スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

哲学10-2 学生コメント集

 学生が書いた感想などと高木の返信をまとめたものです。

 学生の書いた本文はそのまま、とします。高木が補足する場合は()を付けます。○は学生のコメント、★:は高木のコメントです。考察をつける場合もあります。

 -考察-

・イデアがよく分かった(圧倒的意見)
・運動方程式の例は納得した
・だんだん難しくなってきた
・クラスによる理解度のばらつきが出てきた

 が考察です。クラスによるばらつきはなぜ生まれるのか、少し考えてみたいです。では学生の皆さんの質問、意見です。


○先生も艦これをやっていますか?

★艦これをやっていました。課金せずにです。お気に入りは加賀さんです。

○ダイヤモンドは化学的にみると炭素だから、シャーしん(シャーペンの芯)と同じです。つまり、たかがシャーしんに何百万もかけるってどう思います?

★希少価値から観れば何百万もあるのでしょう。人工ダイヤモンドが作られるようになりましたが、まだまだ10分の1程度のお金が掛りますから。世の中、化学的だけでは割り切れない、というよい実例として使っていきましょう、と思っています。

○最近とてもむずかしくなってきた。でも他の授業では学べない事が多くてとてもたのしい。

★難しいけれど学べて楽しい、という言葉、誉め言葉に受け取りました。とっても嬉しい一文を有り難う御座いました。やる気が出ました。

○授業を受ける度に哲学が嫌いになる。なぜだろう。

★それは哲学の内容を理解しているからではないでしょうか。理解しなければ嫌いにも好きにもならないでしょう。そして哲学は、講義録で述べているように日本人の思想と全く相いれない考え方です。全く違う考え方を取り入れるのは、最初に嫌悪感や拒否感が出てくるものなのです。むしろ、なんでも好きです、良かったです、という言葉は理解していないから出てくるかもしれないのです。それでは嫌いになって、お終いでしょうか。それとも自分のものにするまで学びますか? よくよく考えてみて下さい。

○書くスピード早(速)くておいつかなかったり字が小さくて見にくかったです。話すスピードもはやかったです。

★忠告、有り難う御座います。次回気を付けてみます。

○洞くつの話しは、人間世界をうつしているのかのようだった。輪廻転生は、仏教だと、色々な動物に生まれかわったようにあ気がするのですが、どうでしたか。

★仏教の輪廻転生は、神、人、修羅(しゅら)、動物、餓鬼、地獄に生まれかわります。6パターンあるので「六道(りくどう)」と言います。動物に生まれかわるのはその内の1つです。

○人と神は関われないという話しがありましたが、キリストはマリアから産まれた神の子、という話しはどうなってしまうのでしょうか。他の宗教も預言者などいますが、これらを否定しているということですか?

★講義を理解してくれた上での質問、大変嬉しいです。曖昧に述べていたかもしれない、と録音している講義を聴きなおしました。正確には述べていたと思いますが、言葉が足りませんでした。
 「人間側から働きかけて何かを神様から引き出す」ことが出来ない、という意味です。つまり、人間が神からの預言者をよこしてほしい、とお願いできない、という意味です。キリストとマリアの例で言えば、「神がなぜマリアだけに神の子を産ませたのか?」と疑ってはいけない、という意味で「人と神は関われない」という意味です。これに対して「お守り」や「お祈り」は人間の意思で神の働きを得る、という意味で「人と神は関われる」という考えを含んでいます。講義録の方で説明しているのでそちらも参考にして下さい。

○バレンタインデーに好きな人にチョコを送るとう決まり (問3 皆さんの身の回りにあるイメージ(影)の例を3つ挙げて下さい。)

★秀逸!な解答です。

○洞くつの話しはおもしろかったですが、火とは何か? また真実とはなにか?本当に真実なのか?追及してみたいです。

★「火とは何か?」は気が付きませんでした。教えて下さり有り難う御座います。是非とも追求してみて下さい。出来れば成果を教えてくれると嬉しいです。素晴らしい着眼点でした。

