スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

講義録5-4 宿題の総括

 宿題の総括

 宿題の全体の傾向と考察を書いていきます。

 素晴らしいものは翌週、コピーして配布します。

宿題
 題1:日本の伝統的な幸福はあなたの幸福を保証しますか?
 題2:なぜ、浜岡原発だけ停止要請されたのですか?


 -全体の傾向-

・「日本の伝統的な幸福」と「あなたの幸福」を言いきって書く人が増えている。事実の認識が高まっている。
・幸福とは何か?に深みがある人とない人の差がはっきりしている。
・「保証しますか」にひっかかる人が多く、自分でじっくり考えているのがよく伝わってきた。
・浜岡原発「だけ」の問いに対する答えが、70%くらい共通している。情報収集が出来ていないのが理解できた。
・同じインターネットの情報収集でも、「だけ」に深みを与えられる人も10人(5%)前後がいる。
・問1の幸福と問2の原発で答えが全体的に似ているのが大きな傾向である。

 問1は純粋な倫理(宗教)問題であり、多くのパターンの回答があった。問2で共通した回答は以下の通りである。

①東南海地震が起こる可能性が80%以上だったから(87%)。

 しかし、このデータでは「福島での地震の可能性を0%」と見積もっている。福島原発事故が起きた後、信頼できないデータを基にして、浜岡原発「だけ」の停止要請を行っている、という自然科学的説明ではない点を指摘した学生が数名いる。パッと回答を与えられた時、

 「自然科学的説明として正しいのか?」
 「本当なのか?」
 「否定から見てみると?」(公平さ)

 という視点は、倫理においても大切であるし、技術者になる上でも大切である。技術者倫理の目標の1つに「地球的視点を持つ」とあるが、これを私は以上のように解釈する。何故なら、自然科学的説明は国や地域を超えるからであり、倫理の絶対化によって独善的に、あるいはイデオロギーにならないから、と解釈するからである。ほぼ70%の学生の皆さんの意見でした。

②東名高速道路や東海道線という日本の生命線に近いから

 福島原発事故でSPEEDI(スピーディ)が示したのは、「風向きによって、あるいは雨が降るタイミングによって放射線被曝が決まる」ということである。
 SPEEDI:http://www.bousai.ne.jp/vis/torikumi/030101.html

 とするならば、福井県の大飯原発は風向きによって京阪神の飲み水を汚染する。名古屋(琵琶湖を渡って冬によく雪が降るので判るように)にも流れる。これも主要な原因の1つである。

③アメリカ第7艦隊の基地横須賀に被害が及ばないように、とアメリカ国防省の要請で

 原発の核テロ対策を行ってきた青山繁晴氏が、2011年5月8日のテレビ朝日の番組等で述べた説である。これは浜岡「だけ」という根拠を説明するには十分な因果関係がある説である。ただし、事実関係は青山氏を信頼している点に留意が必要である。

④菅総理の保身のために、一番関心の高まった原発だけを犠牲にした

 産経新聞2011年5月11日等にのった記事に基づく説である。これも浜岡「だけ」を説明するに十分な因果関係がある説である。

 ②~④の説明は設問に答えている。この深みを備えた指摘をした学生さんに敬意を表したい。

 
 そして、宿題を調べながら、1つの点に気が付いて欲しかった。

 「全国の原発の中でどの原発が『技術』から見て最も危険である」
    ↓
 「稼働停止要請」

 ではなかった、ということである。
 
 自動車に例えれば、エアバックやシートベルトのついていない40年前の車と両方ついている自動車、という『技術』から見て最も危険な車を止めなかった、ということである。現在の原発再稼働もこの「技術」から見て安全?危険?という視点が抜け落ちている。これは講義で散々繰り返して伝えてきたことである。 


 まとめ

 色々と述べて、多くの学生がきちんとレポートを書いてきてくれた。そこは本当に嬉しいし、次のやる気になる。教えられることも沢山あった。このような講義が出来、大学という場所を与えて下さったこと、学生の皆さんが向かい合ってくれること、周りのサポートに感謝する気持ちで一杯である。有り難う御座います。

 次回も頑張ります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
哲学(平成28年度)
科学技術者の倫理(平成28年度)
書いたもの(平成28年)
科学技術者の倫理(平成27年度)
哲学(平成27年度)
書いたもの(平成27年)
哲学(平成26年度)
「科学技術者の倫理(平成26年度)
講義録「哲学」
書いたもの(平成26年)
書いたもの(平成25年)
論文(高木健治郎の)
講義録「科学技術者の倫理」(平成25年度)
高木ゼミ『銃・病原菌・鉄』
高木ゼミ全6回『ぼくらの祖国』
教養講座6回分(平成24年度)   講義録21~
講義録「科学技術者の倫理」(平成24年度)     講義録1~15
最新記事
講義録「科学技術者の倫理」(平成23年度)
石上国語教室で行われた講演のレジュメです。哲学が足りなかったのが、福島原発事故の原因の1つではないか、と考えています。

「哲学のススメ2」レジュメ

最新コメント
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。