哲学7-2 学生コメント集

 学生が書いた感想などと高木の返信をまとめたものです。

 学生の書いた本文はそのまま、とします。高木が補足する場合は()を付けます。○は学生のコメント、★:は高木のコメントです。△は補足です。考察をつける場合もあります。

 全体の傾向

:ソクラテスに感銘を受けた
:「無知の知」や「悪法も法なり」の真の意味が知れて良かった
:ソクラテスのようにはなれない
:ソクラテスが神の声が聞こえたのは、そう願っていたから(高木と同じ考え)

 などがありました。


○原発の考え方で先生と同じ事を考えていました。浜岡原発も同じで、しかも浜岡市内は電気代が半額や無料の地域がある、今まで楽をしてきたのに、危険性を改めて知ると原発反対など訴えているので、これが誰のせいなのか改めて考え直してほしいと思いました。

★同じことを考えていたのですね。受益者負担の原則を応用すれば、このような考えに至ると思います。この場合は受益者利益ですけれども。「浜岡市内で電気代が半額や無料の地域がある」というのは、知りませんでした。裏を取ろうとしましたが、どうにもネットでは確認できませんでした。出来たのは以前から知っていた、補助金による浜岡市内の電気代が実質安くなる、ということだけで、電気料金の体系をいじっている、というのは確認できませんでした。
 それよりも何よりも、原発事故の後、「国に裏切られた」とか「東電が全て悪い」という国民の態度は悲惨だと思います。選挙で選んだ代表が「原発を受け入れる」と市議会、市長、県議会、県知事、政府が認めているのに、「国民に責任はありません」という厚顔無恥な態度です。それでいて補助金等は受け取るのですから。そして決定的なのは、自然科学の見地に基づいた合意の形成がなされないことです。今後も考えて行きたいです。

○人間はよくわからないものに対してよくぼうをあてはま(め)るということですね。

★ですね。自然現象が分からない時代に、制御している存在者がほしい、と神を創り出し、そこから社会が安定してくると、権威を持つようにして欲しい、と絶対的な存在者となるなどしました。こういう視点で色々なものを見ていくと面白いですよ。そうすると自然科学の偉大さが、営々と積み上げられてきた営みが解りますよ。是非とも考えて行って下さい。

○なんだかよく理解できていないのか、「無知の知」によると主張をしてはいけないのか、と思ってしまった。主張することで皮肉を返されるなら何もせずに黙っているのが良いのか、そこがわからなかった。

★今回の内容を理解した上で、的確な筋道から疑問を出してくれました。嬉しいです。今回は政治家としてのソクラテスに焦点を当てました。「無知の知」の真の意味は次回の講義で取り上げます。お楽しみに。

○最後の先生の話(女子のくどき方)は、確かにそうだと思いました。ただし、私は重要なことを忘れていると思います。最近の女子は「※ただしイケメンに限る」条件が多いなと思いました。

★女子の人に肯定してもらえると心強いです。次回私以上に女子にモテモテの人が出てきます。違うモテかたです、お楽しみに。「ただし、イケメンに限る」ですが、この言葉は、私の理解では「ネットで持てないニートや引きこもりが自分が持てない理由」として挙げたと記憶しています。どうせ俺は持てないぜ。「でも、女子にもてるために、服装や女子が好むものを研究するのは嫌」という人々が、ダメで努力していないからモテない、というのを直視したくないための良い訳です。この言葉の裏には、男性の、特に拙い男性の自分を卑下する性根と本当はモテたいという欲望があると思います。それがネットで多少一般化してきただけだろう、と想うのです。また、ブサメンでも努力したり、押しが強かったりした人がモテている例を見てきていますから。

○欲望を強く持つことで成功できる人とできない人といますが、その違いはなんなのでしょうか? 努力の違いでしょうか?

