追記記事「5つの提案と「現場との議論を」-福島原発構内の一連の事故について-」

 福島原子力災害で、事故対策の破綻が、汚染水関係で出ました。
 汚水関係について、4月6日の関連エッセイ「5つの提案と「現場との議論を」-福島原発構内の一連の事故について-」で述べましたので、追記記事として掲載します。

問題のポイントは以下の通り、と考えています。

①現在の体制では「事故、事故隠し、トラブル」は再発する
②現在までの事故対応では、「事故、事故隠し、トラブル」は再発する

新しく設置された原子力規制庁がこれまでの原子力安全委員会や原子力委員会と変わらないのは、

A)事故対策の計画立案を当事者の東京電力が担当している

B)事故対策を実際に実行するのが、失敗した東京電力である

C)事故対策の実行をチェックし、監視し、新しい立案をする専門家が福島原発構内に存在しない

D)福島原子力災害の現場で働いている技術者、労働者が情報を国民に全く発していない

という点です。

 分析、考察については前回の「5つの提案と「現場との議論を」-福島原発構内の一連の事故について-」をご覧ください。
http://takagikenziro.blog.fc2.com/blog-entry-250.html


 以下新聞記事です。
 この記事が誤報であったとしても、上記のA)~D)は揺るがないと考えています。


 --福島第一 汚染水 破綻明かさず--
2013年4月25日 07時06分

 東京電力福島第一原発の汚染水量が一月にはすでに、地上タンクの容量を超え、貯蔵計画が破綻していたことが分かった。危機的状況にもかかわらず、東電はタンクには余裕があると発表。その裏で、水漏れ事故が起きた地下貯水池に汚染水を投入していた。この時点で危機を公表し、真剣にタンク増設に取り組んでいれば、四月五日に発覚した汚染水漏れ事故は防げていた可能性が高い。
 東電の計画は、セシウム以外の放射性物質も除去できる新たな除染装置が昨年九月に稼働することを大前提とし、新装置でさらに浄化された水を池に入れる予定だった。しかし、新装置の安全面の問題により、昨年九月と十二月の二度にわたり稼働を延期した。
 計画は新装置が予定通り動かない場合の備えをせず、汚染水量がタンク容量をぎりぎり超えない程度の甘い内容だった。慌ててタンクを増設したが、年明けには水量がタンク容量を超えてしまうことが確実になった。
 このため東電は一月八日、3番池に一万一千トンの汚染水を入れ始めた。続いて二月一日には、2番池にも一万三千トンを入れ始めた。
 だが東電はその事実を説明せず、毎週公表している汚染水処理状況の資料で、厳しいながらもタンク容量は順調に増えていることを記載していた。
 一月九日の記者会見で、本紙記者がタンクの残り容量が一週間分の処理量(約二千八百トン)を下回った点をただすと、尾野昌之原子力・立地本部長代理は「タンクは約三万トンの余裕があり、足りなくなることはない」と強調し、池に汚染水を投入したことには触れなかった。
 一月十五日付以降の処理状況を示す公表資料では、実際にはタンク増設は全く進んでいないのに、池に投入した汚染水の量をタンク容量が増えた形にして公表していた。タンクが増設されたのは、二回の池への投入が終わった後の三月になってからだった。
 東電広報部は「タンクの増設はすべて計画通り進めており、問題はなかった。地下貯水池に(新装置で浄化していない)汚染水を入れることも想定していた。漏れたら別の池に移し替えるつもりだったが、全ての池が使えなくなる状況は考えていなかった」とコメントした。
(東京新聞)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
科学技術者の倫理(平成29年度)
書いたもの(平成29年度)
哲学(平成28年度)
科学技術者の倫理(平成28年度)
書いたもの(平成28年)
科学技術者の倫理(平成27年度)
哲学(平成27年度)
書いたもの(平成27年)
哲学(平成26年度)
「科学技術者の倫理(平成26年度)
講義録「哲学」
書いたもの(平成26年)
書いたもの(平成25年)
論文(高木健治郎の)
講義録「科学技術者の倫理」(平成25年度)
高木ゼミ『銃・病原菌・鉄』
高木ゼミ全6回『ぼくらの祖国』
教養講座6回分(平成24年度)   講義録21~
講義録「科学技術者の倫理」(平成24年度)     講義録1~15
最新記事
講義録「科学技術者の倫理」(平成23年度)
石上国語教室で行われた講演のレジュメです。哲学が足りなかったのが、福島原発事故の原因の1つではないか、と考えています。

「哲学のススメ2」レジュメ

最新コメント
カテゴリ