講義録5-3学生コメント集

 学生コメント集と高木の返信です。

 一部抜粋している場合があります。誤字脱字の変更、漢字への変換はありますが、本文変更はありません。タイプミスはあるかもしれません。
 「○」は学生のコメント、「返信」は高木の記入コメント、「考察」は記入していないが高木の付け足したいこと、考えたこと、です。「考察」はない場合もあります。


 -全体の傾向:記入例とした4人の学生への賛辞が多かった。「すごい」、「参考になる」など、「自分は努力します」も10人以上あった。「公平さ」の大切さの認識も大分書いてあった。-

 ○P.S. ノート(プリント)を毎回もしくは半分で1回返してもらうことは出来ないでしょうか? 復習がしにくいです。

返信:コメント有り難う。ハッとしました。半分で返せるように頑張ってみます。

考察:実は、250人を全部見て、チェックして返却には3時間掛かります。登録申請や修正が終わり最終的な受講者名簿もやっと出来たので、かみさんに手伝ってもらうOKをもらったので頑張ります。

 ○孝経の一部を読んだが、体を傷つけてはいけないということに賛同できない。自分からすると父母から頂いた体ではなく、勝手に生まれてきたものだと考える。だから傷をつけて良いか悪いかは自身が決めてよいと思う。

返信:○○(本名)くんはそれでOKですよ。ただ、日本社会全体がそうした基準を持っていること、過去の本に因っていることを知っておいて下さい。

考察:大阪市:入れ墨職員50人、橋下市長「消してもらう」 {毎日新聞 2012年05月14日 11時42分(最終更新 05月14日 11時54分)}
 という記事がありました。これは橋下市長の独断でなく、2年前の2010年5月(前市長)から、内規で入れ墨を禁止したのです。これは倫理規定です。こうした倫理規定が成立し2年継続しているのは社会の同意があって出来ることです。橋下氏については毀誉褒貶(きよほうへん)がありすぎるので置いておいて、『孝経』が現在でも生きていることを認識してほしいです。

 ○『孝経』の考え方でメガネやコンタクトレンズの人は身体を大切にしていないことになるのではないだろうか。

返信:傷、はつけていないので良いと思います。服や靴など身体をサポートすると考えられると思います。どうでしょうか。

 ○原発事故当初、大丈夫を連呼していた学者さんばかりがTVに出ていて、原子力保安員(?)の人が一度だけ公式に原発の危険性を正確に発言していましたが、爆発までどこのメディアも取り上げず、公平という目線では報じてなかったのではないかと、今日振り返って思いました。

返信:「今日振り返って思いました」が◎です。同じ現実でも新しい視点を持つと全く別に見えてきます。それが学問の楽しさであり、奥深さでもあります。今は反原発ばかり。これも同じように偏っています。

考察:嬉しいです。

 ○(記入例のある人を挙げて) すごいと感じる反面、あせりのようなものを感じました。なので、ゆっくりでも良いので、しっかり三段論法をかけるようになりたいです。

返信:「あせり」に◎です。正直ですね。私も年を経てあせりを感じていました。教えてくれてました、じっくりやる大切さを。有り難う御座います。

考察:今読んでみたい本『都市を生きぬくための狡知―タン​ザニアの零細商人マチンガの民族​誌―』小川 さやか著です。この本の記事を今朝(平成24年5月14日の静岡新聞)の朝刊でみて、あせりました。焦る必要もない、と自分に言い聞かせても焦りました。じっくりやる大切さ、身にしみます。

 ○「同じ事実から肯定」もできる。それを聞いて論理とはとても深いもので楽しいなと思いました。

返信:嬉しい言葉です。スポーツ、ゲーム、アニメも面白いですが、学問も楽しいですよ。

 ○低コストで不安があるものを取るか、安全だが高いものを取るか。どちらも、良い所と悪い所があり、一概にどちらの方が優れているとは言えないと感じた。どちらにせよ、公衆の福利の実現は難しいと思う。

返信:その通りです、難しいのです。だから、みんな、うーん、うーん、と考えるのですね。

考察:こういうコメントで次の情報に触れると劇的に変わる人だと感じた。少し講義内容を変更する。

 ○北朝鮮の全てが悪いわけではなく、日本よりも優れている所もあると言っていたけど、それと(を? て?)どうすれば知ることができるのか教えてほしいです。(国にとって都合の悪く(い?)ニュースなどで知ることが出来ない事など)

