スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

講義録7-4学生コメント集

学生コメント集と高木の返信です。

 一部抜粋している場合があります。誤字脱字の変更、漢字への変換はありますが、本文変更はありません。タイプミスはあるかもしれません。
 「○」は学生のコメント、「返信」は高木の記入コメント、「考察」は記入していないが高木の付け足したいこと、考えたこと、です。「考察」はない場合もあります。

 今回は申し訳ないですが、プリントの方に返信を書き込むのをお休みします。

 全体の傾向:内部告発は複雑、あるいは凄い、自分では出来ない、もう1度考えてみたいなど。

○思っていたより内部告発というのは難しいことなのだな、と思った。日本ではこうだが外国での内部告発も同じように厳しいのだろうか。

返信:次に取り上げる「公益通報者保護法」がない国ではもっと厳しいと思います。次も楽しみにしていてください。沢山考えてくださいね。

○内部告発のメリット、デメリットを考えると自分で動くものではないと思った。マックなんて毎日食べるものでもないし、極端な例をあげられても困ります。

返信:ミートボールやウィンナー、ハムなどはどうでしょう? 加工食品はいまやコンビニやスーパーに溢れています。毎日加工食品を食べていませんか? また、マクドナルドは世界で毎日約5000万人が食べていますよ。

○内部告発は正しいことであり、間違っていないことだが、かなりリスキーな行動になってしまうことを知って、そうなってしまった社会に少し失望してしまった。

返信:とても正直な反応だと思います。私も心を動かされました。そこで講義録7-3の最後の、赤羽氏の顕彰についてアイディアをもらいました。どうも有り難う御座います。

○今回、内部告発でやるとしたら(8)までと言いましたが、"先生"としてした方が良いと考えるのはどこまでですか?

返信:私個人なら(11)実名で内部告発までを取ります。東日本大震災とその一部である福島原発事故を見て、そういう行動に出るようになりました。それまでは、『葉隠』の「武士道とは死ぬことと見つけたり」などの日本人の思想を頭で理解していましたが、実際に行動に移そうという時期に来たのだと感じています。正しいと信じる行動をするのなら、仕事がなくなり、家族もなくなり、今住む静岡市に住めなくなっても、後悔しません。このブログもその1つです。

○もう少し字を綺麗に書いて欲しい。板書や問をやる時間がもう少し欲しい。やっている間に説明が始まっている。

返信:有り難う御座います。参考にしますね。ただ、内容を考えると問の時間をもっと少なく。あるいはゼロにした方がいい、とも考えています。常にせめぎあっています。もし、どうしても、という時は「もう少し待ってください」と声に出してください。

○親族は信用してはならない。

返信:少し極端ですよ。人間とはそもそも信用できるものでしょうか? 良い意見ですね。深めて考えてみて下さい。人間は信用できるものでしょうか? 自分自身は信用できるものでしょうか?

○激安の焼肉食べ放題、サイゼの安さの真実を初めて知りました。次からサイゼで御飯を食べたくなくなりました。

返信:誤解しないようにして欲しいのですが、問題は私たち、消費者です。安いということは必ず理由がある、のをきちんと認識することです。その上で、リスクの高いものを食べたくないのか、価格の高いものを食べたくないのか判断して欲しいです。

○告発は周りを考えてやるべき?

返信:ストレートですね。赤羽氏は周りを考えてやりました。1つ1つ、(3)→(4)・・・→(11)へと進んだのです。実際にその状況になれば、周りを考えるようになると思います。私は先ほどのコメント返信にも書いたように、周りを考えないつもりでいます。人それぞれですね。ただ、前もって心構えをしておくのはいいかもしれませんね。

○他国の内部告発の意識やその文化的背景、そしてその現状はどうなっていますか。またその国での利点や欠点は日本とどう違ってきますか。

返信:いい質問を有り難う。今後やっていく予定です。事前に自分で調べて見て下さいね。その方がためになります。

○内部告発といえば、中国の漁船と海上自衛隊(保安庁)の接触事故で、その映像を自衛官がネットに流した事件がありましたが、先生は、その事件をどう考えるのか知りたいです。

返信:いい質問を有り難う。講義録7-3の最後でも書いたように、国民の利益に適う行動をした人を日本国政府として、あるいは独立機関が表彰すべき、と考えています。ミートホープの赤羽氏も元海上保安官の一色正春氏も顕彰して社会的名誉を与えるべきだと考えています。また、一色氏の出した映像には逮捕時の映像が写っていません。この映像を公開すべきである、と考えています。海上保安庁の艦船が凹むのですから、相手の船は単なる漁船でないのは明らかで、中国人民軍がいることが推測されます。この対応は、全く国民の利益に反しており、さらには先ほどのビデオを公開しないのは、国民の知る権利に反しており、残念な対応になったと考えています。
 当時の官首相、仙石官房長官、あるいは解放を指示した外務省高官、民主党全体が責任を取るべきです。同時に政治家を、政治運動を馬鹿にしてきた私たち日本国民も反省すべきである、と考えています。いい質問を有り難う御座いました。

○店に売っている肉などを食べるのをためたってしまう。しっかりとした肉を売って欲しい。

返信:加工肉も肉ですよ。ただ、色々な添加物を使って安くしているというのです。問題は売り手ではなく買い手(わたしたち)が考えないことです。今日の講義が考えるきっかけになれば嬉しいです。

○マクドナルドの話があったけど、今の日本ではそんなずさんな状態にはなっていないおで、こんな話はしないで欲しい。イメージが悪くなる。

返信:ずさん、というのはどういうことでしょうか?私はずさん、とは思っていません。むしろ原価率を安くしている企業努力だと思っています。映画「スーパーサイズミー」を引用して「だから、マックを食べるのをやめよう」であれば一方的に批判するだけなので引用しなかったでしょう。そういう本もありますが。問題は消費者(=わたちたち)にあって、自分の食べているものを考えないことです。何かあればコメントくださいね。

○体調不良でも、いつもと同じように授業をしている先生に感心した。自分も見習わないといけないなと思った。

返信:いつもと同じでしたか?安心しました。分かりづらくないか心配していました。有り難う。

○内部告発は悪いイメージであったが良いイメージに変った。確かに内部告発する側はリスクが高いが、悪いことを悪いと認め、消費者に伝えることは本当の企業のあり方だと思うし、消費者も事実が分かり良いと思う。消費者に真実を教えたのに解雇されるといった現在の企業のやり方は問題があると思うし、間違っていると感じた。むしろそのような人を企業に残すべきだと感じた。

返信:正論!! 素晴らしい堂々たる意見。感服しました。



 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

    名前:高木健治郎

書いたもの(平成29年度)
哲学(平成28年度)
科学技術者の倫理(平成28年度)
書いたもの(平成28年)
科学技術者の倫理(平成27年度)
哲学(平成27年度)
書いたもの(平成27年)
哲学(平成26年度)
「科学技術者の倫理(平成26年度)
講義録「哲学」
書いたもの(平成26年)
書いたもの(平成25年)
論文(高木健治郎の)
講義録「科学技術者の倫理」(平成25年度)
高木ゼミ『銃・病原菌・鉄』
高木ゼミ全6回『ぼくらの祖国』
教養講座6回分(平成24年度)   講義録21~
講義録「科学技術者の倫理」(平成24年度)     講義録1~15
最新記事
講義録「科学技術者の倫理」(平成23年度)
石上国語教室で行われた講演のレジュメです。哲学が足りなかったのが、福島原発事故の原因の1つではないか、と考えています。

「哲学のススメ2」レジュメ

最新コメント
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。