講義録11-7 学生コメント集

 学生コメント集と高木の返信です。

 一部抜粋している場合があります。誤字脱字の変更、漢字への変換はありますが、本文変更はありません。タイプミスはあるかもしれません。「○」は学生のコメント、「返信」は高木の記入コメント、「考察」は記入していないが高木の付け足したいこと、考えたこと、です。「考察」はない場合もあります。今回は申し訳ないですが、プリントの方に返信を書き込むのをお休みします。ここに書かないコメント返信もプリントに書く場合もあります。

 全体の傾向

:大飯原発再稼動の安全性についてよく分かった
:安全対策はもっとしっかりしていると思っていた
:公式の文書が読めたのは良かった
:政府はちゃんと情報を出して欲しい
:被害を最小限にするようにして欲しい
:自分の調べが振り返れた

 などがありました。では、1人1人のコメントです。

○メタンハイドレート、地熱、水力、風力、石油を生成する藻等、今のエネルギー問題の解決に約に立ちそうな技術は多くあるのに、原子力ばっか宣伝されるのは、技術の進歩の面から考えてもいけないことだと思います。

返信:技術の進歩、から考えてくれました。その通りで素晴らしいです。

○メタンハイドレートが熱分解起源ガスであることを初めて知った。温泉の成分を作るバクテリアの記事を思い出した。固く考えすぎた時があった。もう少し柔軟な思考が出来るようにしたい。

返信:嬉しいです、その言葉。講義が少しでも役に立っているようで何よりです。

○原子力発電のデメリットばかり考えて前向きな考えが出来なくなった。日本のような自身の多い地域では原発は止めた方が良いと思う。

返信:メリットもあるんですよ。そちらも考えてみてくださいね。

○電力会社がデータを隠している話には完全に同意します。今回の宿題を通して、いかに政府の都合で物を考えているかがわかりました。今後どのような対策が練られていくのか気になります。話は変りますが、ブログの内容がとても分かりやすくて、いつもとても参考になります。毎回長文を打つのは大変だと思いますが、今後も楽しみにしています。

返信:しっかりと自分自身で調べてくれて考えを持った様子、何より嬉しいです。○○くんは次の視点に移ってもいいと思います。それは「では、政府の都合で物を考えていない原子力政策をしている国はあるのだろうか?」です。ご参考下さい。
 この長いだけのブログを読んでくださっているようで嬉しいです。励みになります。有り難う御座います。

○原発こそ大事に扱いべきなのに、こんな適当な扱いにするのか、電力会社の考えが分かりません。

返信:どうしてこうなったと思いますか? 原因は何でしょう? 私も考えいます。一緒に考えていきましょう。

○(問3) 事実:いまだに解決の糸口の見えない「高濃度放射(性)廃棄物」の対策を考えなければ再稼動はすべきではない。(高木案:「高濃度放射(性)廃棄物」の対策はいまだに解決の糸口の見えない)
    論拠:フィルタ付きベントを付けるのは世間で公表されているが、その際に発生する廃棄物に対する記述はどこにもなく、またうやむやにしようとする所が見られる。本件と言う難題をクリアしなければ、後戻りできない未来が容易に想像できる。
    結論:再稼動するには廃棄物の対策案を練り、また、失いつつある信頼を取り戻すことが大事であると私は思う。

返信:見事!! 「廃棄物」の話をすっかり忘れていました。三段論法で書いてくれたのも見事です。

○全てに対策を施していたらとてもじゃないがお金が掛かりすぎると思う。個人で考えは違うので、専門家と当人に任せるのもありなのではないかと思った。

返信:パターナリズムですね。浜岡原発1号機が止まったのは、再稼動に莫大なお金が掛かるからです。○○くんが自分の心の声をそう聴いたのなら、そう私には感じられましたが、それで良いと思います。

○今回の授業で自分の調べることが出来なかった安全対策で不足している部分が分かった。まだ安全対策が不足している部分が多いので対策をとっていって欲しいと思う。

返信:自分の足りなさを素直に認められるのは、○○くんの素晴らしい所です。

○高木先生の話を聞いていると原発再稼動反対派の意見ばかりだったので中立の立場で見れない気がしました。

返信:その通りです。講義中で述べたように肯定側は保安院や関電です。今回私は否定側に立ちました。肯定側に立った意見も高木の中にありますが、今回は述べませんでした。○○くんに両側の意見を聞いて考えてもらいたかったのです。私の肯定側の意見はブログにあります。どうぞ。また、私は「中立の立場」は「肯定と否定を検討して初めて生まれる」と考えています。

