スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

講義録13-5 学生コメント集

 学生コメント集と高木の返信です。

 一部抜粋している場合があります。誤字脱字の変更、漢字への変換はありますが、本文変更はありません。タイプミスはあるかもしれません。「○」は学生のコメント、「返信」は高木の記入コメント、「考察」は記入していないが高木の付け足したいこと、考えたこと、でない場合もあります。プリント返信とブログ返信は一致しない場合もあります。

 全体の傾向

:「難しい」、「原発はあきた」、「原発もっとやりたい」、「ゆっくり」、「多い」、「集中できた」、「整理できた」、「いつもとは違う」など、過去最も評価の分かれていた
:大飯原発再稼働についてリスクがあることを改めて再認識した
:自分の無知を反省するコメントが多い(自分の無知を認められるのは素晴らしいです。アリストテレスの「無知の知」です)
:電力会社の良かった点に「電気代が安くなる」が多かった(ので、次回の講義内容を変更します)

 などがありました。では1人1人のコメントです。

○「あることのリスク>ないことのリスクでリスクトレードオフできる」と書いてあったのに、「自動車が必要である。つまりリスクトレードオフできる。」とも書いてあったので意味が判らなくなった。(言っていることが逆じゃないかと)

返信:訂正します。「あることのリスク<ないことのリスク」とします。すいませんでした。主旨は「あることの方がリスクが少ない→必要である」という意味です。

○リスクトレード・オフの意味がいまいちよくわからなかった。時間のある時に個人的に調べるようにしたい。

返信:ブログに書いておきますね。以下本文に入れた追記です。

----追記 平成24年7月14日 講義録13-5 学生コメント集を書く前に----

「リスクトレード・オフできる」について4名の学生からコメントをもらいました。2名は「逆ではないか?」というコメントでした。講義録9-1の引用に加えて以下を追記します。

 安全とは、リスクが無い=リスクゼロではなく、懸念すべきリスクがないこと=許容可能なリスクであることを意味します。
 この懸念すべきリスクがないことを考えるためには、リスクの大きさを評価する必要が、逆説的に出てきます。リスクの大きさを評価し比較することで、より少ないリスクを選択出来るからです。選択によってリスクは小さくンなり、安全性が高まっていきます。安全性を高まる選択肢を取ることを、高木はリスクトレードオフ「できる」と表現しました。
 自動車があることによるリスク、自動車がないことのリスクとは極端な選択ですが、あることの選択肢を取ることを、高木はリスクトレードオフ「できる」と表現しました。説明は十分したつもりでしたが、不十分なことが判りましたので、追記します。

 ちなみに、リスクの評価は、「リスクオフセット(同じ対象と同じタイプ)、リスク代替(同じ対象と異なるタイプ)、リスク移転(異なる対象と同じタイプ)、リスク変換(異なる対象と異なるタイプ)の 4 種類に分類」されるそうです。
 岸本 充生「化学物質における経験から考えるリスクトレードオフ社会のガバナンス」 3.リスクトレードオフ評価とは
 :http://www.niaes.affrc.go.jp/techdoc/tsuchimizu/27/tsuchimizu27_40.pdf

----追記終了です----

○パナソニックのCMでスカイツリーのライトアップに、LEDライトを使っています。LEDは省エネです、と言っているが電気が足りないといっている世の中で、なぜそのような夜のイルミネーションのCMなのか、自分は矛盾があり理解できない。再生可能よりも人々の電気の無駄遣いを見直すべきだと思うのですが、先生はどう考えますか?

返信:鋭い指摘ですね。まず、昨年度私も少し誤って伝え学生の皆さんから訂正してもらった点があります。それは、「電気はずっと足りない」のではなく、「真夏の数日の昼間の1時~4時だけ足りない」のです。電力会社を含むCMは曖昧に報じてきましたから「電気はずっと足りない」のではないのです。「原発を止めたら電気が止まる」のではなく、「真夏の数日の昼間の1時~4時だけ足りない」のです。しかも、長期停止中の火力発電所などを稼働させると「足りる」ことは、有価証券報告書などのデータで明らかなのです。
 その上で、「電気の無駄遣い」は失くすべき、だというのはその通りですね。私も全くその通りだと同意します。実は、LEDの話を毎年取り上げていました。最後の講義でちょこっと取り上げるつもりです。