返信:『波』 新潮社の月刊誌に蓮池薫さんがノンフィクションの北朝鮮を書いてくれています。是非どうぞ。

考察:高木が現在、毎月読んでいる雑誌に『波』(新潮社)があります。この中で、北朝鮮に拉致された蓮池薫さんが北朝鮮の内情を書いてくれています。拉致されたから「北朝鮮=すべて悪」ではなく「良いところもある」というのを書いてくれています。公平さを持った内容です。「どうすれば知ることができるのか教えてほしいです。」とありますので、ここまでにしておきます。他にも似たコメントあり。

 ○換気装置を動かさない為に空気が悪い。

返信:自分で動かしていいですし、窓を開けるのも自由にして下さいね。次気を付けます。

 ○インフォームド・コンセントをしない方がいいと考えてる分野はいっていましたが、インフォームドコンセントをした方がいい、しなくてはいけないと考えている分野はありますか?

返信:高木の考えでは、生命に直接関係する食べ物、飲み物、居住環境等はしなくてはいけない、と考えます。現在の食品表示では不十分、特に食品添加物について、と考えています。

考察:食品添加物については、ブログ内にも触れましたが、以下の農林水産省のアドレスと共に参考にして下さい。
http://www.maff.go.jp/j/jas/

 ○アメリカは世界で一番経済大国なのに、なぜそんなにも貧しい生活をしている人が多いのだろうと思いました。

返信:的確な疑問です。視点を逆にしてみましょう。「国内で貧しい人から沢山お金を取るからお金持ちがいる国=アメリカ」、「海外の人を貧しくしてお金を取るから経済大国=アメリカ」なのです。人は自分のお金を儲けるために、奔走するものなのです。

考察:人間の良心で世界が回っている、と信じているのは大切なことである。と同時にそうでない国が殆どという現実もある。

 ○(記入例が納得した) 自分も受けがいいように返事している気がする。

返信:正直に自分を見つめられたようで何よりです。そんな時、河合隼雄『心の処方箋』とってもお勧めです。1つが4ページと短く、読みやすい文章、深い内容です。

 ○公演を聞いているようで興味深かった。古着の良い所は大量生産による質の低下がやむおえない(止むを得ない)現代のほとんどの新品は長くはもたないが、何十年経っても現役で使えるアメリカの古着のクォリティーが高いからだと思います。僕も1960年代後半に作られたジーパンを履いています。またT写ルも現代はコットン100%ですが、80年代のものはコットン50%、ポリエステル50%のものが多く、何回洗っても伸びたりし難いです。

返信:そうだったのですね。1つ勉強になりました。クォリティーが高いものを着れない貧しい人々が多くいるアメリカの現状がありますが、今度はどうなっていくのでしょうね。新品やクォリティーの高い古着が着れるようになるのでしょうか。アイディアはエミネムの自伝的映画「8 Mile」などからきました。良ければどうぞ。

 ○ジャンクフードを食べる事によってゴミを食べていると思われるかもしれない。しかし、ゴミを食べていることによってゴミが減っていると私は思います。ゴミが減るのは良いことだから、これからも食べようと思います。

返信:Very good!! とっても良いです。自分の考えを表明してくれたこと、尊敬します。

 ○なかなか授業の内容が速くて理解するまでに時間がかかってしまいます。一般常識を知ることで理解する速さって速くなりますかね? という訳で、来週はもっと理解しやすく授業をお願いして下さい(します?)。

返信:(疑問に対して)知識を自分で考えて習得する速くなりますよ。例えば、本を読む時、単語の意味を分かっていると読むスピードが速くなるのです。他方、人間は全て理解しながら学習するのは効率が悪いのです。70%ぐらい分かった状態で、後から自分でもう1度まとめるのが最も良い、と言われています。ブログ、よければもう1度まとめる参考にして下さい。

 ○(記入例が読みやすい) 自分はまだ三段(論)法がうまく出来ないのですが、事・論・結以外にコツはありますか?

