スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

講義録14-8 学生コメント集

 最初に、今回はブログ更新が遅れており、明日レポート用紙を返却するので、順番は前後しますが、先に「学生コメント集」を書きます。

  学生コメント集と高木の返信です。

 一部抜粋している場合があります。誤字脱字の変更、漢字への変換はありますが、本文変更はありません。タイプミスはあるかもしれません。「○」は学生のコメント、「返信」は高木の記入コメント、「考察」は記入していないが高木の付け足したいこと、考えたこと、でない場合もあります。プリント返信とブログ返信は一致しない場合もあります。

 全体の傾向

:総括原価方式への驚きと改正を求める
:原発を推進する理由が儲かるからだと知って残念
:儲けだけを考える電力会社を理解できるが…その後は多様な感想
:自分の無知への自己反省
:原発はいらないと感じた
:マスコミの情報伝達の問題を認識
:計画被爆に驚きと憤(いきどお)り

 などがありました。では1人1人のコメントです。

○「無知は罪」と言われますが、何も知らない僕らのような人々が利用されているという形で、原発然(しか)り、様々な問題に協力しているのだということが分かりました。やはり「知る」ということは自分興味・関心を満たすためだけではなく、より効果(的)な人生を送るために必要な、人生のテーマであることであると思いました。

返信:深く捉えてくれ、本当に嬉しいです。急に内容を変えてよかったです。○○くんの言う「知る」は行動につながっている本当の意味での知性ですね。

○今の電力会社をどうにかする方法はあるのだろうか?(どうにもならないのか)知りたいです。

返信:一番簡単なのは、経済産業省の出している「令」を変えて、総括原価方式の適正利潤にはいる項目を変えることです。これを変えるだけで経済性の低い原発は停止、廃止になります。次に、電力事業法を国会が改正することです。電力会社は利益を守るために、データ偽装や事故隠し、対策先送りなどなどをします。その利益が出ないようにすれば、後は放って置くだけで変ります。現在、電力自由化の2つの案が出てきましたが、原発を停止、廃止をしたいのなら、最も効果的なのは講義録14-1で述べた「一般電気事業供給約款料金算定規則」という経済産業省の出している「令」を変えることです。此処が肝(きも)です。

○「全電源喪失の可能性は考えなくても良い理由を事業者に作文させた」とありましたが、その内容とはどんなものですか? あと、何故事業者にまかせるのですか?」

返信:国会事故調の報告書を是非とも読んでみて下さい。少しだけ。「全電源喪失の可能性は極めて少ない可能性無いので良い」だったと記憶しています。事業者にまかせる、のは本来やってはならないことです。それをしてしまう利権構造があった、ということです。例えば、経済産業省で官僚をやった人が退官後、東京電力の副社長になるなどです。「ここで電力会社の言うことを聞けば将来、自分は高い給料をもらえる」と思って事業者にまかせる、ことにしたのでしょう。

○あと、水道が公営で、ガスが民営なのは何故ですか?

返信:水道は公営ですが独立採算制です。目的としては市町村に管理させるのが最も公益に合致するため、だそうで高い技術等の蓄積が必要だから、という理由もあるようです。また、私営の水道もあるにはあるようです。
ガスも多くは民営ですが、公営の場合もあり、水道も民営化が検討されるなどしています。例えば、群馬県富岡市がガス事業の民営化を検討しています。
http://www.city.tomioka.lg.jp/municipal/003/005/privatize.html

○電力会社が自社の儲けを考えていたと聞けば、その会社の印象が悪くなるのは当然だが、普通に働いている人の印象も悪く見られてしまうので、ある意味被害者だと思った。

返信:その通りですね。全く同感です。速く早く内部から変えていって欲しいものです。

○野田首相はなぜ原発を再稼動させたかったのですか。民主党は左翼で原発反対なのだと思っていたのですが違うのですか。

返信:講義録にも書きましたが野田首相は、国家を運営していく理念が無く、決断できない人です。こういう人は力の強い人の言う事にその場で左右されてしまいます。現在、力の強いのは財務省、経済産業省、外務省、アメリカなどです。それぞれが、消費税増税、原発再稼動、中国に逆らわない、TPP参加を求めています。全てが統一なく進行しています。震災復興が目標と言って出来た内閣でしたが、この4つにバラバラにされてしまっています。このような理由だと考えます。

○知らないことは良くないが、知ろうとしないことは最悪。つまり今まで原発について考えてこなかった自分は他人事過ぎた。もっと知(調)べて自分の考えを持つべき。

返信:名言ですね。自分を奮い立たせる気持ち、とても嬉しく読みました。

○毎回最後の終わりにレポートを出していれば殆どの人が単位をもらえるということと見なしてよいのでしょうか?

