講義録10-3 学生コメント集

 学生が書いた感想などと高木の返信をまとめたものです。

 学生の書いた本文はそのまま、とします。高木が補足する場合は()を付けます。○は学生の感想、☆返信:は高木の返信で、別記したい場合は考察をつける場合もあります。また、プリントだけに返信する場合もあります。

○人の思考は新しい方へと進んでいる。技術も新しい物へとなっているが、古い物があり劣る物があるからこそ新しい物へと移れるのではないだろうか?

☆返信:その通りですね。同意です。では、次に「優れる」と「劣る」はどこで判断するか?を考えてみて下さい。

○アメリカを牛耳っているのは宗教と軍需産業と聞いて、アメリカで進行している宗教はキリスト教で「ケンカだめだよ。」のような内容があるの「戦争は良いの?!」と矛盾を感じました。

☆返信:その矛盾がアメリカの幅を生んでいます。幅はブレにつながりますし、反対に挫折にくじけない強さもあります。両面ありますよ。

○VHSとベータのベータが何なのかわからなかった。

☆返信:ビデオの型のことです。VHSよりも画質がよくカセットも小さいなどの利点がありました。

○やはり生物は、子孫を残すことを第一に考えている!?

☆返信:○○くんはどうですか? 私はエロは無くせませんでした。学問で言うと『利己的な遺伝子』という本をお勧めします。動物行動学や生物学の基礎から入るなら『人間はどういう動物か』を先にどうぞ。

○ラブホテルはサービスというより場の提供という感じなので、もうかるのでしょうか・・・。

☆返信:ラブホテルは、休憩システムによって回転率が高いこと、新規参入が風営法で厳しいこと、人間の根本欲求に基づくこと、などの利点があります。そして掃除などだけで維持管理費が安く利益率が極めて高い商売です。『儲けのからくり』シリーズに具体的な数字が載っています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

    名前:高木健治郎

書いたもの(平成29年度)
哲学(平成28年度)
科学技術者の倫理(平成28年度)
書いたもの(平成28年)
科学技術者の倫理(平成27年度)
哲学(平成27年度)
書いたもの(平成27年)
哲学(平成26年度)
「科学技術者の倫理(平成26年度)
講義録「哲学」
書いたもの(平成26年)
書いたもの(平成25年)
論文(高木健治郎の)
講義録「科学技術者の倫理」(平成25年度)
高木ゼミ『銃・病原菌・鉄』
高木ゼミ全6回『ぼくらの祖国』
教養講座6回分(平成24年度)   講義録21~
講義録「科学技術者の倫理」(平成24年度)     講義録1~15
最新記事
講義録「科学技術者の倫理」(平成23年度)
石上国語教室で行われた講演のレジュメです。哲学が足りなかったのが、福島原発事故の原因の1つではないか、と考えています。

「哲学のススメ2」レジュメ

最新コメント
カテゴリ