スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

講義録12-3 学生コメント集

 学生コメント集と高木の返信です。

 一部抜粋している場合があります。誤字脱字の変更、漢字への変換はありますが、本文変更はありません。タイプミスはあるかもしれません。「○」は学生のコメント、「返信」は高木の記入コメント、「考察」は記入していないが高木の付け足したいこと、考えたこと、です。「考察」はない場合もあります。今回は申し訳ないですが、プリントの方に返信を書き込むのをお休みします。ここに書かないコメント返信もプリントに書く場合もあります。

 全体の傾向

:身の回りのことが敗戦で変わったことに驚いた
:アメリカと日本の関係の観方が変わった
:日本の独自性を発揮して欲しい
:敗戦は大きいんだな、と実感した
:多様な意見が見られました。

 などでした。では、1人1人のコメントです。

○ちなみに独立記念日はいつですか?

返信:4月28日です。サンフランシスコ講和条約発効で独立しました。

○民主党は中国寄りで反原発だと思うのですが、何故野田総理大臣は原発を動かそうとしているのですか。また、今の民主党も日本を共産主義にしようとしているのですか。

返信:高木の私見ですが、野田総理は決断力がなく目標や理念がありません。ですから、日本の中で力の強い財務省の官僚に言う通りに動かされていると考えます。ですから、最も大切だった「震災復興が消費税増税」に変わりました。同じ理由で経済産業省の官僚に動かされ原発再開となります。民主党の一部、特に事務系は旧社会党の人が入っています。ただし、共産主義革命を目指さず、共産主義の国で最も強い国=中華人民共和国の利益になるような行動をしている、と考えます。

○自分も日本人の考え方なのであまり自分の意見をもてません。どのようにしたら自分の意見を強く持てると思いますか?

返信:深い、深い質問で、私に答えられるでしょうか。
   まず、自分で現場を見ることです。私は、この講義をする前に嫌々でも浜岡原発に行きました。見せる場所(案内塔)と見せない場所(海側、海岸側)から見たのです。つれいていってもらったのですが、それでも現場をみて自分の心が決まりました。文字だけでは(ネットだけでは)、こうした自分の心を決めることは、私には難しいです。参考になれば幸いです。

○満州国を作った理由は?

返信:最初は、ロシア帝国が朝鮮半島から日本を自分のものにしようとしたことで、日本の独立を守るために戦いました。それは日本を占領していたマッカーサーも「太平洋戦争(大東亜戦争)は日本の防衛戦争であった」とアメリカ議会で発言しています。次に、アメリカやイギリスが日本を排除しようとすると、満州帝国に、人を入れて資源を開発して第2の日本人と朝鮮人と漢人と蒙古人と満州人などの国を作ろうとしました。実際、漢人の人口は倍に増えています。そうやって、アメリカやイギリスに依存しない経済を作ろうとしました。実は、1990年代に東南アジア通貨危機がありましたが、それまではアジアでは米ドルよりも日本円の方が通用したのです。そうやって日本が独自の通貨圏を作ろうとすると、アメリカやイギリスは徹底して潰してきます。東南アジアがダメになったので中国やインドに投資が向かいました。講義録12-1にもう少し書いてあります。ご参考下さい。

