スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

哲学1-2 学生コメント集

学生が書いた感想などと高木の返信をまとめたものです。

 学生の書いた本文はそのまま、とします。高木が補足する場合は()を付けます。○は学生のコメント、★:は高木のコメントです。考察をつける場合もあります。

○なぜ、先生はケータイをもってないのですか?

★きっかけは、大学入学の時でした。初めての一人暮らしで「どうしても必要なものだけ置くことにしよう」と思いました。実家は狭いのに、物が散乱していて嫌だったからだと思います。最初に持っていなかったのは、運転免許と自動車、固定電話(当時はピッチやポケベルの時代でした)、専用の洗濯機、エアコン(備え付けはありましたが使用せず)、テレビ、ビデオなどなどでした。
 固定電話を持たず共有の呼び出し電話や手紙でやり取りをしてしましたが、2年目に固定電話を持ちました。両親が「何かあったらどうするの?」と言うが大きなきっかけでした。運転免許と自動車(バイクも)は現在も持っていません。テレビは一人暮らしの15年以上ありませんでした。専用の洗濯機は2年後に、エアコンは汗疹(あせも)がひどくなり2年目に、持ちました。「ケータイをもっていない」のは、「どうしても必要である」と考えないからです。
 その後、私の生き方が決まってくると、他の幾つか理由が出てきました。ケータイは電話が掛ってくるのです。当たり前ですが(w) すると、何かを考えていた場合、考えが音で切断してしまいます。電話には相手がいますから(当たり前ですがw)、その人と話す口調になり、人と話す思考になります。そうなると考えを忘れてしまうのです。私は東大や京大のように地道にコツコツと積み上げていくタイプの人間ではなく、閃(ひらめ)きやアイディアで勝負する人間なのだと考えています。ですから、ケータイが掛ってくるとアイディアが途切れるので困ってしまうなぁ、と考えました。持たない幾つかの理由の内の1つです。
 ただ1度だけ、家族の用事ために1ヶ月間もったことがあります。用事が終わると、やっぱり必要なかったので止めました。
 他にも理由がありますので、興味を持たれましたら質問なりコメントをください。

ー考察ー

 質問は1つだけでした。残りは全て感想でした。
「難しいと思っていたけれど面白かった」や「聞いていて楽しかった」などの肯定的な感想が8割前後で、びっくりしました。嬉しかったですし、やる気をもらいました。今後もなるべく具体的な問題として、身近な日常生活まで問題を降ろすことを忘れずに講義していきたいです。もちろん、もっとも大切な部分と取り去らないようにします。
 録音した私の声は気持ち悪くて、恥ずかしくで殆ど聞けていませんが、覚えていたので何とか講義録を書きあげました。来週も頑張ります。テーマは「私とは?」です。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

その通りです。

はい。(管理者にしか見えないコメントへの返事です)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ちなみに自分は今三年生で哲学の講義をとってません。
取ろうとしたんですがとれませんでした…
なので毎週講義録を楽しみにしてます。
先生は研究室とかあるんですか?

(管理者にしか見えないコメントへの返事です)


先にご質問からお答えします。

私は非常勤なので研究室はありません。
非常勤全員で使用している部屋はありますが。

もしお話なら、4コマ目の講義の後に食堂や他の教室などで如何でしょうか。私で何かお役に立てれば、と思います。講義の後話しかけてきてください。

そうでしたか、単位取得は出来そうにないんですね。残念です。
けれども、講義を聴いてくれるようなので、その自主的な行動と前向きな気持ち素晴らしい、と思います。
プロフィール
哲学(平成28年度)
科学技術者の倫理(平成28年度)
書いたもの(平成28年)
科学技術者の倫理(平成27年度)
哲学(平成27年度)
書いたもの(平成27年)
哲学(平成26年度)
「科学技術者の倫理(平成26年度)
講義録「哲学」
書いたもの(平成26年)
書いたもの(平成25年)
論文(高木健治郎の)
講義録「科学技術者の倫理」(平成25年度)
高木ゼミ『銃・病原菌・鉄』
高木ゼミ全6回『ぼくらの祖国』
教養講座6回分(平成24年度)   講義録21~
講義録「科学技術者の倫理」(平成24年度)     講義録1~15
最新記事
講義録「科学技術者の倫理」(平成23年度)
石上国語教室で行われた講演のレジュメです。哲学が足りなかったのが、福島原発事故の原因の1つではないか、と考えています。

「哲学のススメ2」レジュメ

最新コメント
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。