○原発問題は奥が深く、難しすぎる。

返信:全てのことが実はそうではないでしょうか? 恋愛、家族、友人、仕事、携帯、コンビニなどなど。見つめていくと奥が深く難しすぎるのではないでしょうか。それだけ原発を知ってきた証左ではないでしょうか。

○空冷式の原発が作れないものかと思う。

返信:面白いアイディアですね。是非考えてみて下さい。圧縮空気などはどうなのでしょうね。

○原発事故から1年も経つのにまだ授業でやるほど、それほどの大変なことで大事なことだと思った。

返信:原発だけでなく、原発を通して技術者倫理の概念を学んで下さいね。そうしないと原発停止したらこの講義を受けた意味がなくなってしまいますから。学問とはそういう1つの事例に左右されるものではないのですから。学んだ概念は、自動車、化学物質、機械などの他の分野にも応用できるものです。それを講義で伝えたいと思っています。たまたま福島原発事故があり国民に深刻な被害を今も及ぼしているから、取り扱っています。

○原発は今日の事故で多くの課題をクリアできたのかどうか分からないけど、稼働しなければ電力をまかなえないことも事実なのでしょうか?

返信:来週、急遽変更して「なぜ原発を電力会社が推進するのか?」を取り上げます。日本国が推進してきた理由は述べてきた通りです。また、細かい点もやっていきますね。「足りる」と言っている人もいます。小出裕章先生です。原発事故前から足りるし、今回の夏の電力供給も6%の余裕分を隠して発表していたなどと言っています。ウソか本当かは分かりませんが、調べてみて下さい。

○そろそろ今期のアニメが終わり始めました。個人的に夏アニメのおススメはソードアートオンラインとゆるゆり2期です。良かったら先生のおススメも教えて下さい。

返信:質問、有り難う御座います。質問には全て答える(たい)と言っていましたので返信します。そういえば前の「アニメの例でもいいですか?」にはちゃんと返信していたでしょうか? 前回口頭で返信しましたが、もしかしたら返信していなかったかな?と不安です。
 今日は出産後初めての休日です。朝から晩までこうしてブログを打てるのが3週間ぶりです。ですので、あんまりアニメはチェックできていません。口頭でも言いましたが「もやしもんリターンズ」と「日本の昔話」はみたいなぁ~と思っています。後、人類は衰退しました、はどうなんでしょう? ニコニコで上位に上がっていたので気になりました。…ぐらいです。

○原子力船「むつ」のことは初めて知りました。1200億円が無駄になったのはダメだと思う。何か使える所はなかったのか。

返信:技術上の知見が継承されているかどうかの問題でしょうね。つまり、全くの無駄、ではないということです。失敗しても技術上の知見、というのはどうすれば失敗するか、が判るという点で無駄ではないのです。しかし、その技術上の知見が現在に残っていて教訓やデータが活かされなければ無駄、と考えます。

○自動車事故について前半、考えることで後半の原発を考える際により深く理解できたと思います。

返信:役に立てて何よりです。深く理解、は○○くんが1つ1つの事例ではなく技術者倫理の概念で事例を見てくれているからですね。この講義全体を通して学んでいってくれているようで嬉しいです。

○工業というのは、リスクトレードオフと隣り合わせなのではないかと思いました。このようなことを考える力を身につけるのは、とても重要だと思いました。

返信:その通りです。製造物の本質が伝えられて良かったです。DDTという物質を知っていますか? DDTを人体に掛けるリスクを考慮して先進国では禁止されました。他方、後進国(現在は、発展途上国と言う)では、DDTの禁止によってマラリアが再発し年間300万人くらいが死んでいます。
「中西準子先生のブログ」が判りやすいです。
http://homepage3.nifty.com/junko-nakanishi/zak386_390.html#zakkan388
化学物質などを含めた製造物の本質にこうしたリスクトレードオフがあると考えています。

○こうして原発に関心を持てたこと、如何に情報が不確かなものだったか、この授業を通して分かった。ただ、排(背?)反するのではなく、どこが違っていてどうすれば良くなるのかも考えるように以前よりはなったと思う。

返信:大変嬉しいです。授業の最も深いテーマを理解してくれて、後2回で終われることに安堵を感じました。

○やっぱり自分が最初に思った考えを否定することは凄く難しい。どうして先生のような文章が回答できない。本を読めば文章の書き方も分かってくるのだろうか?

