哲学3-2 学生コメント集

 学生が書いた感想などと高木の返信をまとめたものです。

 学生の書いた本文はそのまま、とします。高木が補足する場合は()を付けます。○は学生のコメント、★:は高木のコメントです。△は補足です。考察をつける場合もあります。

 全体の傾向

:日本の素晴らしさを知った。日本の真・善・美が理解できた
:日本に生まれて良かった
:国旗と国歌について知らなかった。恥ずかしい。
:日本について知ればもっと誇りを持てると思う
:自分で調べてみようと思う (国旗、国歌、『古今和歌集』など)

 などがありました。

 考察

 今回は肯定意見が多くびっくりしました。特に教員への違和感を発した学生は、わずかに2名。少なすぎると思います。何が原因か考えてみたいです。

 
○本心って清いものですか? はら黒いというくらいなのできたないイメージがあります。そうすると、「清い本心から」は、「いつでも立て(建)前で」みたいと思いました。

★素晴らしい疑問ですね。昔の人も自分の本心は清いのか濁っているのかを思い悩んだことでしょう。同時に他人はどうか?とも。誰でも思うことです。では、「どうして本心を清い」としたのか?という視点で本を読んでみると深まると思います。『論語』、『聖書』、『古事記』などがお奨めです。また、『孟子』の四端の考え方も気にかけてみて下さい。

○今日の授業を受け、先生が最後の方に「泣きを見ている人がたくさんいる」という言葉が印象に残りました。ニュースなどを見ても政治の話ですが、日本はしたてにですぎている(下手に出過ぎている)と思います。どうすればよくなるのか・・・

★善い点に着目してくれました。その着目点を忘れずに講義を受けていって下さい。私の考えはこの後に出てきます。・・・では返信にならないので、2点だけ。日本の経済力がもっと上がることです。同時に、道徳教育を通して国民の道徳を高めることです。道徳に反することはしない、という常識で色々と考えていけば、歪んでいる情報などが直ぐに見えてくるでしょう。一緒に考えて行きましょう。

○先生の日本を聞いていると日本を素晴らしくて他の国はそんなことないとバカにしているようにきこえる。一種の宗教みたいだと思った。

★健全で素晴らしい指摘です。良く書いてくれました。私は反省しました。有り難う御座います。講義中に3回は述べたと思いますが、「日本の善」は日本国内だけで通じることです、ということです。この立場を使い諸外国の善を批判する、というのは政治の手段としては可能ですが、学問としてはありえない、のです。また、思ったら教えて下さい。次に、「ではどういう国が素晴らしい国なのか?」を考えてみて下さい。

○先生の国家や国旗の意味についての説明にはこじつけが多く含まれているように感じた。また、自国と他国の比較にもなんとなく日本の方が優れているとでも言いたいようなものが感じられた。

★とても健常な意見だと思います。有り難う御座います。上の人も言っていますが、これまでとは違う価値観、意見が出てきた時に「本当かな?」と疑うのは重要なことです。今後も大切にしていって下さい。「説明にはこじつけが多く含まれているように感じた」とあります。私の方は出典を挙げていますし、ブログにも『古今和歌集』を始めとして色々と説明の基礎を提示しています。「感じた」ことは大切なことです。是非ともそれらを読むか、他の出典や基礎を探して自分なりの意見を書いていって下さい。どういう説明ならば国旗や国歌の説明としてすっきりするのでしょうか? それが○○くんの「私とは何か?」を探す、つまり「私の善」を探すことになると思います。この講義を踏み台にして、御自身の考えを深めていって下さい。

○一番前で黒板を見てノートに書いたが、難しい漢字に限って読めなかったです。

★大変申し訳ないです。折角一番前に座ったのに。どうしても熱くなると漢字が雑になってしまいます。次回気を付けます。それと教室を回っている時に、ヒョイ、と「どうやって読みますか?」と言ってください。大きく書き直しますので。

○あいさつ(挨拶)において、「おはよう」の意味は何ですか?