○追記、先々週に閣案(国会?)で著作権改正法案によって違法ダウンロードの刑罰化とリッピング違法化が決まりました。それについての先生の考えを聞いてみたいです。

返信:6月20日の参議院本会議通過で10月1日からですね。まず、この法案を必要とする背景は、パソコンの私的利用という名目で読み込んだ情報がインターネットに流出する、という点です。私的利用だけれど他人と交換することが簡単に出来るので、結果としてCDや正規にダウンロードするより、(不特定多数の)友人にもらうという実態があります。私も多少、ネットをやっているのでそういう実態は横で見ています。この点が著作権改正法案で対応しようとしました。そこで私の考えです。
 ①著作権、という考え方自体がアメリカの都合で何度も変えられてきているという歴史的事実の認識がない。
 ②著作権、がそういう意味でぶれているので根本的に著作権を新しく定義しなければならない。つまり小手先な対応である。
 ③実態を踏まえた上での運用とするか、それとも法律の文言をそのまま運用するかがはっきりしない。
 :もし法律の文言のまま運用すると、ニコニコ動画などを観ることが違法になる。するとインターネットの独立性と基本的人権を阻害することになる。日本が一気に独裁国家になる。ただし、東京都のマンガなどの規制では、実態を踏まえた上での運用となっています。
 長く書きましたが、ポイントは③だと考えます。シートベルトの後部座席の義務化でも、違反者は逮捕しない、と実態を踏まえた上での運用となりました。タクシー業界から反発が出ました「お客さんにシートベルトを強要できない」と。私も気になっていました。今後も注目していきます。質問を有り難う御座います。

○天皇は世界の地位としてはすごい高位にあるとみたことがあるのに、今の天皇の扱いが酷いと思う。高位にあるという凄い人なんだということも、今の日本人は知らないのはおかしい。

返信:世の中が見えてくると気がつくことがありますよね。天皇陛下の存在や地位もその1つだと想います。天皇家が世界で最も尊敬されている理由の1つは、男系を2672年続けてこられたからです。次の男系は精々200年くらいです。もう1つ、現在の天皇陛下(個人)が尊敬される理由があります。それは、

 「愛している国民から認められなくても、体調が悪く(ガン)であっても、日本人以外でも全ての人を平等に扱い、自分の利益のために動かない」

 という行動をされているからです。天皇陛下に表彰されたある哲学科の教授はお逢いして大ファンになっていました。それは

 「あれだけお忙しく、他にも多くの人を表彰されているのに、私の研究している哲学者について的確に問題点と新解釈を知っておられた。いつ勉強されているのだろうか? それにしても凄い」
 
 今回の大震災で国民を見舞われる時、その避難所にどのような人がいるかを勉強されていかれるそうです。70歳を超えられて、体調を崩されても、それでも続けられている。しかも、それを自慢したり愚痴をこぼしたりしない。ですから、気がつく人は気がつくのです。世の中が見えてきた人には見えてくるのです。○さんが見えてきた、ということは成長された証ではないでしょうか。嬉しいです。

○学生運動をしていた世代が引退したら、報道なども大幅に変わっていくのだろうか?

返信:報道の他の要素として視聴者の声があります。私たちがTV局や新聞社などに抗議のメールを送ることでも大幅に変わると思いますよ。ただ、そういうことをするのはタブーだ、という思い込みを私たちは与えられています。ですから、まずは私たち日本国民の意識が大切だと思います。

○ネットではウヨク、サヨクと飛び交っているが、こういった状態も敗戦した国を象徴していると思う。

返信:鋭い指摘です。とても素晴らしい事例ですね。ウヨク、サヨクが問われるべきではなく、日本国を良くする政策かどうかが重要ですからね。有り難う御座います。

○先生の多々ある過激的な考え、自分けっこう好きです。

返信:そうですか? 「嘘は常備薬、真実は劇薬」ということを心理学者の河合速雄先生は言っています。(笑)

○前にやった「一度定着したものを変えることは難しい」というのと一緒だと思った。一度組織が出来ると変えるのは困難で、その組織が大きいほど難しくなるのではないか。

返信:鋭いです。その通りですね。1つ勉強させてもらいました。そうそう、電力会社は独占ですからなお更ですね。

○私個人が感じるに「革命を起こす」とは共産主義になるとかではなくて、大それたことをしようということだと漠然と思った。

返信:素晴らしいです。○○くんの「自分の心の声」ですね。是非とも調べてみて下さい。そして自分の考えを作っていって下さい。もちろん、高木と反対になった方が嬉しいです。

○もし、新技術などが発明されても既得権を持っている者たちに、邪魔されるなら、どうすれば良いのだろう?