返信:私にとっても最初の自分の考えの否定は凄く難しいですよ。ただ、普段からそんな風に思うようにしていたら少しずつ出来るようになりました。例えば、この人はとっても良い人だなぁ~、と最初に感じたら、悪い点を探すようにするのです。逆も同じで、なんだこいつ、話したくねーと思ったら、こっそり良い所を探すとかです。文章の方は訓練する回数を増やしましょう。私は、大学時代に「ディベート講座」というのに数回通って、貰ったプリントを元にして実際に文章を書いたりしました。ただ、現在、論文を提出しても「文章意味わかりません!」と返されます。ですから一緒に頑張っていきましょう。本は、基本用語と論拠が増えるのでおススメです。だらだら読むのは疲れるので、論拠探し=この人の言いたいことはなんだ?と考えながら読むと、飛ばし読みも出来るようになって読むスピードが速くなりますよ。

○個人的に原発反対のくせに節電しない人が許せない。

返信:強い心の声ですね。大切にして行って下さい。言行一致しないように私もしたいです。

○最近小さい虫がたくさんいるので五月蠅いです。学校は原因の追及、対策は出来ているんでしょうか。

返信:面白い視点ですね。なにやら事故対策のようです。小さい虫は毎年のことでしょうから、再発防止策が十分かどうか、という捉え方が出来るでしょうね。

○原発も自動車の世界も企業が得をするという構造が変わらないというのは残念だと思った。

返信:企業は「利益を出すために人々が集まった集団」です。問題は、そうすると全体の利益と1人1人の個人が犠牲になることがあるので、国やマスコミが抑制をしてバランスを取れていない、という点です。抑制の中に、行政指導や法律があります。それが充分に機能するかしないか、という視点もご参考下さい。

 問5に絞って数名ピックアップ
○国民の悪かった点:無関心 
         :事故が起こると全て原発がダメだと考える
         :理解が浅い
         :頼りすぎ
         :自分の利益しか考えない

返信:素晴らしいです。わが身を顧みる姿勢、厳しい視点が見られます。倫理の第一歩だと考えます。

○高分子材料など機械技術者として関わりがある部分が出てきて良かった。

返信:本当はもっとしたいのですが全学科共通なので、どうしても数が少なくなります。少し講義録13-4に書きたしておきました。

○先日、総理官邸前で大規模なデモを行ったが、総理自身が無関心なのはどうかと思った。

返信:良く知っていましたね。総理は正直決断力が無く小心者なので「無関心のふりをしているだけ」だと高木は考えます。他の例として、小沢氏が出ていくと決断してから「除籍」ですし、鳩山氏が「6カ月は長い」と言えば「3か月」になります。他にも「公認を外すのはダメだ!」と一般の国会議員から言われると「えーと原則ですから例外ありますよ」と言ったり。この講義でも「原発はもういいよ」と3,4人に言われたら来週から、じゃあ皆で楽しく話しましょう、となってしまったらどうですか? そういう訳で「無関心」ではなく「無関心のふりをしているだけ」であると考えています。

○今回自分の意見を殆ど書くことができなかった。もっと物事をしっかり考えながら見ていきたいです。

返信:その点にまず気がつくことが大切です。みな、人は「自分スゲー!」になりがちですから。

○原子力のことに限らず、便利なものには必ずデメリットがあることが判った。それは車でもバイクでも同じで、メリットとデメリットが必ず対で存在していることが理解できた。

返信:嬉しいです。今回伝えたかったことが伝わって良かったです。そしてこれを今後の仕事や家族や生活の中で活かしていって下さい。

○今日の講義は少し字が雑で醜かった気がします。あと、人の傘をふみつけたら、軽くでもいいので謝ってもらいたいです...

