達成するために必要だった3つの要素(例えば自然科学分野で1つ、社会科学分野で2つ)
問7 製造物が公衆の福利を達成するために必要だった例として液体塩素を挙げたが、技術者である著者竹内氏は、後藤新平を讃(たた)え、開発技術者を讃えないのは何故か

形式

A4など用紙自由 形式(手書、WORD)自由

期限

12月9日まで 但し翌週でも減点し受け取ります。


補足

問4 は『日本史の謎は「地形」で解ける【文明・文化篇】 』を参照するとよい
問5 は『銃・病原菌・鉄 (上)(下)』 ジャレド・ダイアモンド著 倉骨彰訳 を参照するとよい
問6 は本文を熟読するとよい
問7 は『銃・病原菌・鉄 (下)』 48-77頁を参考にするとよい

付記:コメントにより問7「液体窒素」を「液体塩素」に訂正致しました。有り難う御座いました。平成26年12月7日午後8時23分
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

問7が窒素じゃなくて塩素だと思います

お礼

> 問7が窒素じゃなくて塩素だと思います

訂正コメント有り難う御座いました。早速訂正致しました。
プロフィール

    名前:高木健治郎

書いたもの(平成29年度)
哲学(平成28年度)
科学技術者の倫理(平成28年度)
書いたもの(平成28年)
科学技術者の倫理(平成27年度)
哲学(平成27年度)
書いたもの(平成27年)
哲学(平成26年度)
「科学技術者の倫理(平成26年度)
講義録「哲学」
書いたもの(平成26年)
書いたもの(平成25年)
論文(高木健治郎の)
講義録「科学技術者の倫理」(平成25年度)
高木ゼミ『銃・病原菌・鉄』
高木ゼミ全6回『ぼくらの祖国』
教養講座6回分(平成24年度)   講義録21~
講義録「科学技術者の倫理」(平成24年度)     講義録1~15
最新記事
講義録「科学技術者の倫理」(平成23年度)
石上国語教室で行われた講演のレジュメです。哲学が足りなかったのが、福島原発事故の原因の1つではないか、と考えています。

「哲学のススメ2」レジュメ

最新コメント
カテゴリ