返信:いい質問ですね。私は色々と考える所はあるのですが、「はやぶさ」の川口さんの例がお手本になると考えています。NASAという巨大な既得権に邪魔されずに大成功を収めたのですから。

○自分の情報が足りないので先生の話が全て正しい情報なのかは判らないが、今回のようなことが事実であれば、このようなことを積極的に改善して、いい日本をよりよく、そして世界もよりよくなっていくのではないかと思った。そのくらい日本には世界に影響する力があると思った。

返信:慎重な態度素晴らしいです。そもそも「正しい」という意味での唯一の情報はありません。全ての情報は偏っています。ですから、肯定側と否定側の両側の立場を聞いてくださいね。たとえ高木の意見でも同じです。

○PSO2のオープンベータが始まりましたが先生はやらないのですか? 自分は割りとやっています。日本国憲法はアメリカが適当に作ったものって言う話を聞いて、日本人はそれをバカみたいに使ってるらしいんですが、どうなのでしょう。

返信:どうなのでしょう。どう考えますか? どう○○くんの自分の心の声は言っていますか? 私は早く改正した方がいいと思っています。自民党案や「たちあがれ日本」の案などでも不十分だとは思いますが、まずは日本国民の手で改正することが大切だと思っています。PSO2はやりたいな~と思っていますが、何分時間が無いもので。5時半から6時半に起きて朝食とかみさんの昼食をつくり、晴れていれば洗濯、あかちゃんの御飯を食べさせて、仕事の用意をして、学校が終わると直ぐに帰ってきて赤ちゃんの迎えと買い物や雑事、晩御飯を作って食べさせて、あかちゃん2人をお風呂に入れて、歯磨きなどをさせて、やっと自由になるのが、8時過ぎとかなのです。それから仕事の残りなどをやって・・・です。結構寝不足ですw 

○授業中に回ってきたプリントで関西電力への相談を見て、非常に回答が早いことに驚いたが具体性にかける内容であると感じた。

返信:○○くんの自分の心の声ですね。その声を大切にして下さい。私も同感でした。

○今回は原発のみに焦点を当てた授業だったが今回のような問題は先端技術でしのぎを削っているような所に多数あり、そのせいで技術の進歩にブレーキがかかっているようなニュースを見ていると感じられる。

返信:授業の内容を応用できる点、素晴らしいです。このように授業を参考にして自分の視点を作っていってくれて嬉しいです。同感でした。

○日本はアメリカの支配されているけれど国民的には仲が悪い訳じゃないから自分はあまり気にしていません。

返信:それはそれでOKですよ。ただ、事故の初期予防と再発防止が出来なくなっている、という技術者倫理の視点だけは押さえておいてくださいね。

○小学校などでは日本からアメリカに戦争をしかけた理由を教えないのは何でなんですか?

返信:現在、浜松市や静岡市などで教科書を選ぶことが議論の的になっているのを知っていますか? 是非、それを気にしながら自分で調べて考えていってください。高木の考えは、講義録12-2で述べたように、日本の民間のTV局はアメリカが自分たちの利益のために作られた放送網であること、新聞なども最初はコントロールされたことなどがあるのでしょう。そして、日本は世界の中で唯一外国に負けたのが1回だけだから、負けた後に「相手の言うことを全て聞かなければならない」と考えたのでしょう。他に何回も負けているフランスやイギリスやドイツや支那などは負け方を知っているのです。

○課題をしっかりまとめている人の文を読むとかなり理解しやすく綺麗にまとめられているので、参考にしていきたいと思います。

返信:嬉しいコメントを有り難う御座います。私も大分参考にさせてもらいました。一緒に勉強できて嬉しいですよね。

○たまに先生がしっかりとした右翼に見えることがある。先生としては日の丸を掲揚するときに起立しない人や、国歌を歌わない人をどう思いますか。

返信:「しっかりとした右翼」、褒め言葉を有り難う御座います。私は家族も親類も静岡市も静岡県も、この講義をさせてもらっている大学も、そしておじいちゃんおばあちゃんの作ってくれた日本国も愛しています。ただ、それだけです。質問ですね。誤解を恐れずに率直にいうと「いつまで敗戦を引きずっているのだろう?」と思います。殆どの人は敗戦を知らないのに、敗戦の負け犬根性だけは引き継いでいる、と感じます。同時に、人間とは体験していないことでも、こんなに感情を込められるんだなぁ、と感じることもあります。

