スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

講義録8-3 学生コメント集

 学生が書いた感想などと高木の返信をまとめたものです。

 学生の書いた本文はそのまま、とします。高木が補足する場合は()を付けます。○は学生の感想、☆返信:は高木の返信で、別記したい場合は考察をつける場合もあります。また、プリントだけに返信する場合もあります。

○友だちがA社(匿名とします)に勤めているので、青色LEDの中村さんに興味があります。先生の立場ではどう考えますか?

☆返信:本年度は、最終講義日に口頭で述べる程度にしようかと考えています。これまでの講義録を載せておきますね。
「講義録15-2 理系の報われなさ、と「はやぶさ」の大成功に観る克服方法と提言」
http://takagikenziro.blog.fc2.com/blog-entry-187.html

○先生はケータイがなくて不便に思ったことはありませんか?

☆返信:持ったことがないので、ないから不便、と思ったことはありません。ただ、今、あったら楽だろうな、と思うことはあります。ですから、出かける時などにいつ必要になるか、ない場合はどう対応したらよいか、を考えるようになりました。

○ケータイを持っていないと事故を目撃して救急車を呼んでくださいと言われたときどうするんですか?

☆返信:どうもしませんよ。考えうる最善を尽くすだけです。○○くんの質問は、極めて限定的な状況を想定して、日常生活を変える、というの質問です。例えば、「死んだらどうするんですか?」と聞かれたらどうしますか? 日常生活でそれに備えている人がいるでしょうか? せいぜい保険くらいでしょう。ちなみに私は保険も入っていません(笑) 携帯を持たない理由はもう1点。携帯がなくても幸せに関係ないと思っているからです。是非、○○くんの幸せには何が必要か、考えてみて下さいね。

○確かに携帯電話って本当に必要なのかな・・・?

☆返信:確かに。現在仕事で必要な人はいるでしょう。私も営業などの仕事をしていれば持つでしょう。親が介護が必要になってくれば持つと思います。私が携帯で問うているのは、「自分の生き方を自分で決めていますか?」ということです。大衆消費社会になると問わない人が多くなれば、日本国全体の行く末さえ左右することになると考えるのです。この講義が少しでもお役にたてますように、と願っています。

○最近話題のレビューサイト(食べログなど)も内部告発の一種なのでしょうか。スタイルは違いますが似ているものを少し感じるような。

☆返信:鋭い視点です。是非文章にまとめてみて下さいね。私の講義では(9)に該当すると思いますが、利用のされ方として内部告発っぽくなることがありますね。

○内部後発について、責務など行動についてでてきましたが、良くわかりませんでした。内部告発は、具体的行動の(1)~(12)でどれに告発したかによって、責務のよっても左右されるのでしょうか?

☆返信:(11)を内部告発、と言います。(1)~(10)、(12)は内部告発と言いません。(A)~(D)の割合によって(1)~(12)が決まります。説明不十分でした。

○内部告発をする人には勇気があってかっこいいイメージがあった。しかし倫理的なイメージが良くても社会的な信頼を得られないことにショックを受けた。倫理と社会は調和できないものなのか、と疑問に思う。

☆返信:システムや手段などを考えていければよいですよね。講義冒頭で話した棚田の例のように。

○女性のモラルヒーロはモラルヒロインというべきでは?と感じた。また、日本で内部告発をしてもリスクばかりでリターンが少ないと感じた。

☆返信:面白い、とても良い指摘です。ではお聞きしますが、「モラルヒロイン」と「モラルヒーロ」との内容の実際の違いはありますか? この問題は単に言葉の問題に過ぎません。問題の本質は言葉の問題ではなく実態の問題なのです。しかし、敗戦後の教育の中で私達日本人は、「言葉の問題」ばかりに目をやり「実態の問題」を観ないようにしてきてしまったのです。「差別だ!」、「人権だ!」という主張です。さらに、フェミニズムが出てきたアメリカの特殊性と実態の問題(ピルの出現)を考えずに、言葉のうわべだけを触るだけに終わってしまったのです。この点について○○くんは鋭い感覚を持っているのですから、さらに踏み込んで調べてみて下さい。後半ですが、内部告発とはリターンのためにやる行動ではないことが理解できたでしょうか。人生の中では、人間の生き方の中で、リターンや自分の利益だけで行動しない人が沢山いることを知って下さい。その上でどう生きるかを考えて欲しいのです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
哲学(平成28年度)
科学技術者の倫理(平成28年度)
書いたもの(平成28年)
科学技術者の倫理(平成27年度)
哲学(平成27年度)
書いたもの(平成27年)
哲学(平成26年度)
「科学技術者の倫理(平成26年度)
講義録「哲学」
書いたもの(平成26年)
書いたもの(平成25年)
論文(高木健治郎の)
講義録「科学技術者の倫理」(平成25年度)
高木ゼミ『銃・病原菌・鉄』
高木ゼミ全6回『ぼくらの祖国』
教養講座6回分(平成24年度)   講義録21~
講義録「科学技術者の倫理」(平成24年度)     講義録1~15
最新記事
講義録「科学技術者の倫理」(平成23年度)
石上国語教室で行われた講演のレジュメです。哲学が足りなかったのが、福島原発事故の原因の1つではないか、と考えています。

「哲学のススメ2」レジュメ

最新コメント
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。