講義録9-3 コメント集

 コメント集です。

30枚以上持って帰ってきましたが、少なめにします。
読みやすいように誤字の訂正、ひらがなの漢字への変換などしております。本文の改編は行いません。

全体に多く見られたコメント:原発で知らないことが沢山あった。感心した。


・今回は事故どの事実を見ていったが「事実」を明かすことが遅いことがどうしても気になった。
 パターナリズムになりすぎているのか?
 リスクトレードオフに関してだが、新しいエネルギーを発見できればよいのだが、あるいは新しい火力発電の燃料など
私のコメント:メタンハイドレート、頭に入れておいて下さい。

・ニュースや記事はこまめに見ていたつもりですが、まだまだ自分の知らなかった事実があった事に驚きました。
私のコメント:嬉しく拝見しました。(積極的に見てくれていたということ)

・もう既に原発の事故について全て知っていると思ったのですが、少しだが知らないことがあって驚きです。
私のコメント:!!それは嬉しいです(両方の意味で)。

・みんなの事実に対してのコメントが素晴らしかった。
私のコメント:その通りですね。他の人を認められる(本名)くんも素晴らしいです。

・今日のクエスチョンと通して、自分がいかに日本を楽観視しているのかを痛感した。外圧で情報公開とか駄目すぎる。いっそ政治体制ごと変えなくてはいけないのかと思う。また国民の意識改善も必要に感じた。
私のコメント:問題意識を持ってくれ嬉しいです。

・原発はただ危険であるというだけで反対するのではなく原発がないことのリスクも考えなければならない。両方の視点から考えることが大切である。
私のコメント:その通りなんですよ、まさに

・うつ病の人に対する先生の考え方は的確であると感じました。
 自分の地震がない、落ち込んでいる時などは、大抵、周囲の意見を考えて自分を傷つけてしまっていると言います。そうした人に、今日の自分の思ったことをちゃんと感じるということの大切さを伝えたいと思いました。
私のコメント:嬉しくて涙が出そうでした。心優しい言葉を有り難う御座います。

・リスクトレードオフとトレードオフの違いが分からなかったが、今回はっきりした。人命が関与した場合、結論が出ない、という意見は面白い。
私のコメント:(実名)くんは結論が出るとお考えでしょうか? 来週またやりますね(ということで来週の講義予定に組み込みました)。

・新聞の違いについては前々から関心を持っていました。私は産経が好きで読んでいますが、真逆な? 朝日も読むように心掛けます。
私のコメント:大笑!! しっかりとした自分の考えを持っていて素晴らしいです。より高めていく手助け(踏み台)にして下さい。

・福島原発について知らないことが多く今日初めて知ったことも多かった。コストの話をして頂きましたが、色々と興味深く、自分でも調べてみようと思います。
私のコメント:有り難う御座います。教師冥利につきます。

・Q2,Q3は利益だけで考えるととても難しい問題だと思った。
 お金を考えたリスクだけを考えれば危険だが儲かる。しかし危険を冒さなければ無駄に失われた命もなくなる。命をお金にかえることは出来ないので真のトレードオフは難しいと思う。コストだけを考えて日本を危険にさらすことには本当にイカリ(原文がカタカナ)を感じる。
私のコメント:真のトレードオフの難しさ、について良く気が付いてくれました。ブログに2つに分けで書きました。(実名)くんのコメントのお陰です。有り難う御座いました。

・原発は危険だということばかりニュースでやっているので僕たちもそう思ってしまうと思う。
私のコメント:その通りなんです。これは今までの全く逆ですね。

・書ききるのが無理でした。
私のコメント:時間が少なくなって申し訳なかったです。

・もうちょっと時間が欲しいと思った。
 それと問1のことを理解できていない人が多かった
私のコメント:時間、申し訳なかったです。問1のこと教えてくれて有り難う御座います。参考にしてブログに丁寧に書き足しました。

・東電の会見を見ていると、色々分かるので、ちょくちょく見ています。
私のコメント:USTのこと教えてくれて有り難う(講義録の中に引用しようと思っています)

・IAEAが来るから隠していた情報を公開する、まるで子供のようだ。
 この前テレビで内部告発の人のことをテレビでやっていた。赤なんとかさん?←精肉工場の 授業でやったばかりで覚えていた。
私のコメント:オオ!!出来れば詳しく教えて欲しいです。覚えておいてくれて嬉しいです。

