講義録6-4 学生コメント集

 学生コメント集と高木の返信です。

 一部抜粋している場合があります。誤字脱字の変更、漢字への変換はありますが、本文変更はありません。タイプミスはあるかもしれません。
 「○」は学生のコメント、「返信」は高木の記入コメント、「考察」は記入していないが高木の付け足したいこと、考えたこと、です。「考察」はない場合もあります。

 今回は申し訳ないですが、プリントの方に返信を書き込むのをお休みします。

 全体の傾向:個別の事案、個別の意見が沢山出てきてくれた。


○製造したものだけではなく、一般的に言えば、行動の仕方などにも責任は生じてくるものだと思い思いました。自分が知らないことに対してPL方がなかった時はどのように安全が確立されていたのか少し疑問に思いました。

返信:素晴らしい技術者たちが両親を守ってくれていたのです。私は益々日本を誇りに関しました。コメント有り難う。

○製品に欠陥があるのを知っていて売りに出したら話にならないが知らなくても売りに出してしまい事故が起きる前にテレビCMなどで警告して回収したらPL法にひっかかるのか疑問に思った。

返信:警告の欠陥にならないので責任は軽くなります。また、全て回収すれば責任は逃れられます。

○最先端のゲーム機を買ったが、バグなどの問題が沢山発見されて、修理費は消費者の負担になった。

返信:へー!!驚きです。法解釈によるとハードとソフトを同時に売る場合は製造物責任法に対象になるはずです。

○トヨタのプリウスがちゃんと実験で大丈夫だと証明できたのは凄いと思う。皆を納得させる結果が出せるとは。

返信:そうなんですよ、凄いんですよ。そういうメーカーがあることが嬉しいですね。

○講義の最初に言っていた北朝鮮の良い点というのが具体的にはどのような点なのかが気になっていたので教えてください。

返信:自分で調べるのが大学の勉強ですよ。(権利の上で女性平等をアジアで最初に導入。80年代まで食料や住宅費が格安なのでみんな生活に困らなかった。70年代までは南朝鮮(大韓民国)よりも経済発展していた。などなどです)

○放射性物質の影響でガンや白血病になったとして、それについて東電は保証すると思いますか?

返信:素晴らしい着眼点です。おお!!と思わず声が出ました。授業でやります。また、ブログにも書いてあります。どうぞー。

○説明で相手が結婚のことをしらずに体の関係をもったら犯罪ではないが知っていたら犯罪になる。これは加害者がウソをつけば簡単に罪を逃れることができるのではないでしょうか?

返信:ウソをつけば罪を軽減すること、逃れられることが出来ます。ブログにも書きましたが、それでよい、という社会が日本社会です。

○日本では選挙をやっても何も変らないという人が多いが、それはアメリカの内政干渉がげんいんではなかろうか。仮に日本に反米政権ができたらどうなるのか?

返信:まず、民主党は反米政権です。小沢一郎氏は親中ですし、鳩山元首相や菅元首相は、北朝鮮の拉致の容疑者の家族にそれぞれ1000万円、5000万円以上、民主党全体で2億円以上の献金をしています。ですので、世界が反米政権の成立を危惧しました。しかし、日本ではそうした首相はスッと変りました。また、日本の歴代首相はすぐにコロコロ変わりますが、世界最優秀の官僚があり、天皇陛下が上でがっちり支えてくださっているので日本は大丈夫なのです。日本の複雑な構造を示せるいい質問を有り難う。

○電子レンジに猫を入れたら死んでしまったような事件みたいなやった側に非がある問題でもPL法になってしまうのでしょうか?

返信:通称、猫チン事件は都市伝説のようですが、PL法の問題点を分かりやすく説明してくれています。実は、使用者の非をどこまでカバーするか、というのは現在も論争中の問題です。よく言われるのは「社会通念上(常識)
」ですが、どこからがそうなのか明確ではありません。この辺はあんまりがっちり明確にしなくても良いかもしれません。


○日本の企業が海(外?)に出たときはどちらの法律か? また海外の法律にかえることは出来るか?

返信:基本的には現地の法律です。「海外の法律にかえること」とは、日本の法律であるけれども海外の法律を使用することが出来るか?の意味でしょうか? 基本的には現地の法律です。そうでなくなるのが、TPPなどです。

○意図というのがよく分からなかった。どういったことが意図なんだろう。

返信:ブログをどうぞ。丁寧に解説しました。

○家ザのニュースで見たが、京都で起こった無免許で運転していた18才の少年が児童の列に突っ込んだ事故の罪の適用には疑問がわいた。あの事故は過失ではなく、殺人だと思った。

返信:私も心情的にはそう思いたいです。しかし、意図の証明は難しいです。またもう少し知りたいです。

考察:ニュース:京都・亀岡事故:無免許少年のみ交代で運転 
毎日新聞 2012年05月18日 15時00分(最終更新 05月18日 16時00分)

 京都府亀岡市で4月23日朝、集団登校の列に軽乗用車が突っ込み児童ら10人が死傷した事故で、事故前の24時間前後、無免許の少年数人だけで交代で軽乗用車を運転していたことが、捜査関係者への取材で分かった。車の所有者で、車をグループに預けて帰宅したアルバイト少年(19)=道交法違反(無免許運転)のほう助容疑で送検=について、京都20+件地検は18日午後にも京都家裁に送致する方針だ。