★とっても深くて実際的な質問で嬉しいです。私は、まず「成功」とは何を指すのか、によって答え方が変わってくる、と思います。単にお金持ち、社長、地位名誉、というのならば、欲望が強く持つことで成功できる、ということについては、①時代の波、②よき補佐役、③ピンチの時の冷静さ であろうと思います。しかし、成功が「精神的価値」になると途端に難しくなります。時代の波も良き補佐役もピンチの時の冷静さも関係ありません。自己の欲望を徹底して抑え込み、一心不乱に取り組めるかどうか、だと思います。よく言われるのは「馬鹿になれ」という言葉です。将来どうなるか、金がもうかるか、親や友人はどうみるか、などを一切捨てることが出来るかどうか、でしょう。欲望を、欲望を捨てる、程強く持てるかどうか、ではないでしょうか。

○無知を知ったからと言っても何か考えが変わるのか。

★的確で深い問ですね。素晴らしい。是非ともプラトンの著書を読んでみて下さい。次回ソクラテスの解説を終えます。『ソクラテスの弁明』などに手を伸ばしてみて下さい。一生の宝がそこにあることでしょう。

○ソクラテスは「自分の欲望に忠実な人物」とはまた違うのだろうかという疑問も浮かびました。

★その通りです。まさにその通り。ソクラテスは祖国を愛する、祖国を何とかしたい、という並外れた欲望を持った人物です。その欲望が強くなりすぎて、世間から嫌われたらどうしよう、とか、美味しいもの食べたい、とかが置き去りにされてしまったのです。

○祖国への強い愛をもっと上手く別の形として伝えることができたのなら、殺されることはなかったのかなと考えてしまいました。

★確かに言われる通りです。ただ、そうしていたのなら、つまり普通の考え方をしていたのなら、ソクラテスの名を二千数百年後の異国の私達が知ることはなかったでしょう。現在の日本でも、祖国を愛し、もっと上手く別の形として伝えている人がいますよ。私はそういう人達に逢うと、そっと心の中で手を合わせます。

○人物像をみたとき、自分の裕(欲)望が全絶(前面?)にでるのか?が少し擬(疑)問に思えた。

★ソクラテスのように理解不可能な場合に、自分の欲望が前面に出る、と考えて講義をしました。これまで理解不可能な人に会ったことはありますか? 日本ではそういう人は上手く尻尾を隠していますが。能ある鷹は爪を隠す、という諺もあります。

○現代に通じるのか?これらは?民主主義なのだから仲間を増やさなかったのか?そう思いました。

★筋の通った疑問です。今回はソクラテスの政治面にだけ焦点を当てました。次に哲学者としての側面に焦点を当てます。是非とも次回をお楽しみ。次回の感想を楽しみにしています。

○最近、自分の考えを貫き通す人は自分を含めてあまりいないと思いました。良い言い方をすれば頭が柔らかいとも言えますが。考えがコロコロ変わりすぎるのはあまり良くないと思います。自分の事です・・・。

★偉い! 実に立派です。自分で自分に気が付くことが出来、内省している、実に立派です。孔子の言葉の中に

「知徳兼備に優れた人を見たら、自分もそのようになりたいと思い、つまらない人を見たら、自分はどうかと内省する」

という言葉があります(『論語』里仁第四)。コロコロ変わるのは悪くありません。立派な人を見たらそのようになりたいと思う心が大事なのです。

○ソクラテスの祖国愛がすごいのだと思いました。ネットなどで他人の意見の否定ばかりを行う人がいますが、その人達はソフィストを気取っているだけだと思いました。

★感服しました。正確な理解と自分の意見をしっかり持ってくれて嬉しいです。次回の講義で同じような内容を話しさせてもらいます(笑) 安倍総理が解散総選挙に打って出ましたね。ソフィストがネットに溢れています。

○福島の原発が県民の選挙できまったことなのに文句をいう県民がおかしいという話しについて、そもそも選挙が全員一致の考えではない。選挙自体がかわらないことには「責任」は求められない。

★反対意見嬉しいです。では私も考えを述べます。ご意見をそのまま理解すると、「選挙制度がダメだから(全員一致でないから)、福島県民に責任がない」となります。では、現在の日本国が採用している議会制民主主義では、国民に責任はない、のでしょうか? 議会制民主主義における選挙では、全員一致は不可能である、という前提から出発しています。人間が一人一人違うのですから、その違いを認めれば全員一致にはなりません。一人一人の違いを認めない独裁制国家なら全員一致になります。朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)に選挙があります。しかし、全員一致です。そして独裁者が国の運営を独占しています。この場合、全員一致ですから、北朝鮮人民に責任があるでしょうか? 日本人拉致事件の責任があるでしょうか? 金日成の指示で人民が知らぬ間に行った拉致事件の責任が。私はないと思います。早く北朝鮮の独裁体制が崩れ、日本人の拉致被害者だけでなく北朝鮮の民衆という被害者も救われて欲しい、と願っています。また、何かありましたら、コメントを下さい。