○洞窟の話が非常に興味深かった。今の世の中、情報であふれかえっているから、このような事例は数えきれないほどでてくるだろうと思った。気付いた人は何を思って自分がその立場にいると思ったのでしょうか。なせ(ぜ)気づけたのでしょう。そこは気になりました。

★とても良い疑問です。私は「知識があったから」と解釈しました。講義録にも書きましたが、自動車の例のように経済的な知識があれば、「自動車はいいぞぉぉぉ!!!」という影に気が付くことが出来ます。

○私たちはこうして転生をくりかえしているのはなぜでしょうか? それが続いているとすると必要とされていることですが、一体、誰に必要とされているのでしょうか? そう思うとやはり哲学は私の理解できない分野です。

★整理して書きます。まず、「私たちがこうして転生をくりかえしている」のは事実ではありません。この場合の事実とは万人の共通性が高い自然科学で認められていないという意味です。さらに「それが続いているとすると必要とされていること」というのも認められていません。ただし、その必要とされている、という点に着目した人がアリストテレスです。次回やりますので、是非とも考えてみて下さい。言葉の定義では以上です。
 次に、プラトンの真意をくみ取って下さい。イデアは愛国心を発揮する手段でしかありませんでした。それを理論体系として弟子が誤解をしました。○○くんの意見も「そう思うとやはり哲学は」の部分に弟子と同じ誤解があるように読みました。野球選手はいい成績を残したいのです。そのために道具を大切にします。道具が大切なのではなく道具は目的を達成するための手段の1つに過ぎません。プラトンのイデア論も転生も同じです。イデア論や転生が大切なのではなく目的を達成するための手段の1つに過ぎないのです。内容に関しては以上になります。
 これを踏まえた上で、どしどし質問を下さい。切り口鋭い質問でした。

○魂の不滅という事は、死んだ時はどこへいくのだろうか。

★プラトン著『国家』第10巻に書いてあります。是非とも読んで下さい。答えを少し書くと裁判官の前に立って、生きている時の行いに応じて、罰や報いを10倍受けます。その後天国、そしてまたこの世です。魂は不滅ですからくるくると回ります。

○先生にお訪(尋)ねします。私たち人間が何かモノを見るとき、3次元ではなく2次元と1次元であるとされています。この考え方は、イデア的存在論と自然的存在論のどちらに入りますか?

★堂々たる質問で嬉しくなります。有り難う御座います。まず確認です。「3次元ではなく2次元と1次元であるとされています」とは、2次元が「網膜(もうまく)」に映し出される像、1次元がグリア細胞などを通して視神経の回路を指すと考えて良いでしょうか。もし違った場合は再び質問を下さい。
 この人間の視覚システムは純粋に物質科学であり、イデア的存在論でも自然的存在論でもありません。講義中の問題で出したように「イデア的存在論ではこれこれのように解釈される」と「自然的存在論ではそれそれのように解釈される」というものです。
 具体例を「人間」で挙げます。「人間」はイデア的存在論では「イデア」と「材料(質料)」が結びついたものと解釈されます。対して自然的存在論では「人間」はロゴスを各自で逸脱できる存在者として解釈されます。

 素晴らしい質問・意見が増えてきました。やりがいがあります。講義録を書き終わった後のご褒美のようです。
 以上です。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

    名前:高木健治郎

書いたもの(平成29年度)
哲学(平成28年度)
科学技術者の倫理(平成28年度)
書いたもの(平成28年)
科学技術者の倫理(平成27年度)
哲学(平成27年度)
書いたもの(平成27年)
哲学(平成26年度)
「科学技術者の倫理(平成26年度)
講義録「哲学」
書いたもの(平成26年)
書いたもの(平成25年)
論文(高木健治郎の)
講義録「科学技術者の倫理」(平成25年度)
高木ゼミ『銃・病原菌・鉄』
高木ゼミ全6回『ぼくらの祖国』
教養講座6回分(平成24年度)   講義録21~
講義録「科学技術者の倫理」(平成24年度)     講義録1~15
最新記事
講義録「科学技術者の倫理」(平成23年度)
石上国語教室で行われた講演のレジュメです。哲学が足りなかったのが、福島原発事故の原因の1つではないか、と考えています。

「哲学のススメ2」レジュメ

最新コメント
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。