 捜査関係者によると、所有者の少年は4月22日午前0時ごろ、遊び仲間7、8人と車2台に分乗し、ドライブを始めた。約30分後、同乗の土木作業員(18)=道交法違反(無免許20+件運転)の非行内容で家裁送致=が無免許20+件と知りながら、運転を交代。同日朝、もう1台に同乗し帰宅したという。

 その後、アルバイト少年所有の車に残った5、6人の少年は全員、無免許だったが、事故を起こすまでの丸1日、軽乗用車でドライブを続けたという。事故時に運転していた無職少年(18)=自動車運転過失致死傷などの非行内容で家裁送致=や別のアルバイト少年(18)=道交法違反(無免許運転)の非行内容で家裁送致=もこの中に含まれていた。【堀智行、田辺佑介】

○未成年が無免許で事故した事件の刑が最高刑ではなかったことについて、今回ので考えると罰も知っているので最高刑だと判断できるが、なぜ違ったの(か)が疑問に思った。

返信:「殺人の意図がなかった」と判断されたからでしょう。あるいは、検察が「殺人の意図がある」と立証できないと考えたからでしょう。

○なぜ、コンピュータのソフトウェア単体は厳格責任に問われないのか。

返信:当然の疑問だと思います。「動産」に入らないから、ということでしょう。ただ、それを検討した論文があります。読んでみて下さい。
:http://doors.doshisha.ac.jp/webopac/bdyview.do?bodyid=BD00012147&elmid=Body&lfname=028003250003.pdf

○マクドナルドの良い所を挙げてほしい(毎回、話題に出るたびに悪いところをいうので)

返信:これは一本取られましたね。安い、高カロリー、安く休憩できるなどでしょうか。映画「スーパーサイズミー」をどうぞ。

○行為者の視点と行為の視点がよく分からない。意図が分からない場合はどうすれば?

返信:説明不足だったようです。意図が分からない場合は、「疑わしきは罰せず」の原則通りに罰しない方向になります。

○過失責任で「知らなければ」ということでしたが、先日、小沢一郎が無罪になった理由もこのように奉仕垂れていました。この原理でいくと控訴審で被告が有罪になることはないのですか。

返信:小沢一郎氏の裁判は、まず、「連座制」ではありません。秘書が有罪なら、政治家本人が知っているかどうかに関わらず有罪、というのが「連座制」です。「連座制」ではないので、政治家本人が知っているかどうか、が問題になります。そして小沢氏は弁護士を目指していただけあって(結局合格しませんでしたが)、よく知っていて最初から一貫して「知らない」といい続けました。4億円という大きなお金であっても「天下国家のことをするのだから気にしない」というようなことまで言いました。
 また、小沢氏を訴える側が、虚偽の証拠を出してくるなど決定的なミスを犯しています。このミスを挽回できたとしても、知らない、と言い切れば有罪になることはないでしょう。ただし、他の罪で有罪になることはありえます。良い質問を有り難う御座いました。

考察:他にも小沢氏裁判については数人のコメントをもらいました。小沢氏裁判を国際政治から見れば、田中角栄氏と共通点があります。親中外交を展開した後、小さな罪で訴えられ、その後日本のマスコミが「小沢=悪」、「田中=悪」と報道し続ける点です。裁判が長引き、両者とも悪人のレッテルが固定化していきます。小沢氏は、確かに土建業界から裏献金を受け取る悪徳政治家です。しかし、他にも悪徳政治家はいます。自民党の中にいる悪徳政治家が捜査されないのは、不公平です。また、北朝鮮による拉致実行犯の家族に政治家として献金していた鳩山元首相、菅元首相の方が、国際政治としては日本に国益を損なっています。彼らの罪をマスコミは(殆ど)報道しないのも不公平です。また、田中防衛大臣は決定的に日本の国益に反していますので、野田総理の任命責任は重いものです。こうした逆の観点から、小沢一郎氏の裁判を観ると、幾つかの疑問や不公平さが浮かび上がってきます。

 私たちが政治家を選ぶのですから、きちんと情報を集めて判断しましょう。決して民主党だけが悪いわけではありません。良い政治家も少ないながらもいます。


付記:夜10時になりましたが、何とか終わりました。熱は8度まで下がりました。何とか明日はいけそうです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

    名前:高木健治郎

書いたもの(平成29年度)
哲学(平成28年度)
科学技術者の倫理(平成28年度)
書いたもの(平成28年)
科学技術者の倫理(平成27年度)
哲学(平成27年度)
書いたもの(平成27年)
哲学(平成26年度)
「科学技術者の倫理(平成26年度)
講義録「哲学」
書いたもの(平成26年)
書いたもの(平成25年)
論文(高木健治郎の)
講義録「科学技術者の倫理」(平成25年度)
高木ゼミ『銃・病原菌・鉄』
高木ゼミ全6回『ぼくらの祖国』
教養講座6回分(平成24年度)   講義録21~
講義録「科学技術者の倫理」(平成24年度)     講義録1~15
最新記事
講義録「科学技術者の倫理」(平成23年度)
石上国語教室で行われた講演のレジュメです。哲学が足りなかったのが、福島原発事故の原因の1つではないか、と考えています。

「哲学のススメ2」レジュメ

最新コメント
カテゴリ