返信:その通りです。講義最初に伝えたように昨年度は6割以上が優でした。

○そろそろ色々な法律を改正したほうが良いんじゃないかと思った。時代に合っていないものが多くなってきたと思う。法律は今の時代に対応できるのだろうか?

返信:同感です。電気事業法を基にした「総括原価方式」は改訂を考えるべきだと思います。

○電気の定額制について、使わなければ損ということについてもう少し調べてみたいと思う。

返信:是非是非。ブログの方に出典を載せますが、他にも良いものがあれば教えてください。コメントでよければ下さい。

○今日の講義で原発のいい所がないようい思えてきた。

返信:最先端の技術確保、軍事利用への可能性、電気の安定供給など色々ありますよ。

○電力会社にはなぜ独占禁止法がないのか不思議に思った。

返信:敗戦後の体制がそのまま来たからです。60年前にアメリカに決められたので変えられないのです。不思議ですよね。

○原発をまた始めようとしているのもすべて公衆の福利に反しているものだったことが分かって、また嫌気が差した。相対主義が必要だと思うが、そう簡単に法律が変るものですか?

返信:事実、現実を客観的に見つめていくと嫌になり絶望感をもつようになります。人間の恋愛、仕事、宗教なども同じです。その絶望を見つめてみる、というのも大学時代に出来ることの1つではないでしょうか。考えてみて下さい。私は戻ってこれました。法律を変えるのは、回りの人10人が別々に地元の衆議院議員、参議院議員の事務所にメールする、事務所に言って「法律変えるのに賛成しないと次は入れない」というと効果があります。それが前全国で起これば、法律は直ぐに変るでしょう。何も出来ない、と自己規制すると何も出来ません。これは就職や恋愛やゲームなどでも同じではないでしょうか。

○授業には関係ないのですが、韓国の日本大使館にトラックが突っ込んだということを聞きましたが、日本は何もしないのは何故なのですか? これはテロ行為みないなものだと思うのですが…

返信:授業にちょっとだけ関係ありますね。テロ行為です。日本政府が何も抗議しないのは何故か、というと幾つも理由があります。それは野田首相が「日本にいる韓国人の援助を受けて衆議院議員に当選できた」とお礼をいう動画があるように(調べてみてください)、韓国人に弱いのです。もう1つは民主党全体が北朝鮮も含む朝鮮人利権によって支えられているからです。そしてそうした民主党や首相個人の事情が、日本の国益を損なっても良い、ということになっているからです。そしてそれを正確にマスコミは報道しません。最後に授業で言ったように今年は韓国の大統領選挙の年です。ですから、必ず反日政策が強くなるのです。そうやって政権維持につなげているのです。これは中国共産党も同じです。つまり、日本に依存している訳です。これらが原因だと考えます。

○そもそも倫理と常識って何が違うんだろうか

返信:深い質問ですね。高木なりの解釈ですが、違いは善悪の判断があるかないか、ではないでしょうか。倫理は善悪で判断、常識は色々な人の考えをまとめた考え方で、善悪で判断しません。参考にして下さいね。

○就職先が東電みたいなところだったらどうしようと思った。だからしっかり調べて就活したいと思った。

返信:自分を活かす視点、素晴らしいです。知識が行動に結びつく点が素晴らしい所ですね。

○法律の正されて良くなった事例を知りたい。

返信:本来は、○○くんの心の声が浮かんできたのですから、自分で調べてみてください。『失敗百選』には数々の事故事例が載っています。そうですね、高速道路も電力会社と同じく独占で独禁法に触れないで無駄や利権構造が出来上がっていました。それが猪瀬東京副都知事などが前に頑張って法律の改正なども含めて良くなっていきました。今、第二東名はその成果が上がってきていると考えます。まだ高木はいったことがありませんが・・・

○原子力を世界からなくすにはどうしたらいいと思いますか

返信:深いですね。まず、高木は原子力は必要だと考えています。その上で敢えて考えてみると、原子力が無駄であるということを皆が知ること、次に代替のものが出てくること、でしょうね。抽象的ですが技術史を振り返るとこの2つだと思います。自動車が出てきて馬車がなくなりました。経済的には馬車の方が安かったのにです。

○電力会社だけが悪かったのではなく国の法律にも原発を推進してきた原因であることが分かった。

返信:核心が分かってくれて良かったです。

○毎回文を書いているにも関わらずあまり上達していなくて泣いた。

返信:悔しさこそ上達への道です。私は今も「下手だー!!」と色々な先生にコメントを頂きます。悔しいです。

○倫理の欠如を法律で埋めることは(が)出来るとは思えない。

返信:素晴らしい考え方です。是非とも具体的事例で説明してほしいです。考えてください。丁度、墨子を読んでい同じく感じていた所でした。

○この間の中学生のいじめのやつをどう考えますか?