返信:それはすいませんでした。謝ります。

○今年は福島限の人たちは、くるしんでいると思うので出来るだけ自分ができることをして、力になって生きたいと考えています。

返信:一番大切なことですね。その通りです。

○授業をしていくうつに全く興味が無かった原発事故のことが凄く興味を持つようになりました。そして政府がとっても嫌になりました。

返信:良い所もあるので両方見て下さいね。興味を持ってくれたのは大変嬉しいです。

○許容可能か、でないかの問いは宿題の時にやっているので2度はいらない。

返信:安全基準を満たすかどうか、と、許容可能かどうか、は違います。この講義の基本単語なので理解しておいてください。

○今日は課題が多くて大変でした。テストではどのようなことをやるのか気になります。

返信:多かったですね。お疲れ様でした。テストは今日の最初の講義で述べたように、最初に述べてきたように講義中のプリントから70%が出そうと考えています。

○原発も自動車も事故は怖いが、それらのお陰で経済は発展してきた。使っていくべき起きてもないことを恐れすぎず、対策をしっかりすれば別い使ってもいいのでは?

返信:良いと○○くんが考えるのならそれでOKです。私が伝えたいのは両面から考える、ということ、技術的安全から考えるということです。実際、鹿児島県の知事選挙で原発推進派が圧勝しましたよね。その民意に従って日本国は運営されていくのが大切と考えますし、その際に、公平に考える=両側から考えるのが大切と考えています。

○大飯原発も問題があるがデモをする人は本当に理解して参加しているのだろうか。

返信:どうでしょうね。私は日本国民は賢い国民なので、理解している人は3割くらいいるのではないか、と考えています。もしかしたらもっと多いかもしれません。

○火力発電を何故もっと推進しないのかという部分で京都議定書のステップ2に日本が参加しないから、その体裁を整えるためという理由はあるのか?

返信:全く予想だにしない質問有り難う御座います。念頭にありませんでした。少し調べて考えてみましたが、関係ないと感じました。

○関係ないがもうすぐコミュケですね。先生は行くのでしょうか? それと今期アニメとか何見ます?

返信:コミュケ行きたいですね。3年前かに行ったっきりです。その前はちょくちょく行っていましたが。最近はメロンブックスとかで手に入るので、あの暑さの中…と思ってしまいます。ただ、コミュケも日本人のよさがあるなぁ~と思ったりします。↓これとか
http://www.nicovideo.jp/watch/sm16589379
 今期のアニメですが、子育てと家事で忙しくて殆ど見れていませんが、日本の昔話、ともやしもんリターンズは後でまとめて見ようかと思っています。お奨めがあれば教えて下さい。

○国や公共事業が隠した悪事で得をするのはおかしいと思った。せめて45度の線は越えて欲しいと思う。

返信:私もそう考えます。しかし、なにで損を生みださせましょう。翌年度から予算の減額くらいでしょうか。

○問5は、自分が知らないことは知らないし、知らなければ意見も可k値愛。何の資料もなしはきついと思った。国民のは国民に取って良かった点なのか、国民がとった行動が良かったことなのか。

返信:資料は過去の講義で配った資料です。「国民にとってよかった」=「公衆の福利」ですので、「国民がとった行動」が良かったことです。

○大飯原発再稼働はありえない。安全対策もクリアしていないのに…、時間が無いので書けません。

返信:先生に報告しなくても良いです。自分自身のために書き残して下さいね。

○人は無知な部類の意見になると直接的な言葉を投げかけるものである。私もそうだが内情を知って意見することも必要だと思っている。

返信:素晴らしいです。私もそうなので戒めたいと思います。有り難う御座います。

 以上となります。沢山意見がありました。
 今回は内容が多く難しかったでしょう。特に事実を伝えるよりも事実の整理、技術者倫理の概念での整理でしたから。こうした講義が15回の中に2,3回、アクセントになってあるようにしていきたいです。
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール
哲学(平成28年度)
科学技術者の倫理(平成28年度)
書いたもの(平成28年)
科学技術者の倫理(平成27年度)
哲学(平成27年度)
書いたもの(平成27年)
哲学(平成26年度)
「科学技術者の倫理(平成26年度)
講義録「哲学」
書いたもの(平成26年)
書いたもの(平成25年)
論文(高木健治郎の)
講義録「科学技術者の倫理」(平成25年度)
高木ゼミ『銃・病原菌・鉄』
高木ゼミ全6回『ぼくらの祖国』
教養講座6回分(平成24年度)   講義録21~
講義録「科学技術者の倫理」(平成24年度)     講義録1~15
最新記事
講義録「科学技術者の倫理」(平成23年度)
石上国語教室で行われた講演のレジュメです。哲学が足りなかったのが、福島原発事故の原因の1つではないか、と考えています。

「哲学のススメ2」レジュメ

最新コメント
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。