○課題をやるにつれて、いろいとな人のHPやブログを見るようになり、原発事故に対する知識が増えているような気がします。しかし、どれが本当の情報なのか分からないためしっかり判断していきたい。

返信:素晴らしいことに気がついたのですね。自分で調べるとそうやって発見、疑問が出てきます。それを大切にしてください。そしてそういう時は1次情報を大切にして下さい。今回なら保安院、関電のデータです。

○各国で再稼動の話題が挙がっているが、自分としてはストレステストを導入したとしても、国の安全基準が他国と比べると低いことからやはりまだ再稼動の検討をするのはまだ早いと思う。

返信:他国と比較するのは大切ですね。ストレステストに限らず、色々な分野で日本国の基準は国際基準よりも大分甘いです。

○表11.2の○が何を意味しているのか分からない。LOCAやATWSが何か分からないわけだから、問2をやる時、最初に例を1つぐらい挙げて欲しかった。あと、ずっとだまらない奴には何かしらの措置をとった方が良いと思う。(一番前の席に無理やりつれてくるとか)

返信:表の○は、横列が起こった場合、縦列の措置を講じる、という意味です。説明不足でした。また、例を1つくらい、という点も参考にします。ずっと黙らない人については来週少し気にしてみます。

○今まで政治家の人たちの言葉を信じてきたが、実際の原発の対策は全く出来ていないことが分かった。うそにだまされて安心しきっていた自分が悔しく感じた。

返信:「自分が悔しく感じた」というのは、とても重要な言葉です。その自分の心の声を大切にして下さい。そして、どうして、「政治家がだました」ことになってしまったのか、を学術的に考えて欲しいです。2つだけヒントです。「政治家が全てだます悪い人でしょうか?」 「政治家が実際に原発の内部のことが分かる専門の勉強をした人でしょうか?」

○なぜ国民と政治に溝があるのですか? 電力会社はちゃんとした企業に戻すことは出来ないのだろうか。

返信:深いですね。1つには、政治が国民を代表していないからだと考えます。詳しくは来週やりますが、政治にアメリカなどの国際政治という国民以外の要素が入っているのです。そして、国民の側も、その政治を変えようとしていません。消費税増税反対で後援会事務所に行く人の少ないこと少ないこと。メールや電話も同様です。両側に理由があると考えています。電力会社も同じ構図があります。ただ、電力会社は地域独占、という特殊事情があります。

○(動画②で) アメリカのワトソンさんの頭の回転の早さ(速さ)、日本の流されるタイプをよく把握していると思いました。

返信:悔しいけれど、見抜かれていましたね。しかし、コントロールされた結果、日本は豊かになりました。その点も見つめていくと、個人の優秀さが国を動かさない日本、という特質が分かると思います。

○宿題で調べてきたことと感想が同じになってしまうけれど、電力会社がデータを隠してまで、や原発のリスクを背負ってまで原子力を使い続けるのは社会背景があるからだと思いました。正解かは分からないけれど社会背景はでかいんだなと思いました。

返信:でかいんですよ。よく大切なことを理解してくれました。嬉しいです。

○5~10分位でいいので、三段(論)法の練習を授業に取り組んで欲しいです。

返信:分かりました。参考にしますね。

○何故、長期計画停止中の発電所を使わないのか? 先生の考えを教えてください。

返信:はい。難しいですね。ですから、○○くんのこのコメントがきっかけになって関西電力様にメールで問い合わせをしてみました。その回答は実に不誠実ですし、経営判断として誤っていると考えました。これは私の予断ですが、独占をしているし必ず電気を使うんだから原発しかない、と経営陣が判断を固定しているからだと考えます。その結果、火力発電所が出来ると困るので使わない、が出てくるのではないでしょうか。もう1つも根拠のない推測ですが、原発=悪のイメージを変えたいのではないでしょうか。これまで通り「原発=必要」にしたいのでしょう。何と言っても必ず儲かりますからね、原発は。

○原発に興味は無い

返信:正直な感想を有り難う。ただ、講義で取り上げているのは「原発」ではなく「原発の構造」と「原発が公衆の福利に適うかどうか」です。それを考えるために詳しくやっているだけです。その点だけは認識しておいて下さい。