★こうして疑問が出てきた時、是非とも御自身で調べるようにして下さい。・・・で終わりでは何なので。語源由来辞典がネットで利用できます。これによると、「お早く○○ですね」の「お早く」だそうです。これが転じて「おはよう」だそうです。以下にリンク先を載せておきます。

http://gogen-allguide.com/o/ohayou.html

○日本は何故弱いと言われたアメリカに負けたのでしょうか?(私はアメリカが強かったという点でしか知らないので)
○先生はこれからの日本はどうすべきとお考えですか?

★講義を聴き、御自身の視点で疑問を出している、点で素晴らしいです。多分後者の点についてはご意見があるのではないかと思っています。それでは前者から答えていきます。

○日本は何故弱いと言われたアメリカに負けたのでしょうか?(私はアメリカが強かったという点でしか知らないので)
★ハワイを世界初の航空兵力による戦艦撃沈を成し遂げた成果を戦略上に生かせなかったからです。いわゆる真珠湾攻撃の後、ハワイを併合しませんでした。戦争前にハワイ王室は日本への併合を望んでいましたが、それを置いておいたのでアメリカに強制併合のような形になってしまいました。この点では政略の失敗です。ハワイを取ればアメリカは南半球の島々から出て来ざるをえなくなり、太平洋は完全に日本のものでした。そこで勝負あり、だったのです。以上のハワイ併合の政略の失敗、戦闘を戦略に生かせなかった点が挙げられます。戦闘を戦略に生かせなかった点については、

兵頭二十八著『パールハーバーの真実 技術戦争としての日米開戦』

で魚雷などについて説明されています。

○先生はこれからの日本はどうすべきとお考えですか?
★私は日本が経済発展と技術革新を続けつつ、世界の大国として平和と安定に寄与できる国家になるべき、と考えています。具体的には、現在の安倍首相が掲げる「経済再生」、「教育再生」、「外交再生」を支持しています。もちろん、幾つかの点で疑問符は付けざるをえませんが、最初の行で書いた大枠を堅持すべきだと考えています。私の「世界の大国として平和と安定に寄与できる国家になるべき」という意見は、民主党政権が続いていたら逮捕の対象となったかもしれません。名前は何度も変わりますが当時は「人権擁護法案」というのがありました。中華人民共和国の共産党が人民を支配するために「殆ど前提なしで逮捕、拘束」できる権限を持っています。その最初の一歩がこれだったのです。そして民主党は中華人民共和国の属国として日本を位置づけようとしていました。私とは全く正反対の考え方です。私はこれに反対です。補足は要らないかもしれませんが、私と反対の意見の人を、それだけで排除するのに賛成できません。良い質問を有り難う御座いました。

○こんばんはも今晩はということですか? おはようやおやすみは何ですか?

★沢山の質問嬉しいです。折角疑問が出たのですから、御自身で調べてみて下さい。出来ればネットではなく本で。・・・で終了ではそっけないので、簡単に。こんばんはは「今晩は」だそうです。おはようは「お早いですね」、おやすみは「やすみます」に「お」がついたのだそうです。出典はネットにありました。語源由来辞典

http://www.gogen-allguide.com/ko/konbanwa.html

○体は先祖から与えられたものなので、傷を付けるようなことをしてはいけません。この場合医療、手術などはいけないことになるのでしょうか? 僕はいけないことだと思っていません。

★真剣な質問有り難う。手術はしてもよい、と考えます。というのも、手術で傷をつけるのは体の一部です。もし手術を受けなければ体全身が傷つく=死ぬ、ことになってしまいます。一部と全部の比較をしてみれば手術はしてもよい、と考えられます。ただし、そうではない場合、つまり生命の危機に関係ない場合は手術はあまり良くないことに分類されるのではないでしょうか。

