講義録11-8 宿題の総括4

 宿題の総括

 講義録10で出した宿題の全体の傾向と考察を書いていきます。素晴らしいものは翌週、コピーして配布します。

 宿題内容

 題1:福島原発事故原因の技術的原因(なるべく6つの安全を挙げながら)を3つ挙げなさい。

   補足:「6つの安全」は、講義録3-1「六本木ヒルズ回転ドア事件と6つの安全」を参照して下さい。

 題2:現在、原発の安全基準が(6つの安全のどれかの)技術的安全を、満たしている、と論じなさい。

 題3:現在、原発の安全基準が(6つの安全のどれかの)技術的安全を、満たしていない、と論じなさい。

 題4:福島原発事故原因の根本(社会背景)の原因を挙げた上で、考えを述べなさい。

   補足:「社会背景」とは、講義録9-2 技術と社会は相補的 で挙げた内容であり、戦争、歴史、文化、欲望などを指す。

 詳しい内容は、「福島原発事故関係の宿題内容」を。
 :http://takagikenziro.blog.fc2.com/blog-entry-146.html


 -総括-

 前回より学生1人1人の特徴がよく分かるレポートであった。特に自分の心の声をはっきりと書く学生が増え、自分なりの切り口、疑問、解釈、意見がよく分かった。他方、出典がきちんと書いたものが少なくなった。

 10%に当たる20名は期末レポートとしても十分通じる高いレベルのレポートを提出した。他方、同じ割合で全くやる気の感じられないレポートもあった。以上が全体の総括である。

 福島原発事故以来、原発関係のニュースは多岐に渡り、ほぼ毎日新聞で取り上げられている。マスコミはただ垂れ流すだけで整理して情報を提供することは少ない。国民全体と同じく、情報の未消化が起こりやすい事例である。その中できちんと整理する始点を持ち、1つ1つ情報を収集したレポートが幾つもあった。その中でさらに観やすく、簡潔にまとめた見事なレポートを全文採用とした。とても課題期間1週間で情報収集したものとは思われず、以前から随分蓄積があったに違いない。

 他方、福島原発事故の水素爆発の詳しい様子を書いたレポートや日本の「五重の壁」はIAEAの「5層の防護」の3層までしかないことを丁寧に書いたレポート、IC(非常用復水器)と海水注入の関係、蒸気冷却系の取り外しなど詳しいレポートなどがあった。

 その上で、全ての原因分析に至っているレポートはなく、学生の皆さん同士の情報の共有によって、福島原発事故と大飯原発再稼動について、また、レポートを調べ方などを観てもらえたと考える。

 ちなみに、以上で挙げた素晴らしいレポートの殆どが、1次情報に近い情報を根拠にしている。これらの点も学んでもらえたのではないだろうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

    名前:高木健治郎

書いたもの(平成29年度)
哲学(平成28年度)
科学技術者の倫理(平成28年度)
書いたもの(平成28年)
科学技術者の倫理(平成27年度)
哲学(平成27年度)
書いたもの(平成27年)
哲学(平成26年度)
「科学技術者の倫理(平成26年度)
講義録「哲学」
書いたもの(平成26年)
書いたもの(平成25年)
論文(高木健治郎の)
講義録「科学技術者の倫理」(平成25年度)
高木ゼミ『銃・病原菌・鉄』
高木ゼミ全6回『ぼくらの祖国』
教養講座6回分(平成24年度)   講義録21~
講義録「科学技術者の倫理」(平成24年度)     講義録1~15
最新記事
講義録「科学技術者の倫理」(平成23年度)
石上国語教室で行われた講演のレジュメです。哲学が足りなかったのが、福島原発事故の原因の1つではないか、と考えています。

「哲学のススメ2」レジュメ

最新コメント
カテゴリ