返信:事実は「~である」、「~と言われている」、「と書かれている」です。
   論拠は「~と思う」、「~考える」です。
   この違いを意識するのがコツの1つです。ブログもどうぞ。

 ○米国は自由と民主主義の国として独立したはずだが、実際は覇権と金儲けの国に成り下がっている。何とかならないだろうか。(関係ない話題ですいません)

返信:いい感想です。関係ありますよ。原発もその1つです。同時に国際関係は、むき出しの覇権で成り立っています。今後やっていきますね。

 ○どうもアメリカの医療費が高いのは、インフォームドコンセントだけのせいじゃないと思える。理不尽をなくすためにどうにか出来ないものか。

返信:とってもよい疑問(考え)です。是非調べてみて下さい。世界は理不尽に満ちていて、国によって異なります。知るのは面白いですよ。

 ○今日の話でアメリカのトップに居る黒人には白人のバックが居ると言っていましたが、オバマもそうなのですか。
 また、ジャンクフードの話は日本のマクドナルドなどでも同じものが出されているのですか。

返信:(オバマについて)もちろんそうです。NEWSWEEKにばっちりでていました。前回、バラク・フセイン・オバマの「フセイン」を人種差別になるから放送してはならないと白人(ユダヤ系)が守りました。このバックが分かりやすく大きいものの1つです。
 (マックについて) 正確に内容が表示されていませんが(しなくていいので)、「スーパーサイズミー」という映画にマックが「嘘」と抗議していないので同じと推測しています。

 ○世の中に公平さがあることはとてもいいことだが、すべて公平にしてしまうのは、果たして良いことなのだろうかと思った。

返信:素晴らしい着眼点です。結果の公平と機会の公平と思考の公平を分けるともっと深まっていくと思います。講義は思考の公平です。

考察:学問の視座として素晴らしい。

 ○今日の講義で説明された無意識に刷り込まれた倫理観を深く考えれば、考える程、苦しくなっていきます。

返信:自分の心の声ですね。大切にして下さい。悪戦苦闘を経た後に、ポッカリと明るい未来が見えてきます。河合隼雄『心の処方箋』をどうぞ。

 ○板書が長すぎると授業が止まってしまうので次回以降はある程度経ったら止めてほしい。

返信:参考にしますね。ただ、全ての内容は終わったので安心して下さい。他のクラスと同じですが、順番が前後しました。

 ○自分の身体を大切にしなさいと昔から、父、母、祖父母に言われてきた。大学に入ってからピアスをあけようか母に相談した所「やめなさい」とはっきり反対された。こういったことは『孝経』によって日本の中で根付いているもんなんだなぁと思った。だが、友人でピアスを10個以上あけている子がいるので日本でも『孝経』に書いてあることは段々薄れているのかなぁとも思った。

返信:素晴らしいお祖父様、お祖母様、お父様、お母様に恵まれているのですね。ピアスを開けるなど個人がすべて社会の倫理観に従わなくて良いと思います。同時に倫理観の無くなった社会の怖さも知ってほしいです。「ダーウィンの悪夢」という映画をどうぞ。

 ○無理に命(を)延ばそうとすること自体が、無理なのだから死んだらそこまでの命だった、で良くないですか。

返信:○○(本名)さんの倫理観、今、なんとか医療の現場に生かそうとしている人々がいます。内藤いづみ先生は在宅ホスピスの先駆けの人です。調べてみてください。
 :http://www.naito-izumi.net/

 
 以上となります。素晴らしい意見が本当に多かったです。今回は宿題があったので、続きます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

    名前:高木健治郎

書いたもの(平成29年度)
哲学(平成28年度)
科学技術者の倫理(平成28年度)
書いたもの(平成28年)
科学技術者の倫理(平成27年度)
哲学(平成27年度)
書いたもの(平成27年)
哲学(平成26年度)
「科学技術者の倫理(平成26年度)
講義録「哲学」
書いたもの(平成26年)
書いたもの(平成25年)
論文(高木健治郎の)
講義録「科学技術者の倫理」(平成25年度)
高木ゼミ『銃・病原菌・鉄』
高木ゼミ全6回『ぼくらの祖国』
教養講座6回分(平成24年度)   講義録21~
講義録「科学技術者の倫理」(平成24年度)     講義録1~15
最新記事
講義録「科学技術者の倫理」(平成23年度)
石上国語教室で行われた講演のレジュメです。哲学が足りなかったのが、福島原発事故の原因の1つではないか、と考えています。

「哲学のススメ2」レジュメ

最新コメント
カテゴリ