○マイクの音量が少し大きい

★有り難う御座います。次回気を付けます。そして次の時間、少し下げました。助かりました。

○私も私の兄も神様信仰をするつもりはないが、天皇様の話をするときは無意識に敬語を使っている。これも、神話が根づいているからだろうか。

★そうではないでしょうか。敬いの気持ちを持っているのでしょう、心の奥底で。さて、一つ助言をします。天皇陛下に「様」はつけません。最上位の敬語を天皇に使用します。通常の敬語の「様」を使うと、最上位の存在を下に下げることになるからです。ただし、新聞やテレビなどはひどいあり様であります。私も全く知りませんでした。少し気にかけてみて下さい。

○国家・国旗などの意味が教えられなくなったのは何故なのか

★講義中にチラリと言ったと思いますが、日本が強くなるとアメリカが困るからです。アメリカが日本の強さを、高い道徳心にある、と見抜いていました。70年前は資源のない国でした。食糧も自給できず、大きな産業もありませんでした。しかし、高い道徳心と探究心から世界の技術史、科学史に大きな業績を残していました。日本とアメリカの1対1で戦えば負けるとアメリカは知っていたのです。ですから、日本人から言語を奪い、古典を奪い、歴史を奪い、皇室を奪おうとしました。そうやって「自分の欲望しか考えない人」にしようとしたのです。自分のことしか考えない人間ばかりになれば、どうなるか。神話の奪われた国々を見れば判るでしょう。先日TVでちらりと見ましたが、ブラジル人の悩みとして最も高い割合が治安問題でした。子供を一人で公園で遊ばせられないそうです。強盗や強姦も多発しているそうです。そう考えると現在の日本に、どれだけ「自分のことではなく日本のことを考えている人がいるか」が判るのではないでしょうか。1人1人のお名前は解らなくとも。手を合わせる想いです。如何でしょうか。

○物には色々な解釈があり、それには時代や考えが入りまじっているもので、どれが正しいというわけでは無いということがわかり、おもしろかったです。

★講義の深奥を理解してくれ嬉しいです。これから「では、どれを正しいとするか」を考え選んでいって下さい。正しい、を持たない人は誰からも信頼されないからです。この講義がその踏み台の1つとなれば幸いです。

○君が世(代)は歌の対象によって意味が変わるときいたことがありますが、この場合は国を対象にした歌ということでしょうか?

★まず、国歌として選ばれたのですから、国を代表する歌です。当然ですが、その意味で国が対象になります。次に歌詞が国を対象にした、という点ですが、「君が代」の意味とは「藤原の摂関政治」のように権力(藤原氏)と権威(皇室)を分離して平和で安定した現在の日本の体制、という意味になります。この意味で国家の体制を指しますから、国が対象になります。この真意が込められているのが『古今和歌集』の「大君は」から「君が代は」に歌詞が唯一換わった点です。「大君」とは父親や当時の天皇陛下や恋人などを指す場合がありました。それを「君が代」にして明確にしたのだと考えます。如何でしょうか。歌の対象によって意味が変わる、という出典などが分かれば、もう少しお答えできると思います。ただ、後は御自身で考えてみるのも良いかもしれません。

○いつも通り、授業はおもしろかったです。もう少し字を見やすくしてもらえれば嬉しいです。(前から3列目)

★申し訳ないです。ご助言有り難う。次回気を付けます。

○日本は個人主義になりつつある。外国の影響で、と言っていましたが果たして? 震災の時は皆、力を合わせてのりきった事もありますし、日本人特有の性質は今はまだちゃんと残っています。日本の性質にも良い所はありますが、悪い所だってあります。また外国の資本主義にも良い所もあって悪い所もある。世界がここまで発展したのは資本主義の影響も無くはないと思います。私は日本は外国の良い所を吸収してより良い国になろうとしていると思う事にしています。日本の政治家はすごく心配になりますが、国民の一人一人がどう考えるかが、大事だと思います。