・原発は非常に難しい問題だと思う。
 色々な意見があるので自分ではどうすれば最善なのか分からなくなってしまった。
私のコメント:本当は分からない、こと多いですよね。
       それを受け止めていくかどうか、が人生の豊かさを決めます。多分、社会全体の経済の豊かさも

・前回と同じようにアンダーラインの作業をしていると自分の考えがはっきりしてきたような気がする。
私のコメント:嬉しいです。

・多くの人は「~だと思う」だけだと感じた。
私のコメント:鋭いですね。そこから出発するか、事実から出発するかは大きな分かれ目になりますね。

・原発事故後の事実は、たった2,3か月の話なのに沢山あって驚いた。連日TVでも報道されるが、難しくて全く分からない。No.13~20のプリントも難しい言葉が多かった。事実を正しくありのままに公表してほしいとはよく言われるが、みんなそんなに原発に詳しくてすごいなと思う。私は公表された所で、その意味を理解できないので別に公表されなくても構わない。
私のコメント:社会全体としては公表しなくても構わないでしょうか?
 (続き)
 今日の講義で、静岡の県議の話をした際に、議員を選んだのは君らだと仰っていましたが、私たちはまだ選挙経験が数回です。毎回政党に入れたり、固定概念でしか考えられないのは老人ではないでしょうか。結局ツケというものは何にしても後の世代が継がねばならない課題だと思います。
私のコメント:その通りですね。だから、大切なことがりますね。次回やります。とても心に残る感想でした。読めて良かったです。

・40年前はトレードオフしていたと思う。
私のコメント:素晴らしい捉え方、次回やります。

・自分はあまりリスクトレードオフは好きではない。不完全な技術だからリスクが発生する。ならば、不完全なものは使わなければ良いのである。トレードオフはすべきではない。これは誰もが思っていると思われる。
私のコメント:すべきでない、うーん、素晴らしい考え方です。感心しました。他の考えも認められるようになって下さい。同意しなくて良いですから。

・東電が予想以上に金だけにしか目が向いていないことが分かり、更に失望した。
私のコメント:私企業ですから金だけに向かうことも多々あります。国民の代表となってチェックする原子力安全委員会や保安院が怠けているのかもしれませんね。

・問2で考えた時はトレードオフできない(リスクの方が大きい)と直ぐに判断できたのに、問3で考えた時は、原発のあることのリスクと、ないことのリスク、どちらが大きいのか判断しにくいと思った。トレードオフとリスクトレードオフ、どちらを考えるかによって物事の判断が変わってしまう事もあるんだなぁと思った。
私のコメント:良く気が付いてくれました。だからこそ多角的に観れるようになると思います。

・あまり聞いていませんでした。
私のコメント:問1を見て、こうして講義を受けてくれるのも良いなぁ、と思いました。大学は自分の頭を鍛える所です。お役に立ててうれしいです。

 (問1には、19行びっしり国民の責任と国民の意識のあり方や教育について持論が述べてあった。その上で「私が良いたいのは原発という枝先の問題よりも根本の問題を改善すればよいと思う」と結んである。
 私のコメント:良く伝わってきました。良く書けていました。コメントに賛同して次回やりますね)


 素晴らしいコメント、影響を受けたコメントが多かったので結局長くなりました。
 それでは帰宅して、ご飯を食べて英気を養い、明日の講義に備えます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

    名前:高木健治郎

書いたもの(平成29年度)
哲学(平成28年度)
科学技術者の倫理(平成28年度)
書いたもの(平成28年)
科学技術者の倫理(平成27年度)
哲学(平成27年度)
書いたもの(平成27年)
哲学(平成26年度)
「科学技術者の倫理(平成26年度)
講義録「哲学」
書いたもの(平成26年)
書いたもの(平成25年)
論文(高木健治郎の)
講義録「科学技術者の倫理」(平成25年度)
高木ゼミ『銃・病原菌・鉄』
高木ゼミ全6回『ぼくらの祖国』
教養講座6回分(平成24年度)   講義録21~
講義録「科学技術者の倫理」(平成24年度)     講義録1~15
最新記事
講義録「科学技術者の倫理」(平成23年度)
石上国語教室で行われた講演のレジュメです。哲学が足りなかったのが、福島原発事故の原因の1つではないか、と考えています。

「哲学のススメ2」レジュメ

最新コメント
カテゴリ