考察:他に3名ほど、原発に飽きている、というコメントを貰いました。その1つに「ニュースも原発などでしつこいと思う」とありました。正確な情報、整理された情報ではないので、情報の混乱が1つの原因だと考えます。日本のマスコミは1つの問題があるとズーっとそれだけを取り上げて、しかも、出てきたら直ぐに出す、という感じです。ですから、情報の整理が中々出来ません。現在、シリアで起きている虐殺、チベットの僧侶の焼身自殺(あの世にいけなくなるという過酷な行為です)など多くのニュースを流しません。また、石油や天然ガスが高騰しているのは、イランとイスラエルの緊張関係があるからですが、そうした原発に関連したニュースも殆ど出てきません。こうした感想が出てくるのは当然だと思います。むしろ、2%しかおらず、びっくりです。課題も提出してくれるし、素晴らしい学生に恵まれて感謝しております。

○今回の事故があってなお、体勢(体制)をかえない国はいったい何を考えているのだろうか…?

返信:その通りですね。○○くんの自分の心の声ですね。どうしてそうなったのか、考えていってください。色んな人が色んなことを言っていますよ。さらに、周りの人、親や友人や顔見知りの人に聞いてみて下さい。

○当たり前のように教え込まれてきたことが実は政治に関係があったということを学びました。どんなことにもどうしてそうなったのかというのを考えていきたいと思いました。

返信:嬉しくて涙が出そうなコメントを有り難う御座います。大学での勉強そのものです。そして人生を生き抜いていく方法だと思います。嬉しいです。

○私はあまり原発を再稼動してほしくないです。今回の授業を聞いていてもしっかりしたデータから言っているのではないと思いました。また大きな事故が起こるとも限らないのに原発を動かすのは本当に大丈夫なのかと思いました。政府もしっかり動いて欲しいと思いました。

返信:その通りですね。では、○○さん自身は今後、どうしますか? どうしたらいいと思いますか? この国の最終責任者は私たちです。

○講義のスピードが速いというか、最初はゆっくりしているのに後半になるとスピードが上がってきて無理やり話を詰めている感じがして焦ってしまいます。あと字が読みにくかったです…

返信:有り難う御座います。参考にします。字は毎回毎回すいません。もう1点、私の頭がカッカッ!!と熱くなってスピードが速くなってしまうのかもしれません。

○最後に資源のことをやったが、尖閣諸島の近海にも資源があるという報道が、この前あった。尖閣諸島といえば、今東京都知事が購入しようと寄付をつのっている。そこに中国が色々言って来ているが、国は領土問題はないと言っている。なぜこのようなことになってしまったのだろうか。

返信:次の時間、高木の考えを聞いてきっかけになれば、考えてみて下さい。先に考えを言いたいですが控えておきます。尖閣諸島の寄付金は、8万件強で12億円です。購入予定金額が10~15億円ですから、凄いですね。
http://www.chijihon.metro.tokyo.jp/senkaku_kifu.htm

○島国である日本でも、資源があることに驚いた。

返信:そうですよね、私も資源がない、と教えられてきました。1970年に国連が「メタンハイドレートがある」と教えてくれました。それを教えなかった日本国の体制に問題があります。次の講義で触れますね。

 以上となります。素晴らしいコメントが多かったのですが、少しだけ書きました。

 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

    名前:高木健治郎

書いたもの(平成29年度)
哲学(平成28年度)
科学技術者の倫理(平成28年度)
書いたもの(平成28年)
科学技術者の倫理(平成27年度)
哲学(平成27年度)
書いたもの(平成27年)
哲学(平成26年度)
「科学技術者の倫理(平成26年度)
講義録「哲学」
書いたもの(平成26年)
書いたもの(平成25年)
論文(高木健治郎の)
講義録「科学技術者の倫理」(平成25年度)
高木ゼミ『銃・病原菌・鉄』
高木ゼミ全6回『ぼくらの祖国』
教養講座6回分(平成24年度)   講義録21~
講義録「科学技術者の倫理」(平成24年度)     講義録1~15
最新記事
講義録「科学技術者の倫理」(平成23年度)
石上国語教室で行われた講演のレジュメです。哲学が足りなかったのが、福島原発事故の原因の1つではないか、と考えています。

「哲学のススメ2」レジュメ

最新コメント
カテゴリ