スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

哲学6-2 学生コメント集

 学生が書いた感想などと高木の返信をまとめたものです。

 学生の書いた本文はそのまま、とします。高木が補足する場合は()を付けます。○は学生のコメント、★:は高木のコメントです。考察をつける場合もあります。

ー考察ー
 
・江戸時代の識字率の高さへの驚き
・民の実態が時代や社会を超えることへの声
・男女の差への興味

などが多かったです。


○大学に入った理由が世間体だったのですが、今回の授業で大学で何がしたいのかがはっきり見えました。ありがとうございます。

★嬉しいコメントを有り難う御座います。こちらこそお役に立てて嬉しいです。講義の予習を頑張って良かったです。今後も頑張ります。

○男子が大人数で群がる理由を知りたい。

★動物行動学の説明では「男子が共同して狩りや敵と戦ったからである」とするでしょう。男性がゲームを好んだり、言葉の内容を重視するのも同じ理由として説明することでしょう。日高敏隆著『人間はどこまで動物か』と アラン ピーズ (著), バーバラ ピーズ (著)『話を聞かない男、地図が読めない女』をお奨めします。

○問3の答えは?(講義録では問6 「哲学者」を漢字一字で書くと?)

★説明不足でした。「天」です。

○司 (問6 「哲学者」を漢字一字で書くと?)

★なるほど! 素晴らしいです。

○人間の本能について、人は昔ゴキブリに捕食されいたことがあるから本能からゴキブリは苦手というのは本当ですか?

★初めて聞いた説明です。私は違うと考えます。なぜなら、人間が小動物だった時、鳥や爬虫類にも捕食されていたことでしょう。同じ説明が鳥や爬虫類に適用できないのですから、そうした説明は破綻していると考えます。

○妊娠すると足が一本減る意味が分からなかった。

★「足が一本減る」のではなく「歩く時に足が一本になる」という説明でした。話し言葉を誤ったかもしれません。

○どこまでが本能なのか線引きはむずかしいが、だいたいあてはまっていると思えた。

★学問的にとても良い視点ですね。確かに「どこまで本能なのか」は線引きが難しいです。是非とも日高敏隆著『人間はどこまで動物か』と アラン ピーズ (著), バーバラ ピーズ (著)『話を聞かない男、地図が読めない女』を読んで、その考えを深めてみて下さい。

○技術が進んで人間は幸せになったのか(問1 哲学のレポートは何を考えたいか)

★とても良い提案でした。有り難う御座います。

○本能って面白いなって思いました。女って怖いですね。

★男も怖いんですよ。別の視点からすると。色々な視点を是非大学で身につけて下さい。

○「真、善、美」について話してくださいましたが、まだよく分かっていません。・・・(中略)・・・ブログの方で再度、「真、善、美」について書いていただきたいです。

★哲学の講義全体で「真・善・美」についてお話しますので、まだ、良くつかめていなくて当然だと思います。ブログの方で哲学6-1を書きましたので、何か参考になることがあればと思います。ご質問があればコメントをお願いします。

○民主主義ではない最高の主義は何になるんでしょう?

★最高の主義、ですね。実は現代でも決まっていません。先進国では、間接民主主義を採っていますが、それもそれぞれの国の来歴によって変わってきますので、全ての国で最高の主義はこれだ!というのは実はないのです。それを今後考えていくのも楽しそうですね。講義をしながら考えています。是非とも一緒に考えていきましょう。

○男性と女性の関係はこれからどのように変化するのだろうか?について知りたいです。

★難しい質問です。予想をしてみます。男性と女性の関係は、生き残るため=本能による関係が非常に強かったです。しかし、現代日本のように先進国では、女性がいなくても食事ができ、男性がいなくとも生活の糧を得られるようになりました。つまり、互いがなくとも生存できるようになりました。不十分な状態ではありますが。その本能による結びつきが壊れていく中では、個人の感情や判断が大きな役割をするようになるでしょう。ですから、結婚しないなどの選択肢が出てくることでしょう。多様化していく、ということでしょう。仕事の場で男女が平等に扱わなければならない、という法律が出来たのが1986年に過ぎません。これは女性解放運動を数十年やってきた結果ではなく、日本経済が発展して豊かになり、女性も労働者として必要になったからです。これは幾つかのことを教えてくれます。まず、先進国の豊かな状態が男女の社会関係に影響を与えること、思想や社会運動よりも経済の状況が大きな要素であることなどです。この点を見ていくと、今後の男女の関係が予想しやすくなるのではないでしょうか。

○質問を説明の途中に持ってきて欲しい。(他に2名)

★はい。それでは次回、やってみます。

○女性は“二本足で歩くから”おしゃべり好きという考えなら、男性も二本足で歩くのだから、おしゃべり好きにならなければおかしいと思う。

★説明が速かったでしょうか。人間が“二本足で歩くから”女性がおしゃべりなのです。女性は妊娠すると二本足だと不安定になり行動半径が4本足(牛など)に比べて狭まります。ですから餌をとって来てくれる男性を必要とします。その男性は性行為が出来ないので浮気しやすくなり、その浮気を抑止するために女性同士で恋愛の話などのおしゃべり、あるいは食べ物のおしゃべりをするのです。同じく、服や化粧品で男性を引き付けておかなければならない、という本能も出てくる、と動物行動学では説明します。

以上です。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
哲学(平成28年度)
科学技術者の倫理(平成28年度)
書いたもの(平成28年)
科学技術者の倫理(平成27年度)
哲学(平成27年度)
書いたもの(平成27年)
哲学(平成26年度)
「科学技術者の倫理(平成26年度)
講義録「哲学」
書いたもの(平成26年)
書いたもの(平成25年)
論文(高木健治郎の)
講義録「科学技術者の倫理」(平成25年度)
高木ゼミ『銃・病原菌・鉄』
高木ゼミ全6回『ぼくらの祖国』
教養講座6回分(平成24年度)   講義録21~
講義録「科学技術者の倫理」(平成24年度)     講義録1~15
最新記事
講義録「科学技術者の倫理」(平成23年度)
石上国語教室で行われた講演のレジュメです。哲学が足りなかったのが、福島原発事故の原因の1つではないか、と考えています。

「哲学のススメ2」レジュメ

最新コメント
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。