★堂々たる意見、感心しました。有り難う御座います。仰る通りで賛成します。震災の時のこと、これから講義で触れていきます。その時にまた何か感じることがあれば教えて下さい。ここまでの意見が書けるのですから、是非とも以下の本を読んでみて下さい。

小川榮太郎著 『最後の勝機(チャンス)』 特に第1章「保守は安倍首相に甘えてゐないか」

ガツン、と頭を殴られ、反省している所です。

○君が代についての問4の答えは以前ネットで見たことがあり、そう書いたが違うのだろうか。そこが気になる。

★とても良い疑問ですね。是非とも調べてみて下さい。ネットは即効性があり利点ですが、調べる場合はきちんと本を出典として下さい。私は国旗国歌についてはある図書館で30冊程目を通しました。そして自分なりの解釈をえました。関係する箇所だけを読むので30冊とはいえ4時間程度で済みました。是非とも御自身の解釈を創っていって下さい。

○日本国旗の、白、赤、の意味が出てきた。神話から意味が引用(?)されてきていたが、色の持つ意味とどちらが先に出来たのか気になった。

★素晴らしい疑問ですね。是非とも御自身で調べてみて下さい。私の調べた限りでは最初の国旗として使用されたのは「:701年、文武(もんむ)天皇が新年の祝賀をうける儀式で使う(形状異なるとの説あり)」でした。その際、赤地金丸であった、という説がありました。ただ、その後「
:文永11年(1274年)、蒙古襲来時に、日蓮、法然上人がそれぞれ「南無妙法蓮華経」、「南無阿弥陀仏」と幟に勝利祈願の幟を立てている。
:14世紀、最古の「日の丸(白地赤丸)」が現存
:14世紀~16世紀、「日の丸」の広範囲の使用
」とありました。この際、「日の丸」を白地赤丸に定着させたところに神話がある、と考えます。つまり、色の選択時に神話が大きな根拠となった、ということです。

○他国の考え方や文化と比べると、日本は平和や協力が大好きな国だと感じました。これは日本が島国で陸で他国同士がつながっていないため、考え方や文化が大体、皆同じだという環境にあったからなのかなと思いました。また、他国の考え方が少し過激であるのは、陸つながりで人の行き来が激しく、きちんと主張をしなければわかりあえないという環境で生きてきたからなのかと思いました。

★その通りだと思います。環境から捉える素晴らし意見です。講義中にも言い、上の質問への返信でも書きましたが、繰り返します。環境の違いを無視して、日本の善から諸外国の善を非難すると言うのは、学問上誤った考え方です。今回私が述べたのは、まず日本の真・善・美を知らないと、古代ギリシャの真・善・美が判らないということで例を挙げました。古代ギリシャはこれまた面白い善があります。今後講義を聴きながらまた思ったことを投げかけて下さい。

 以上です。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

    名前:高木健治郎

書いたもの(平成29年度)
哲学(平成28年度)
科学技術者の倫理(平成28年度)
書いたもの(平成28年)
科学技術者の倫理(平成27年度)
哲学(平成27年度)
書いたもの(平成27年)
哲学(平成26年度)
「科学技術者の倫理(平成26年度)
講義録「哲学」
書いたもの(平成26年)
書いたもの(平成25年)
論文(高木健治郎の)
講義録「科学技術者の倫理」(平成25年度)
高木ゼミ『銃・病原菌・鉄』
高木ゼミ全6回『ぼくらの祖国』
教養講座6回分(平成24年度)   講義録21~
講義録「科学技術者の倫理」(平成24年度)     講義録1~15
最新記事
講義録「科学技術者の倫理」(平成23年度)
石上国語教室で行われた講演のレジュメです。哲学が足りなかったのが、福島原発事故の原因の1つではないか、と考えています。

「哲学のススメ2」レジュメ

最新コメント
カテゴリ