○ソクラテスは人として尊敬できる人かもしれない。また「習いは性となる」 この言葉を信じてこれからがんばろうと思った。

★最初の4回で日本人の素晴らしい人々を、続けてギリシャの素晴らしい人々を取り上げていっています。私も襟を正して講義をしています。是非とも素晴らしい人を沢山知っていって下さい。この世には沢山いますよ。有り難いことです。

○有知、無知とは何か

★板書の内容ですね。「有知」とは「知識が有ること」です。「無知」とは「知識が無いこと」です。ソフィストは外見が「有知」で本質が「無知」でした。この意味は、ソフィストはいかにも自分には知識が有り何でも知っているかのように言いふらしているが、その本質では何も知らない、のです。本質で何も知らない、とは祖国のために役立てるための知識を知らない、という意味です。如何でしょうか。疑問が残れば、また質問して下さい。

○時間、時代が進んでも、やってることは変わらないんだなって思った。進歩ってなんなんだろうって思った。

★良い疑問ですね。この言葉を胸にして色々な本を読んでいって欲しいです。そして自分なりの答えを見つけて欲しいです。私は「進歩」とは人の心には使えない言葉、と考えています。技術には進歩が使えますが。

○最近、のどが痛くて治りません。何かオススメの行動はありますか?

★お返事が遅くなりました。他の人の返信をするために少し調べていました。もう治っているでしょうか。私は加湿器を寝る前に付けています。湿度70%位にして寝ます。それと汗ばむ運動をします。その後熱い風呂に入り直ぐ寝ます。最後に、粉末生姜を味噌汁やラーメンの中に入れます。体がポカポカします。一瓶で500円位、一冬持ちます。参考になれば幸いです。

○アネストパネスは今で言う某国のイージスさん的な人だと思う(ユーチューブ)。オススメです。

★オススメ有り難う御座います。見てみました。とっても分りやすくで聞きやすい動画でした。特に『「嫌韓」は終着点ではなく始まりなのかもしれない』という台詞です。今後も見てます。台詞引用元です

「【非韓五原則】 何故か既に発売中!!! 」
https://www.youtube.com/watch?v=rU0X3m5ZWAc

○途中、電話がかかってきて教室内で電話をしている人がいた。せめて外に出て電話をしてほしいと思った。

★そうでしたか、気が付きませんでした。気を付けてみますし、気が付いたら注意します。教えてくれると助かります。

○板書がよく移動するので時系列がつかみづらかったです。

★申し訳ないです。次回は、高木の話す内容を第一にして聞いていて下さい。話す内容を板書するだけですので時系列がはっきりすると思います。

○私は大学に入ってからよく家族の声が聞こえるようになりました。きっとホームシックなのでしょう。

★そうでしょうね。よく講義を理解してくれました。ホームシックは一人暮らしなら大体誰でもかかりますから。それよりも家族への感謝の気持ちを伝え、そして電話などでよく話をして下さいね。

○教員などによく知っているね、と言われることが皮肉なのか分からなかった。

★皮肉、というのは偽の外見を真の本質に引き戻すために言う言葉です。学生「に」よく知っているね、と教員「が」言うと皮肉になります。何故なら、教員の方「が」良く知っているからです。「教員など『に』良く知っているね」ですから、主語を聞き違えたのでしょう。もし違えばまた質問下さい。

○ソクラテスの行動は単に自己満足を求めた結果ではないのかと感じた。

★そうでしたか。私はアリストパネスがソクラテスを誤解したのと同じ誤解ではないか、と読みましたがどうでしょうか。アリストパネスはソクラテスに「かなり世知に長けた、ずるい印象を与える証言」をしています。

