スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

哲学4-2 学生コメント集

学生が書いた感想などと高木の返信をまとめたものです。

 学生の書いた本文はそのまま、とします。高木が補足する場合は()を付けます。○は学生のコメント、★:は高木のコメントです。考察をつける場合もあります。

ー考察ー

 「君が代」と「日の丸」の意味を知らなかったという意見が圧倒的でした。
 「君が代」と「日の丸」の善で現在の世界情勢を渡っていけないという意見半分、いける(周知するなども含めて)が半分という感じでした。物語と来歴の違いをきちっと理解してくれていると感じました。


○よくよく考えると、日本と外国は考え方がここまで違っていたのですね。でもそれは、現在では一体どうなのでしょうか?

★「一体どうなのでしょうか?」は「同じなのでしょうか?違うのでしょうか?」という意味に解釈してお答えします。根本的な部分、つまり物語や来歴では現在も根本的に違います。それが実際の行動となる時、する合わせることが出来ますので、仲良くすることは可能です。これは人間とも共通しますね。違う考え方、生き方、幼年期であっても仕事の上では協調できるのです。飲みに行って本音をぶつけ合うと喧嘩になるかもしれませんが。

○日本のきれいな面だけを見たと思う。

★鋭い意見です。感服しました。物語には真・善・美が書かれていますから、きれいな面だけです。日本の汚い部分も同時に見ていかないといけないと思っています。

○男は右、女は左ではありませんか? 今日の先生は男は左、女は右でしたよ。

★ご指摘有り難う御座います。「男は左」で「女は右」です。

○少し前に話題になった「神様の引っこし」っていう神宮のが何なのか気になる。

★「神様のひっこし」は神宮の式年遷宮(しきねんせんぐう)のことでしょうか。神宮は20年に1回全てのお宮を立て替えます。伊勢の神宮と同じくらい古い出雲大社は60年に1回です。今年は両方が丁度重なる年です。神宮が20年に1回なのは、稲の種籾(たねもみ)の寿命が20年位である、とされています。もし他も質問があれば是非どうぞ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
哲学(平成28年度)
科学技術者の倫理(平成28年度)
書いたもの(平成28年)
科学技術者の倫理(平成27年度)
哲学(平成27年度)
書いたもの(平成27年)
哲学(平成26年度)
「科学技術者の倫理(平成26年度)
講義録「哲学」
書いたもの(平成26年)
書いたもの(平成25年)
論文(高木健治郎の)
講義録「科学技術者の倫理」(平成25年度)
高木ゼミ『銃・病原菌・鉄』
高木ゼミ全6回『ぼくらの祖国』
教養講座6回分(平成24年度)   講義録21~
講義録「科学技術者の倫理」(平成24年度)     講義録1~15
最新記事
講義録「科学技術者の倫理」(平成23年度)
石上国語教室で行われた講演のレジュメです。哲学が足りなかったのが、福島原発事故の原因の1つではないか、と考えています。

「哲学のススメ2」レジュメ

最新コメント
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。