返信:「やつ」が「事件」と考えてコメントしますね。正直に言うと「他殺では?」と疑っています。飛び降りる場所にスポーツバッグがあり、仰向けで死亡、遺書なし、前日に部屋まで来ていた様子、などを考えると、まず「他殺」を疑うべきではないでしょうか。どうしてマスコミは「自殺」とするのでしょう。それから教育委員会や校長を始めとする学校の体質があまりにも自己保身的に感じられます。東京電力の経営陣と似通っていているように感じられます。浪江町の町長が怒っていましたが、ご両親も同じお気持ちかもしれません。注目していて今後の事実が出てくることに関心を持っています。何か感想が意見があれば、また新しい事実などあれば教えてください。

○どうして法律(総括原価方式を支えている法律)を改正しないのでしょうか?

返信:どうしてでしょうね。アメリカが日本を解体するために作った法律だから変えてはいけない、と自己規制しているのではないでしょうか。私たち日本国民も政治家の事務所へ行くのを自己規制していませんか。怪しいカルト教団やお金を無理し取られる信仰宗教とは違って、国会議員やその他の議員は国民の税金でまかなわれている、というのにです。根深い問題が私たちのほうにもありますね。

○エリア外で溺れていた人を救ったライフセーバーが規則によって解雇されたといことについてどう思いますか。

返信:ほぉーこれは社会の規則と魂(良心)の問題であり、社会全体の価値観の問題ですね。少ししか調べていませんので、抽象的になりますが。まず、社会の規則を適用するのは正しいことです。そして救ったライフセーバーの良心も正しいことをしました。社会の正しさと良心の正しさ、どちらが大切でしょうか? 私は後者の良心だと思っています。この優先順位は文字があった2000年前以上からはっきりと確定しています。しかし、現代日本では優先順位がはっきりせず、多くの人々が迷っています。
 次に、社会全体の価値観の問題です。先ほどの優先順位がはっきり社会全体の価値として共有していれば、このライフセーバーの人は別の場所で雇用をされるのではないでしょうか。そうならないのだとしたら、社会全体の価値観が混乱している証左だと思います。

○自分の知らないことが多いと思った。この授業、とても面白いです。

返信:有り難う御座います。「知らないことを知る」ことが面白い。それは知的喜びで、大学の高等教育の意義だと考えます。大学の勉強は面白いんですよね。その言葉を聴けて良かったです。この講義をそろそろ終わってもいいのだな、と感じました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

私もこのじけんに関しては他殺じゃないの?って思ってます。ほんとに警察はなんでこんな対応しかできないんでしょうかね。
騒ぎが大きくなってやっとアクションがありましたけど、自殺で終わりそうですよね。
しっかりと調べてほしいです。

原発に関係ある部分もあると思います。

コメント有り難う御座います。

ちゃんとした対応をする警察官も沢山いますが、適当な、あるいは違法な対応をする警察官もいます。
というのも、きちんと対応についてのマニュアルが今まで無く、教育機会も少なかった、という構造的欠点があると思っています。

もう1点。静岡市の児童相談所が、子供を違法に保護(両親からすると監禁)してる事件があります。行政手続きも同じく違法な対応に基づいているのですが、警察は児童相談所社長の主張を100%認め、日本国民の意見を殆ど聞いてくれません。

これは原発の構造的問題と同じ、だと思っています。つまり、

「警察や行政機関や電力会社の言う事は正しい。国民は信用できない」

という構造的問題です。日本人が持つ「お上意識」の悪い所です。そしてこの「お上意識が現在のようになったのは、敗戦がある」と高木は考えています。

 結論としては、今回の捜査が違法、あるいは対応が悪かった場合、県知事と市長が両親と県民に謝罪するかどうかに掛かっていると思います。警察は県単位、教育委員会も市単位、県単位ですから。

 ご参考になれば幸いです。
プロフィール
哲学(平成28年度)
科学技術者の倫理(平成28年度)
書いたもの(平成28年)
科学技術者の倫理(平成27年度)
哲学(平成27年度)
書いたもの(平成27年)
哲学(平成26年度)
「科学技術者の倫理(平成26年度)
講義録「哲学」
書いたもの(平成26年)
書いたもの(平成25年)
論文(高木健治郎の)
講義録「科学技術者の倫理」(平成25年度)
高木ゼミ『銃・病原菌・鉄』
高木ゼミ全6回『ぼくらの祖国』
教養講座6回分(平成24年度)   講義録21~
講義録「科学技術者の倫理」(平成24年度)     講義録1~15
最新記事
講義録「科学技術者の倫理」(平成23年度)
石上国語教室で行われた講演のレジュメです。哲学が足りなかったのが、福島原発事故の原因の1つではないか、と考えています。

「哲学のススメ2」レジュメ

最新コメント
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。