スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

哲学15-2 学生コメント集

 学生が書いた感想などと高木の返信をまとめたものです。

 学生の書いた本文はそのまま、とします。高木が補足する場合は()を付けます。○は学生のコメント、★:は高木のコメントです。△は補足です。考察をつける場合もあります。

 -考察-

・自己への反省(省察)をした
・幅広い色々な話が面白かった
・ロゴスが解った人と解らなかった人が半々くらい。
・プラトンが興味深かった
・日本人であることを自覚した
・日本の成り立ちが印象に残った
・ブッダに感動した

 などの意見が多かったです。


○自分が考えることを改めて浅いと思いしらされました。

★誠実ですね。だから大学の高いお金を払う価値があるのですね。また、ソクラテスの無知の知に通じると感じました。

○母Aと大岡さんの話で様々なことを考えることができました。哲学を難しかったですけど自分に新しい考えを持たせることができました。

★嬉しいです。自分の頭で考えること、大学の勉強として最も大切なことです。今後も大切にしていって下さい。楽しかったでしょうか。

○けっきょく、幸せの定義は人それぞれ違って、自分が正しいと思っていることが相手にとって傷つくことかもしれない、と実感した。哲学者の考えは素晴らしいと思うが、完全に正しいと思う考え方はなかった。

★この世に、人間が知れる範囲に「完全に正しい」があるでしょうか? 是非とも考えてみて下さい。私はない、と思っています。狩野亨吉(かのうこうきち)は「価値などは人間がグループを作る上での指導的なものに過ぎない」と言っています。良ければ読んでみて下さい。

○哲学の講義を受けてみようかなと、軽い気持ちだったけど、今は受けてよかったと、受けなきゃ損だと思いました。

★涙が出ます。一生懸命やって良かったです。ただ、講義は単なる料理屋のメニューに過ぎません。料理は本です。是非とも味わってください。誰か1人でも心にひっかかる哲学者はいましたでしょうか。

○ぼくは日本にある「3ヶ月という優しいウソ」が好きです。

★確かにそうですね。私も好きです。

○(問5「最も印象に残ったこと」で)「自然的存在論のロゴス」と「イデア論」です。「それロゴスだ!」みたいに友人との会話に時々登場しますw

★www 嬉しいです。日常会話に入り込める、とっても嬉しいです。

○今を生きるとはどういうことなのでしょうか? また、今日という日を精一杯(最高)にするためには、どういうことをすればよいのか気になります。

★難しい質問ですね。私も毎日のように考えています。答えとして禅と実存(哲学)とは異なります。興味があれば調べてみて下さい。次に私の考えです。今を生きるとは、未来を考えず、過去と比較せず、他人を気にせず、ただひたすらに、「したいことをする」です。「したいことをする」ためには「しなければならないこと」をやっておかなければならない、のも忘れないでください。私はこの講義の予習は「したいことをする」でした。楽しかったです。もしよかったら以下の本を読んでみて下さい。ヒントがあるかもしれません。98通りの答えが書いてあります。

磯田道史著 『日本人の叡智』 新潮新書

○(問5で) ソクラテスが処刑されるまで自分の考えを貫いたところ

★偉大な人物ですね。同じ人物は沢山います。例えば、日本人でも世界平和、人類対等のために命を捧げ大東亜戦争を戦った英霊の方々も記憶しておいて下さい。

○肯定→行動→気づきはとても良いと思った。日常生活でもつかってみようと思う。

★是非とも。私も子育てなどで使っていますよ。講義でも問を出してみんなに考えてもらう、という工夫も同じです。仕事でも人間関係でも使えるのではないでしょうか。

○生と死に対してどう向き合えばいいのかが理解できた授業だった。

★?!そうでしたか。私はそういう意識はなかったです。○○くんの読み取る力があるのだと思います。

○日本に宗教がないのではなく、日本人が基準などを知ろうとしないだけで、日本人の精神の深い所にも宗教の影響がしているという事。

★この講義の最も大きなテーマをきちんと理解してくれて嬉しいです。自らへの深い反省、の手助けになったれば何よりです。

○新しいアニメが初(始)まったので何を見ますか。

★ハンターハンターとお姉ちゃんが来た、でしょうか。薦めてもらったアニメも見ようと思っています。有り難う。

○先生の昔の恋愛の話が、とても面白かった。心理的な恋愛のかけ引きの話がとても面白かった。座る位置や接し方などとても参考になった。この講義のおかげで、彼女が、できたかもしれないです。

★?!ぇ! びっくりです。すごいです。哲学の目標が「より善く生きること」ですから、恋愛も範疇に入ります。自分と異質の存在者とどのように関わるか、どう考えるか、も哲学のテーマの1つです。が、それを上手くいかせたのなら○○くんの力です。できるかできないか、ではなく他人との関わりを考えるきっかけになったのなら嬉しいです。

○(問5で) 先生が末期ガンを期末ガンと書いたこと。

★そうでしたか、指摘有り難う御座います。末期ガンに訂正致します。

○先生の話がわかりやすく、また、おもしろかったので、とても授業が受けやすかったです。

★有り難う御座います。授業案を何度も作り直して良かったです。3年生に「科学技術者の倫理」がありますから、良かったらどうぞ。

 以上です。

 哲学の講義録は以上となります。ご拝読の程、誠に有り難う御座いました。

                      平成26年(皇紀2674年) 2月15日 大雪の日に

                                   高木 健治郎



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
哲学(平成28年度)
科学技術者の倫理(平成28年度)
書いたもの(平成28年)
科学技術者の倫理(平成27年度)
哲学(平成27年度)
書いたもの(平成27年)
哲学(平成26年度)
「科学技術者の倫理(平成26年度)
講義録「哲学」
書いたもの(平成26年)
書いたもの(平成25年)
論文(高木健治郎の)
講義録「科学技術者の倫理」(平成25年度)
高木ゼミ『銃・病原菌・鉄』
高木ゼミ全6回『ぼくらの祖国』
教養講座6回分(平成24年度)   講義録21~
講義録「科学技術者の倫理」(平成24年度)     講義録1~15
最新記事
講義録「科学技術者の倫理」(平成23年度)
石上国語教室で行われた講演のレジュメです。哲学が足りなかったのが、福島原発事故の原因の1つではないか、と考えています。

「哲学のススメ2」レジュメ

最新コメント
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。