○生まれた時からこのような感じだったので違和感を感じないが、祖父などは何か感じていたのかもしれない。

返信:優しい心をもっていますね。感動しました。私も時々、それを感じます。死んだじいちゃんは、どう今の日本を想っていたんだろうか、と。もう聞けなんですが。だから、恥ずかしくないようにしたいと想っています。

○独裁国家で思ったことがあったのですが、「ネオナチ」の考えを持ってデモを起こす人たちが外国でありますが、この人たちの考え方を今日の講義の見方で見ると、どう解釈できますか?

返信:本来は○○くん自身の疑問ですから、自分で答えを見つけるのが最も良いと思います。その上で、私は、まず原因から考えます。「ネオナチ」が激しくなったのは、ドイツ人が外国人によって職を奪われたからです。ヨーロッパは移民受け入れを進めて来て結局現在「失敗だった」という結論を持っています。敗戦後日本はアメリカ支配から少しずつ中国支配が入ってきています。法案としては現在論争になっているのは、民主党の「人権侵害救済法案」や「外国人参政権法案」です。また、民主党の「こども手当て」も外国人、主に中国人や朝鮮人などでももらえるなどの問題があります。大学の授業料は日本人よりも優遇されています。こうしたことが表沙汰になったり日本人の失業が増えてくると日本にも外国人差別を主とした「ネオナチ」が出てくるでしょう。このような解釈が出来ると思います。ちなみに、私は民主党のこれらの政策も日本の出てくるであろう「ネオナチ」も反対です。

○毎回、話はいいものだと思っています。しかし、聞いてもすぐに賛同できないのは、日本教育を受けていたからでしょうか。これではいつになってもアメリカの構造から出て行けないのも分かります。

返信:賛同しなくていいですよ。むしろ、慎重な態度は素晴らしいです。それよりひっかかる、という○○くんの心の声を大切にして下さい。そして○○くんの考えを作っていって下さい。私と反対になれば私が勉強させてもらえますので是非とも。

○世界的に見て最も安定した考えを持つと思う国はどこですか?

返信:深いですねー。何が安定か、ですね。うーん。まず、同一の安定した体制が続いている国はダントツに日本です。天皇家は今年で2672年(正式な日本の暦=皇紀です)です。次は200年くらいです。考え方でいうとぶれていないのは、イスラム教ですね。多くの宗教は分裂しますが、イスラム教は2つだけです。それも1つが20%弱です。1つの本をずっと尊敬し続けている、という意味ではユダヤ教徒ですね。曖昧な上の安定、つまり多神教的安定という意味でいうとインド教(ヒンズー教)ですかね。鋭い視点でした。深めていくと面白いものが出てきそうですね。是非とも心に留めておいてください。

 以上となります。沢山の素晴らしい視点がありましたが、少しだけ書きました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
哲学(平成28年度)
科学技術者の倫理(平成28年度)
書いたもの(平成28年)
科学技術者の倫理(平成27年度)
哲学(平成27年度)
書いたもの(平成27年)
哲学(平成26年度)
「科学技術者の倫理(平成26年度)
講義録「哲学」
書いたもの(平成26年)
書いたもの(平成25年)
論文(高木健治郎の)
講義録「科学技術者の倫理」(平成25年度)
高木ゼミ『銃・病原菌・鉄』
高木ゼミ全6回『ぼくらの祖国』
教養講座6回分(平成24年度)   講義録21~
講義録「科学技術者の倫理」(平成24年度)     講義録1~15
最新記事
講義録「科学技術者の倫理」(平成23年度)
石上国語教室で行われた講演のレジュメです。哲学が足りなかったのが、福島原発事故の原因の1つではないか、と考えています。

「哲学のススメ2」レジュメ

最新コメント
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。