○今日は先生のジェスチャーが多かったです。指やうでがたくさん動いていました。

★ほぉ! そうでしたか。それは気が付きませんでした。教えてくれて有り難う。気持ちよく講義が出来たのかもしれません。

○ソクラテスは無限否定性を突き通したから死刑にされたけれど、否定じゃなく、いいことをいっていたらどうなってたかきになります。

★順当な疑問です。それは次を受け継いだプラトンで述べます。楽しみにしていてください。

○大川隆法氏は、どんな欲望を持っていたのだろうかと、ふと考えてしまった。

★講義を理解して、応用で来ていて素晴らしいです。大川隆法氏について私は殆ど知りませんので、なんとも分りませんが、大川氏の志向や結果を過去と現在で比較してみて下さい。何か見えてくるかもしれませんよ。

○やつあたりで死ぬことになったソクラテスはとてもくやしかったろうなと思った。

★思いやる気持ちが強いのですね。ただ、ソクラテスは全く「くやしい」はなかったです。彼がもし悔しかったのなら、途中で止めていたでしょう。長年欲してきたので覚悟を決めていたのです。その覚悟が肉体の死も他人への憎しみも超えてしまったのです。そういう人々が日本人にも沢山いますよ。実に清々しく肉体の死を超えていくのです。私にはとてもとても出来ません。素晴らしい人がいるのです。

○ソクラティス(ソクラテス)の裁判のあたりから黒板に書く内容がざつになってきてませんでした?

★なっていたのでしょう。申し訳ないです。自分では気が付きませんでした。このブログの哲学7-1を読み返してください。

○もし神の声が聞こえたら、自分の人生にどのような影響を及ぼしていたのだろうと思っていました。

★思って「いました」ですね。講義の前から思って「いました」ですね。では今回の講義の内容で答えが知れた、という意味でしょうか。前文の「今日の授業を聞き、神の声というものが気になりました」では、これまで考えたことがない、と読み取れるのですが。判らないので私の考えを書いておきます。

神の声とは「長年本人が望んできた内容」である。

もし、望んできた内容ではない声が聞こえたのなら、それは「空耳」として直ぐに忘れ去られる。望んできた内容をその時代の言葉で訳せば「神の声」、現代の言葉で訳せば「アイディアが降りてきた」や「ひらめいた」になる。
 以上です。何かあればまた質問して下さい。

○最近、授業を受けるたびに、自分のおろかさに気づいてむなしくなった。なにをすることがよいことなのかがわからなくなった。天を天だと感じることができない人間に哲学は無理だと思った。

★まず哲学の第一歩を踏みましたね。自らへの絶望、世界への絶望が哲学の、思想の第一歩です。その絶望を胸に本を読み、人の中に入り(表面上仲良くしろ、とは言いません)、多く事を見て下さい。私はあなたのような人こそが哲学が出来ると考えています。

○黒板が見やすくて良かった。

★珍しいコメント、有り難う御座います。以後も頑張ります。

○ソクラテスの人間像の説明が分りやすかったが、字をもう少し丁寧に書いてほしいです。

★有り難う御座います。気を付けます。毎回ですが本当にそう思ってはいるのです。

○本日の授業は、今の自分のなやみに対して考えさせる内容が多く、聞いていてつらかったが、そういう考え方もあるのかと思う部分もあった。

★そうでしたか、悩みの内容は分りませんが、視点を変えるとガラリと替わることもあります。参考になったのなら幸いです。次回の講義もそうなることを願って頑張ります。

 以上です。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
科学技術者の倫理(平成29年度)
書いたもの(平成29年度)
哲学(平成28年度)
科学技術者の倫理(平成28年度)
書いたもの(平成28年)
科学技術者の倫理(平成27年度)
哲学(平成27年度)
書いたもの(平成27年)
哲学(平成26年度)
「科学技術者の倫理(平成26年度)
講義録「哲学」
書いたもの(平成26年)
書いたもの(平成25年)
論文(高木健治郎の)
講義録「科学技術者の倫理」(平成25年度)
高木ゼミ『銃・病原菌・鉄』
高木ゼミ全6回『ぼくらの祖国』
教養講座6回分(平成24年度)   講義録21~
講義録「科学技術者の倫理」(平成24年度)     講義録1~15
最新記事
講義録「科学技術者の倫理」(平成23年度)
石上国語教室で行われた講演のレジュメです。哲学が足りなかったのが、福島原発事故の原因の1つではないか、と考えています。

「哲学のススメ2」レジュメ

最新コメント
カテゴリ